スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田原成貴考2──清水成駿氏の迅速な対応

もしかして清水さんは田原と最も親しい関係だからこそ、当面事態が落ちつくまで一切発言をしないのではないかと思っていた。そうではなかった。早速今日厳しくも適確なコメントを出した。すばらしいと思う。以下引用。

<SUPER SELECTION メールマガジン「清水成駿の競馬春秋(09/10/22)」

【「まさか」と「またか」の田原成貴】


 田原成貴が大麻取締法で身柄確保の一報が届いたのは先週の木曜日。「競馬最強の法則」で当方との対談をコーディネートした編集長の岩神氏からである。

 つい先日、「ジャパンカップ号」の対談DVDを撮り終えた矢先の逮捕劇。一報に「まさか」と「またか」が頭の中で交錯した。本日の報道では大麻だけではなく覚せい剤容疑も加わっている。2度目はダメだ。無念を通り越して「馬鹿野郎」としか言いようがない。もちろん、当方以上にショックを受けているのは、これまで成貴を親身になって裏で支え続けた岩神氏。誌面の差し替えに始まって、新聞広告やDVDのストップ。ガックリ肩を落とした中での後始末くらい情けなく、疲労困憊することはない。

 成貴には個人的にみてロックバンドを除けば、あり余る才能がある。最近、バンドを組んだというのが少し引っ掛かっていた。もちろん、釘はさした。

 ハイ・テンションでエキセントリックな性格は、常に放っておけない危なっかしさと「人なつっこさ」とを内包している。「馬鹿野郎」と言ったものの人柄は今も憎めない。実際、賢い奴だから、それを自分自身が一番よくわかっている。根はそこかも知れない。だから人にも薬にも家族にも甘える。

 決して弱い人間ではない。弱いといったら、そもそも人間はみな弱い。そんなことで2度目の逮捕は片づけられない。電話で奥方は、「2度目だから別れます」と気丈に言い切ったそうだ。暗に「あなた方が主人を甘やかすから…」とは聞こえまいか。チクリと胸に痛い。(後略)

------------------------------

私は今朝、このニュースを知った。その後の報道で、田原が警察に身柄を拘束されたのは14日と知る。8日も前だ。先週の水曜日。近しい関係の清水さんはその翌日、15日の木曜日に知っていた。とすれば清水さんには充分に考える時間があった。今日の発言は準備し用意していた当然のものと言える。「迅速な対応」は今日知った私の感覚であり、清水さんはこの一週間、「田原のバカヤロー」と腹立っていたことになる。感激するほどのことではないか。



「競馬最強の法則」の岩神編集長の名前が出ている。私が「オグリキャップ写真集」の話を馬主の佐橋さんから打診され、相談に行ったのが岩神さんだった。そのころKKベストセラーズは高本公夫さんの馬券本は出していたが、まだ「最強の法則」は出ていない。いや不定期ムック本でもう出ていたのだったか。どこかの競馬パーティで岩神さんと名刺交換をし、そのムック本を贈ってもらってのつきあいのような気がする。あれからもう20年か。
問題を起こして競馬界を追放された田原を、だからこそと逆手にとって岩神さんは馬券雑誌の売りにした。私はその戦略を「うまいなあ」と感心していた。目立ちたがり屋の田原にとっても忘れられたくはないから、この企劃は持ちつ持たれつだったはずだ。それがこの結末。岩神さん、清水さんは無念だろう。

清水さんは「弱い男ではない」と書いているけど、何度も覚醒剤に走るのは弱い男だよね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。