スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ラジオNIKKEI賞」感想──うまいなあ、内田!

 金子さんの勝負服のノットアローン圧勝の形だった。エビナの騎乗に問題はない。見事な仕掛け、抜けだしだった。例年なら勝っていたろう。
 だが今年から中央には内田がいる。内田のレオマイスターが追いこんで来る。見事に掴まえる。交わしてゴール。内田の腕だ。テン乗りなのに。惚れ惚れする。エビナは重賞勝利をひとつ損したがしかたない。腕の差だ。



 関西と比すと関東の騎手はつまらない。GⅠの前日、武やアンカツ、岩田がこちらで騎乗してくれると、それだけでもうはしゃいだものだった。そこに福永や藤田が加わったらもうたまらない。
 騎手が揃うと競馬がおもしろい。そもそもこの「騎乗してくれる」という下手に出た言いかたに関東ファンのせつない気分がよく出ている。



 期待通り、内田が入っただけで関東も一気に充実した。たったひとりの参加でこんなにも違うものか。
 あとは今日31勝目を挙げてGⅠ騎乗資格を得た新人・三浦皇成がどこまで成長してくるかだ。昨日の30勝目は20勝目に続いて史上最速。時代の区切り的にも、武豊の年齢を考えると次の天才が出て来る時期である。果たして今年、武の新人最多勝記録を塗りかえられるか。
 形の上では十九の三浦と三十七の内田は"同期生"になる。
 ふたりが刺激を与えれば武も活性化するだろう。

 そして岩田とアンカツの存在。
 JRAが地方騎手に門戸開放した価値はおおきい。岩田とアンカツがいなかったら、ここ数年のGⅠ戦線はどうなっていたことか。

 内田がいてくれるだけで関東は楽しい。
 あとはアンミツの奮起を願うのみ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。