スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京成杯──この負けは悔しい

3連単をフォーメーションで組む。
11番マイネルチャールズと15番アイティトップの2頭を1、2着固定。相手に9番シングンリターンズ、10番ドットコム、13番リトルマーメイド、14番ステルスソニック、16番マイネルファルグ。

⑪⑮──⑪⑮──⑨⑩⑬⑭⑯ これで10点。

1、3着固定も買う。

⑪⑮──⑨⑩⑬⑭⑯──⑪⑮ これが10点。合計20点勝負。

最低配当は⑪⑬⑮の40倍。⑨番が人気薄なので千倍馬券もある。

外枠の馬ばかりなので、内から1頭来たらいやだなと思っていた。
いつも締め切りぎりぎりの時間に買うのだが今日はもう三時前に買った。のんびりテレビ観戦するつもりだった。

---------------

くだらないフジテレビの競馬番組は音を消して流していた。そろそろ始まるかと新聞を手にして、そこでやっと「小檜山厩舎」に気づいた。⑤番ベンチャーナイン。これってもしかして?

成績欄を見る。やはりそうだ。8月25日の新潟。18頭中12番人気で勝ったあの馬だ。
昨夏、IPADに入会して初めて福島新潟競馬を毎週熱心にやった。そのときの新馬戦。人気薄の馬がすさまじい差し脚で勝った。小檜山厩舎の馬だった。小檜山さんは調教助手のころから知っている。ついに小檜山さんのところにもクラシック候補があらわれたかと思った。
翌日調べた。残念ながら小檜山さんのところには名血馬、高額馬は入ってこない。その馬もエイシンサンディの仔だった。安馬だろう。デビュウ戦で12番人気だったこともわかる。だがあの末脚は凄い。忘れないようにしようと思った。

そして忘れた。その後どうなったか知らなかった。成績欄を見ると、あのあと阪神と京都で走って負け、11月には東スポ杯に出ている。気づかなかった。新聞は見ているが馬券を買わなかったからか。フサイチの馬が勝ったレースだ。そうして今、京成杯に出てきた。買わねばならない。あの末脚の切れは今も覚えている。内枠から絡む馬が出るとしたらこの馬だ。急いでPCに向かう。間に合うか。焦る。

⑪⑮──⑪⑮──⑤ の2点。

⑪⑮──⑤──⑪⑮ の2点、合計4点の買い足しだ。

が、送信とほぼ同時に締め切られた。間に合わなかった。

結果は⑪──⑤──⑮で8万6千円だった。

---------------

敗因ははっきりしている。自分の責任だ。
今日私は日経新春杯だけを楽しもうと思っていた。若駒の京成杯は応援している馬もいないし予想にも自信がない。見(ケン)するつもりだった。昨夜新聞を買ってきて検討していたが、それは日経新春杯ばかりで、京成杯はサッと枠順を見ただけだった。
それがよくあることだが午後2時を過ぎるころ、猛烈に京成杯もやりたくなってきた。馬券バカはこんなものである。今週は土曜競馬をやっていない。日曜だけだ。1レースだけじゃ寂しい。やはりこちらのメインもやろうと。
急いで検討した。発想間際になって小檜山厩舎に気づくぐらいだからいかに雑な検討だったことか。それが敗因である。

日経新春杯の方は大好きなアドマイヤジュピタ1着固定3連単なので大外れ。でもこれは悔しくない。アドマイヤジュピタが勝つと決めて勝負したのだから大敗した時点でもうどうしようもない。すると悔いもない。

いつものよう熱心に検討していれば絶対に気づいたベンチャーナインだった。そのことが悔やまれる。軸にした2頭は見事に来てくれたのに。

この負けは悔しい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。