スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日の競馬──IPAT小銭競馬の楽しみ

 IPATでやる小銭競馬は楽しい。

 私は一年三百六十五日競馬をやってみようと決め、実行した昭和五十年代後半、ひどいときは一日の予算千円というときがあった。馬券予算より往復の交通費の方が高かった。それでも平日は南関東四場、土日は中央と、大雨の日も降雪で中止になる日も、休むことなく千日以上通いつめた。本人はそれで千日修行を成し遂げた競馬阿闍梨になったつもりでいた。バカである。カスである。
 友人のSが、馬券好きな自分達を「クズ」と呼んでブログで遊んでいる。読むたびに自分のことを言われているようでつらくなる。彼らはごく健全な競馬好きの青年に過ぎない。ほんとのクズは私だ。


 当時の馬券は200円単位。千円しか予算がないとき、それ以上の交通費を使って中山や府中に通い、時には千円を十万にしたこともあるが、早早とオケラになり午前中に帰宅することも多かった。なにしろ千円しか予算がないから1レースで負けたら終りである。

 1レースで複勝を200円勝負だったりすると、まだ予算は800円もあるのだが(笑)、枠連を200円買うと、どうしてもあと1点、あと1点と増やしたくなる。ハズれたくないから増やしてしまう。5点勝ったらもう全予算だ。1レースに全予算を投資する(笑)ときは度胸が要った。よくそれでオケラになり帰宅したものだ。あの帰路はむなしかった。


 前日から詳細に検討し、真剣にパドックで馬を見て、それでも馬券を買わずにレースを見るのはつらい。そのまま午前中を過ごすのは我慢が要る。まして「買えば当たっていた」が連続したら買いたくなる。そして買うと……なのだった。


 


 いま、IPATで同じようなことをやっている。予算は3千円。JNBにいれるとき手数料を取られるので2800円になってしまう。
 これで一日中遊ぶと、かりに結果が負けでも、たっぷり遊んだという充実感がある。
 うまく2800円を8千円ぐらいに殖やしたまま最終レースが終ったりすると、偉大なことをなし遂げたような気になる(笑)。


 思えばインベーダーゲームなんてのに熱くなって1万円以上使ったりしていた。もったいない話である。ゲーセンと比べると競馬は楽しい。なにしろ遊びなのに配当がある。
 きょうは涼しい一日、勝ったり負けたり小銭で楽しく遊ばせてもらった。


 朝の7時からIPATを開き、前売りのオッズを見つつ検討するのは、競馬場を走りまわるのとはまたちがった楽しみだ。



 さて明日は上半期の総決算、宝塚記念。
 メイショウサムソン1着固定が売れているようだ。
 それだと3連単100倍以下が多い。それじゃつまらんが、そうなる可能性は高い。

 降雨の確率は高い。
 どうなのだろう。あっさり勝利か。
 それともサムソンが消えて大波乱になるのか。


 もしも大敗なら、またも凱旋門賞は白紙になるだろう。
 ロンシャンの重い馬場をオベラハウスの仔に走らせたい私としては、壮行レースになるのが望ましい。しかしそれと小銭馬券は別だ。
 
 たぶん、8千円が倍になればいいや、なら当たる。
 10万以上にしようとしたらハズれる。そんな気がする。
 とはいえそうなっても始まりは今日の3千円だ。健全な小市民。遊ばせてもらおう。
 大金を張っていたむかしが信じられない。いま小銭競馬なのは先立つものがないからだが、たとえあったとしても、私はもうあんなくだらないことはしないように思う。思うのだけれど……。クズは死ぬまでクズだから、喉元過ぎれば、なのかもしれない。


 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。