スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏競馬はじまる──降級馬のおもしろさ

 きょうから地方開催がはじまった。
 阪神は宝塚記念があり、前半戦最期の中央開催。


 福島は降級馬のレースが連続していた。
 見事に降級馬が勝つ。
 あれは不思議だねえ、なんど見ても。
 おもしろくてたまらない。



 目の前の馬を見て馬券を買うのが私の競馬だった。
 それは今も変らないし、それが競馬だと思っている。


 馬券を買い始めて三十五年になるが中央の夏競馬を知らない。(あ、もちろん福島も新潟も札幌も函館も小倉も、何度も行ってます。あくまでも話の流れです。)
 夏場は競馬を休んだ。いちばん馬券に狂っていた時期は毎日南関東に通った。
 競馬物書きとして、私は福島記念、新潟記念、函館記念等に関する想い出がない。これは弱点だ。札幌記念はトウショウボーイがグレートセイカンに負けたとき以来、ほとんど馬券を買った記憶がない。あのころの札幌はまだ芝コースがなかった。


 去年IPATを始め、初めて夏競馬フル参戦した。
 基本の作戦である「降級馬を狙え」も去年初めて知った。


 きょうも降級馬が大活躍していた。
 しかし不思議だねえ。
 500万条件を勝ち上がり、1000万条件では通用せず大敗を繰り返していた馬が、降級して500万条件では桁違いの強さで勝つ。クラスの壁とはそんなに違うものなのか。


 高校でバカで通用せず中三に落第してきたのが、中三だといきなり優等生になるようなもの。まあこれは勉強の話だからアスリートとは違うか。


 それでも私は、安定した成績の上がり馬に期待してしまう。
 でもそうじゃない。大敗続きなのに、降級馬はものが違う勝ち方をする。


 そんなものなのか。
 そう思いつつ見ている夏競馬は愉しい。
 今年はまだ見ているだけ。手を出してない。
 あれやこれや悩みが多すぎて降級馬を検討している餘裕がない。


 来週は宝塚記念か。
 どうしよう。
 前半の負けを取り戻すべく出陣すべきなのか。
 9月までおとなしくしているべきなのか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。