スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東オークス──ユキチャン、圧勝!

第44回関東オークス

(18日、川崎10R、指定交流、GII、サラ3歳、牝馬選定馬、定量、ダ2100メートル、1着賞金3200万円)
白馬の女王が誕生した。武豊騎乗で2番人気の白毛馬ユキチャンが、2番手追走から道中先頭に立つと直線も独走。8馬身差の圧勝で白毛馬として史上初の重賞勝ちを飾った。2分14秒7(良)はレースレコード。出遅れながらも直線追い込んだ1番人気のプロヴィナージュが2着でJRA勢のワン・ツーだった。(サンスポより)


------------------------------


 いやあユキチャン、強かった。二番手で先攻し、4角からはもう離す一方。しかもコースレコード。たいしたもんだ。あんな文句なしの勝利もめったにない。父のJCD以来か。
 サンデー肌にクロフネだから血統的には文句なしだ。これからが楽しみである。芝はどうなんだろう。地方のダートGⅠ路線を歩むのだろうか。


 そしてまた思うのは、この史上初の快挙を成し遂げたのが金子オーナーであり武騎手だということ。今まで吉田隼人が乗っていたのに、ここは武。ほんとおいしいところをもって行く(笑)。
 金子さんのことは誰もが口にするが強運である。それはフサイチと比べたらわかる。フサイチも日米のダービーを勝っているのだから超強運のひとだけど、投資金や確率でいったら金子オーナーとは比べものにならない。なによりここ何年かの高額馬がみな外れている。フサイチがまたGⅠをとることってあるんだろうか。いや1着馬が失格になっての繰り上がりGⅠ制覇もものすごい強運だから、きっとまたあるのだろう。


 もしもまだ映像を見ていないひとがいたら、南関comで見られるのでぜひ見てください。ユキチャン、強いのなんのって。

------------------------------


 しかしあれだなあ、どうしても白馬はアルビノだと思ってしまうんだけど、それとは別なのだそうな。しかも白馬は優性遺伝だという。不思議でならない。
 目なんか透けていて、血管の赤が見えるし、どうみてもアルビノだ。どこが違うのだろう。アルビノの白馬と、そうでないというユキチャン一族を並べて、どこがどう違うのか教えてもらいたい。
 でもまあどっちであれ、白馬の魅力に変りはない。


 キム・ジョンイルも白馬が好きだし(笑)。
 実際は、闘いのとき目だつ白馬に大将が乗っていたら、真っ先に狙われて殺されてしまうけどね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。