スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008安田記念メモ

 ウオッカは買わねばならない。前走は本調子ではなかった。今回は仕上がってくる。仕上がればあの馬はマイラーだから、ここは最高の舞台になる。


 グッドババは本調子でも軽視しようと思っていた。負けごろなのだ。好調はそうは長くは続かない。そろそろ降り坂だろう。と思っていたら大幅に体重を減らし、とんでもなく入れこんでいる。これは自信を持って消せる。


 香港馬で無視できないのはむしろアルマダだ。一年間の休養明けからの3戦目。ここは走りごろ。香港馬の激走はいつもこんな感じだ。さすがに9歳馬(昔なら10歳だ)のブリッシュラックはいらないだろう。


 1番人気スーパーホーネットにあまり食指が動かない。昨年も出ている。18頭立て18番人気で11着だった。昨秋マイルCSで2着しているし、京王杯も強かった。昨年のことは忘れた方がいいのだろうけど、どうにもこの馬は王者ではなく忘れたころにやってくる馬のような気がする。ロドリゴデトリアーニの仔がいまさらGⅠを勝つイメージが湧かない。


 穴馬として抑えるのは、まずはエイシンドーバー。昨年外れたのはこの馬のせいだった。京王杯を勝っての参戦。今年のスーパーホーネットと同じである。これとマイラーズカップを勝っての参戦であるコンゴウリキシオーとの二者択一。私はエイシンを撰んだ。だがダイワメジャーの2着に逃げ粘ったのはコンゴウの方だった。エイシンは6着。
 今年も買う。マイラーズカップ3番人気3着だ。ほどよい3着候補になる。
 
 もう1頭はエアシェイディ。好きな後藤が乗るし、3ヵ月の休み明けだが力で来るだろう。こちらには力の衰えはまったく感じない。


---------------


 というもう完璧な予想。ウオッカ、アルマダ、エイシンドーバー、エアシェイディと撰んだ馬がみな4着までに来ている。さらには人気馬のスーパーホーネットとグッドババを切っている。(小心者なのでおっかなびっくりだったが。)我ながら見事としかいいようのない予想。
 なのにかすりもせず大外れ。だって本命が5着のスズカフェニックスだから。
「スズカフェニックスが勝つ」「負けても2着」が私の今年の安田記念。
 よって「3連単1着固定の相手4頭」「3連単2着固定の相手4頭」の24点勝負。おおはずれ。


---------------


 なのに、負け惜しみではなくそれほど悔しくなかった。
 5頭ボックスなら14万馬券が当たっているが、ボックスは買わないことにしているので未練はない。
 というのは、すでに私の心は「サンデー産駒をいつまで買えるだろう」という感傷モードに入っているから。スズカフェニックスやエアシェイディを買うだけでうれしがっている。この気持ちは不思議なもので、「孫でもいいじゃないか」と言われそうだが孫じゃいやなのだ。あくまでも直仔。


 サンデーの仔が馬場から消えたら、私の競馬(いや、馬券か)はまたあたらしい時代にはいる。それまではこういう心情馬券路線で行くしかない。
 とはいえ勝てそうもない馬に票を投じたのではない。勝つ気でスズカを勝った。某評論家の「前走の京王杯を見ると、スーパーホーネットとの力の差は確実に逆転したと言える」に反撥した。アトサキで言うなら、スズカはスーパーに勝っている。それだけでうれしい。好きな馬、好きな騎手は基本だ。


 いままで私はこんな感傷的な馬券をしたことがなかった。それだけサンデーは凄かったことになる。サンデー全盛時代に買いまくったわけでもないのに、もうすぐいなくなると思うと応援したくなる。あと何年買えるだろう。マツリダゴッホが最後の大物か。初年度産駒のフジキセキ、ジェニュイン、タヤスツヨシ、ついこのあいだのことのように思うのだが……。

 ま、そんなわけで、外れたのに、火の車なのに、なぜかあんまり悔しくない安田記念。こんな感じで買ってれば、そのうち年寄りのサンデー産駒が、いつかボーナスをくれるだろう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。