アルナスライン、復活! オーシャンエイプス辛勝!

府中2400のメトロポリタンステークスにアルナスライン登場。菊花賞2着以来。鞍上も和田が上京。


アルナスライン、ヒカリシャトル、ココナッツパンチの人気馬3頭の内、もしも何かが消えるとしたら半年ぶりのアルナスラインと読んだ。なにしろ菊を勝ったアサクサキングスが先日の大阪杯でダイワスカーレットに負けているし、現4歳の男馬は惨めなほど弱い。

そういえば今日、ダービー1番人気で惨敗し、そのご勝てないままフサイチホウオーが引退を発表した。
アルナスラインの強さに疑問を持つのはごくまともな発想。



ココナッツパンチも同い年の弱い世代だが、昨春はダービーを弾かれ、同日の最終レース目黒記念で古馬と対戦した。そこでポップロックの2着ている。
私は目黒記念に3歳馬が出て来るのがおもしろく、この馬連12倍を1点買いで当て、かろうじてあの波乱のダービーの日をプラスに出来た。

1点買いは確信があったとかの話ではなく、すくない持ち金でプラスにするためにはそれしかなかった。1円でもプラスにするか、0になって帰るかの、ひさびさの1点買い勝負だった。金額とは関係なく昂奮した。的中の快感もまた格別だった。


前走がその目黒記念以来の休み明け初戦。中山の日経賞8着。今回はたたき2戦目に得意の府中。軸はこれと思った。



アルナスライン、ものの違いを見せての楽勝、完勝。こんなに強かったのか。
これはひさびさに現れた(というか、他になにがいるんだ?)現4歳世代の強い馬である。時計もいい。23秒台だ。


3連勝中のヒカリシャトルもしっかり2着キープ。人気馬で唯一消えたのがココナッツパンチだった。うまくゆかん。


まあ3頭軸のフォーメーションだったので実害はないのだが、読みが当たるのと外れるのでは快感がちがう。でもいい気分なのはアルナスラインの強さを見たから。強い馬を見ると気分が良い。


---------------


阪神のオーストラリアトロフィーには、先日休み明けを関東で使い敗れた海猿が登場。これも4歳世代。あのとき、武豊は上京しなかった。今回は地元。鞍上も武。だいじょうぶとは思うが全幅の信頼は寄せられない馬。注目のレース。


4角から内をつくスーパークリーク菊花賞を思わせる絶妙の騎乗。外から追ってきたサクラメガワンダーと並んでゴール。まったくわからない。テレ東のテレビ中継は結果を見られないままに終了。JRAでオーシャンエイプスの勝ちを確認する。


しかしこれ、強い競馬をしたのは6歳のサクラメガワンダーの方。武豊の絶妙のイン突きと経済コースがありながら、あの勝ちかたでは、海猿は威張れない。
これでオープンを勝ち、いよいよ次は重賞制覇を狙うわけだが、「中距離に楽しみな大物が現れた」とは言い難い。石坂調教師のコメントも「オープン特別だからなんとかしてほしい」と馬のスケールを見限っている。



けっきょく今、ピカピカに光っている真のスターホースはダイワスカーレットだけだ。それが故障で長期休養となった。


クラシックはどんぐりの背比べ。川田の皐月賞馬も故障。まあいたとしても混戦にかわりはない。ダービーはどうなるのだ。出でよ、新星。青葉賞、プリンシパル期待か。


明日のフローラステークスもあまり興味がわかない。シングライクバードはいい脚を持っているが。


「でも馬券はおもしろい」と割りきるべきなのか。自分がスターホース好きであることを思い知る。桜花賞や皐月賞ぐらいは無敗で制する馬がいないとつまらない。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR