スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レース選択が博奕センス──大阪杯とダービー卿

先週、高松宮記念。
結果。ファイングレイン、キンシャサノキセキ、スズカフェニックス。
3連複なら大本線的中をスズカフェニックス1着固定3連単勝負で外した。3連複49倍は惜しい。押さえるべきだった。


今週は大阪杯とダービー卿。
先週の悔いがあり、大阪杯はダイワ軸、ダービー卿はキングストレイルの3連複で予想した。3連単まで買い切れない。


どっちを買うかで、ダービー卿と決断する。理由は、大阪杯だとトリガミがある。その点、人気の割れているダービー卿にはそれがない。



ダービー卿はとんでもない大荒れ。人気馬のマルカシェンク、キングストレイル、オーシャンエイプスが全部消えて3連単100万馬券。3連複でも21万という大波乱。
これは軸馬のキングストレイルが消えたのだからあきらめられる。波乱を予測して3連単にしなかっただけ、まだかしこかった。

大阪杯は、ダイワが見事に勝った。ゴール前、アサクサキングスに交わされると思ったが、そこからが見事だった。

サムソン、ドリームパスポート沈没で大荒れ。ダイワとサムソン軸の3連単30倍50倍あたりで大勝負したひとにとっては、11頭立て3連単280倍、3連複72倍は信じがたい大荒れだろう。



大阪杯を、ダイワ軸の3連複、「見学料」として捨てるつもりだったら簡単に当たっていた。3連複6点買いで72倍か、ううううう、くやしい。トラヌタヌキ。
理由は「トリガミがあるから」。つまり、慾に負けた。まあ馬券は慾だけどさ。


どのレースを買うか!? が、まずは博奕である。


そしてそのあとの「どう買うか!?」


3連単か、おとなしく3連複にするか、馬単か、念のために馬複か、念には念を入れて枠連か……。


かすりもしないレースは負けても気楽だ。
3連複なら当たっていた、馬連なら、のような悔いがよくない。


------------------------------


ダイワスカーレットは、これでまた「日本競馬史上最強牝馬」の道を一歩前進した。

すくなくとも、同期の皐月賞馬、ダービー馬、菊花賞馬よりも強いことはもう間違いない。同世代ナンバーワンだ。おめでとう。


1歳上のサムソン、ドリームパスポートにも完勝した。ここにももう敵はいない。
残るは有馬で負けたマツリダゴッホだけだ。


春は、ヴィクトリアマイル、あとは宝塚も勝つ。
秋は毎日王冠から秋天か。
最強牝馬の道が見えてきた。


真の壁はJCの2400だろう。
アグネスタキオン産駒のこの馬に府中の2400はこなせるのか。


基本としてマイラーだと思うので、そんな苛酷な道を歩む必要はないと思うが。


◆母スカーレットブーケ 姉ダイワルージュ(1勝)、兄ダイワメジャー(8勝)と合わせて重賞14勝。パシフィカス産駒(ビワハヤヒデ7勝、ナリタブライアン9勝、ビワタケヒデ1勝)の17勝に次ぐ単独2位。(サンスポより)


苛酷な道を歩ませない限り、「あと重賞三つ」は、軽くこなせそうだ。外国遠征とかがあるのだろうか。


馬券が大外れだから星ひとつ予定だったが、ダイワスカーレットの強さを見られたからふたつにしよう。


 


 

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。