様子見の日

 先週の弥生賞の「買えば本線的中」があったので、今週は意気込むところだが、懸命に自重した。どうも罠のような気がする。


 予想はした。熱心に検討し、印も新聞に書き込み、買った気分で観戦する。


 中山牝馬ステークスは、このレースのためにわざわざ上京した武のニシノマナムスメと中山得意のコスモマーベラス軸。まだ条件馬だがダンスオールナイトを重視する。これに前走が良かったヤマニンメルベイユと復調気配のキストゥヘヴンを絡ませる。


 フィリーズレビューはわからない。食指が動かないが、あえて買うなら、軸はエイムアットビップとラベか。
 人気のない1番ベストオブミーと人気の15番エイムアットビップがともに千代田牧場の飯田さんの馬なので、「2頭出しは人気薄が来たりして」と思ったりする。しかしまあつまらないメンバーだ。今年のクラシックはつまらない。GⅠだからと安易に参加して金を捨てないようにしよう。


 結果、中山はヤマニンメルベイユの逃げ切り。まったく無視していたマイネカンナが2着に来る。3着にキストゥヘヴンで3連単は26万馬券。
 阪神は人気薄のマイネレーツェルが勝ち、2着にも人気薄のベストオブミー、3着にやっと3番人気のレジネッタで3連単は46万馬券。
 アンカツの乗ったベストオブミーがうまく内をついて抜け出てきた。うまい騎乗だがきれいに内が開いたのも事実。つつまれていたら終りだった。

 飯田さんのこの2頭、自家生産馬だから値段は種付け料だけだ。ベストオブミーがブライアンズタイム、エイムアットビップがアグネスデジタルだから、ベストオブミーのほうが金がかかり、期待馬だったはず。それは馬名からもわかる。ベストオブミーはデビュー戦1番人気で楽勝している。そのときの騎乗もアンカツ。今回も自信があったのではないか。


---------------

 両レースとも完敗だった。中山は完全に無視したマイネカンナが2着に、阪神は同じく完全無視のマイネレーツェルが来ている。買っていたら、いまこんなことを書いている餘裕はない。
 勝負したなら、3連単以外にも、馬単や馬連に保険を掛け、さらに念を入れて枠連も買ったろう。それらすべてがマイネを無視しているから被害は甚大だった。


「買わなくて良かった。買ったら外れていた」とは、馬券好きなら誇りに掛けて口にしたくないひとことである。買わねば当たらない。買わねば増えない。とにかく買わねばならないのだ。行くも地獄、引くも地獄。それでも行くしかない。


 私をからかうのが好きな馬券の神様は、先週の弥生賞を「買えば本線的中だった」とし、今週「買えばこれかよ!」にして笑おうとしたのだろう。そういう気がしたので、買いたくて買いたくてたまらないのに我慢した。三十年以上さんざんからかわれているのだから、それぐらいは気づく。いや、たまには気づくこともある。

 正解だった。だがやはり買わないから増えない。JRAに億単位で預けてある金は戻ってこない。


 来週は土曜にフラワーカップ。日曜に阪神大賞典とスプリングステークス。やるとしたら古馬の阪神大賞典の馬単か。それとも不安定な3歳戦の3連単に大穴狙いの小銭をばらまくのか。


 バクチは自分の運との戦いである。今週神様のからかいに引っかからなかった私の運は、来週いい目に出るのかどうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR