スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズステークス的中記──レープロ「名馬の肖像マイネルラヴ」から暗号を読む

meinerlobe

 勝つのはロードカナロア、2着はグランプリボスかハクサンムーンと決めている。しかしその馬単では配当が低い。なんとか3連単を取りたい。その3着候補をこの競馬詩から読み取りたい。



 まずはストレートに7枠に入ったマイネルエテルネル。マイネルラヴと同じく外国産馬で同じく3歳馬である。岡田さんの息子さんがイギリスで購入するときのシーンがテレビで紹介された。あのドキュメントの主役である。しかしこれはストレート過ぎる。でも一応押える。

 常識的?にいちばん臭いのはドリームバレンチノ。母父がマイネルラヴ。生産がビッグレッドファーム。マイネルエテルネルよりもこちらのほうがずっと「マイネル」である。

 フォーエバーマークの父はファルブラヴ。ここにも「ラヴ」があった。これも候補に入れないと。



 そしてもう1頭。マヤノリュウジン。
 この競馬詩にはマイネルラヴ以外に4頭の馬の名が登場している。マイネルラヴを負かしたキングヘイロー、グラスワンダー、エルコンドルパサーという同期の3頭、そしてマイネルラヴが負かした大物タイキシャトルである。

 どう考えてもキングヘイローは不自然だ。なぜなら他の3頭はGⅠ戦なのに、キングヘイローがマイネルラヴを負かしたのは東京スポーツ杯3歳ステークスというGⅢなのである。マイネルラヴが負けたGⅢはその他にも、京成杯、アーリントンカップ、ガーネットステークス、阪急杯、富士ステークス、シルクロードステークス、セントウルステークスとたくさんある。なのになぜ東京スポーツ杯3歳ステークスだけを取りあげるのか。それは暗号としてキングヘイローの名を出すためであろう。
 マヤノリュウジンの父はキングヘイロー。この馬がポイントだ。その他、グラスワンダー、エルコンドルパサー、タイキシャトルの仔は出走していない。ただ1頭、キングヘイローの仔が参戦している。穴馬券の中心はこの馬であろう。



image1007

 3連単8点勝負。これで302倍(280倍まで下がっていた)はおいしい。まこと「名馬の肖像」には勝ち馬のサインが隠れている。(ロードカナロアが3着覧にも入っているのは単なるチェックミスです。)

============================================

 と、これだけだと万々歳だったのだが、馬券下手オヤジはよけいなことを考える。
「マイネルラヴの勝ったスプリンターズステークスとはなにか!?」と考えると、それは「連対率100%のタイキシャトルが生涯唯一の3着を引退レースで味わった日」なのである。タイキシャトル本命だったわたしゃひどい目に遭った。

 とするなら、今年のこれは「ロードカナロアが3着になるレース」なのではないか。すでにロードカナロアは一度だけ3着を経験しているが、才能が開花してからは連対を外していない。
 この「名馬の肖像マイネルラヴ」が最も訴えているのはそれなのではないか。

 ということで「ロードカナロア3着固定」の3連単を組んでみた。相手に選んだのは上と同じだ。
「世界は見えたか!?」というキャッチコピーは、ハクサンムーンへのものと解釈している。前走、《国際GⅠの覇者ロードカナロアを負かして、ハクサンムーンよ、世界の舞台は見えたか!?》と。よって「1着ハクサンムーン、2着マヤノリュウジン、3着ロードカナロア」を大本線として厚目に買った。2800倍である。

 フォーメーション30点。ぜんぶ高配当だから魅力的だ。久々に30万馬券を本戦で取る夢を見た。欲に負けて、こちらを本線、上の的中の8点予想を押えにしてしまった。ロードカナロア完勝。読み間違い馬券。よって儲けはすくない。欲ばっちゃいけないと反省したスプリンターズステークスだった。でも今の私の現実のように「3連単30点予想で120倍的中」なんてのをやっていては儲からない。ハズれ続けても3連単30万馬券、50万馬券になる買いかたをしたほうが、よい。それは馬券で儲けるための真実である。

 しかしむかしの「タカモト方式」のような、こういう遊びも、馬券としておもしろい。私にはサブの遊びとして最高だ。なぜ最高なのかを詳しく書けないのが残念だが(笑)。 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。