スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトリアマイル完敗記──ヴィルシーナ、おめでとう!

好きな馬はサウンドオブハート。紅梅ステークスでは助けてもらっている。3着だったJFも3連複を取らせてもらった。ジョワドヴィーブルの勝ったJFで1番人気だった。関東馬なのに。
ターコイズステークスではサウオンドオブハートは見事に勝ったのに、2着オメガハートランドを入れ忘れ37万馬券を取り逃がす悔しい思いもした。

kanren62011年ジュベナイルフィリーズ──ほろにが的中記

2012年ターコイズステークス惜敗記

しかし私の好きなのは松岡や武豊が乗るサウンドオブハートであり、長期のフランス遠征で充実した成績をおさめ技術も人柄も一回り大きくなったと絶讃されている国際派三冠ジョッキー池添騎手の乗るサウンドオブハートではない。それに距離も1400がベストだろう。今回は消す。

同じく好きなアイムユアーズも、大好きな戸崎が乗ってきたけど、ここのところの不調を覆すとは思えない。戸崎の「JRA移籍後初のG1制覇馬券」はなんとしても取りたいので狙っているが、今回は買わない。

マイネイサベルも柴田大知応援からは買いたいが、どうにもヴィクトリアマイル馬というイメージが湧かない。でもコイウタのようなこともあるからわからないけど。



結局、ジェンティルドンナのいないエリザベス女王杯のとき、戴冠を願い1着固定で応援したのだから、ふつーにヴィルシーナ応援でゆくか、となる。鞍上も大好きな内田だし。
もしもあのとき、「どうせ今回も、ジェンティルがいなくても、この馬は2着なんだよ」と読んで、3連単2着づけして、馬券を当てたりしていると感覚はちがってくる。私はあのとき、「ジェンティルがいないのだから──というか、ヴィルシーナに勝たせるためにJCに行ったんだから──ここはヴィルシーナが勝たなくちゃ!」と3連単頭固定で勝負した。またも2着でかなりしらけた。あの馬券を当てたひとは「やっぱり!」と喜んだことだろう。そういうひとは今回も2着づけでゆくのか!?
三冠すべて同じ馬に負けて2着という悲劇の馬は日本競馬史上初だ。ここは勝たせてやりたい。(←こういう「勝たせてやりたい」のような上から目線の表現は大嫌いなのだが、これしか浮かばない。)

kanren62012エリザベス女王杯完敗記──ヴィルシーナ頭固定だからしょうがない


メンバーで一番強いと思っているのはハナズゴールだ。あの切れ味は半端ではない。

一番うつくしいと思っているジェンティルドンナの姉ドナウブルーも応援したい。
しかし、そんなあれやこれやを勝っている餘裕はない。



なんとしても当てねばならない。ハズれ続けてがけっぷちなのである。馬券なんてのは連勝する必要はない。4レース負けても1レース的中すれば浮く。4週負けても1週勝てば帳尻はあう。しかし5週、6週とプラスが出ないと苦しくなってくる。いまその状態だ。

あれこれあそびで買ってはいられない。絞るしかない。ならヴィルシーナとハナズゴールの1点勝負。ヴィルシーナの戴冠を願うが、切れ味鋭いハナズゴールに一瞬にして交わされるシーンもあろう。となると馬単ではなく馬連。
いやいや、そのあいだに何か入ってくる可能性もある。ならワイドか。

ということで以下のような馬券となった。ワイド勝負(笑)。
ワイド馬券が始まったころ、もの珍しくて何度かやったことがある。その後はない。こりゃ好きな馬に対して失礼な馬券である。がけっぷちに追い詰められるといろんなことを思いつく。
でもたのしいなあ。むかしの8枠連複しかなかった時代にはぜったいに出来なかったことだ。馬連馬券発売がどんなにうれしかったことか。

victoriamile



資金の98%をワイドにいれる。4倍以上もつくなんて夢のようだ。
1%ずつの馬連はあそび。とにかくこのワイド1点勝負。ここで増やしてオークス資金とする。

---------------

結果は言うまでもない。
ヴィルシーナ、悲願の戴冠。おめでとう、よかったね。
またジェンティルドンナと戦うことはあるだろうか。そのときがたのしみだ。もういちど、やってみたいよね。勝つか負けるかわからないけど、結果はともかく、もういちど闘いたいだろう。見てみたい。特にオークスは完敗だったけど秋華賞はハナ差だから。得意の距離で。

私はもうあのオークスで完全に決着はついたと思っていた。だからこそあの秋華賞は感動的だった。だけど負けは負け。G1ホースとなった今、「ジェンティルドンナさん、あなたともういちど闘いたい!」と宣言して欲しい。それはどこになるだろう。秋のJC?

2着に12番人気、昨年の覇者ホエールキャプチャ。3着にマイネイサベル。3連単19万馬券。カスリもしない完敗である。

victoriamile2



さほど悔しくないのはカスってもいないのだから当然だけど(毎度言うが、馬券はカスると口惜しい、完敗は口惜しくない)、ホエールキャプチャがエビナなので最初から消していたからだ。これでマイネイサベルが2着の馬連22倍だったらけっこう悔しかった。「ワイドなんかやめて馬連5点勝負にすればよかった」と悔いた。でもエビナのホエールキャプチャに来られては文句はない。言いようがない。

ホエールキャプチャは昨年のヴィクトリアマイルを的中させてくれた馬であり、生産も古くから面識のある千代田牧場で、タレンティドガールからの血統も大好きなのだが、鞍上がエビナなので今回は買わないと最初から決めていた。
それにしても、昨年のヴィクトリアマイルを勝ってから、5戦連続二桁着順で、ここでいきなり来るってのはすごいな。マイル戦は5戦して3勝2着2回とパーフェクト連対。それは知っていた。昨年のヴィクトリアマイル以降マイル戦は走っていない。いかにも今回来そうではある。そうも思っていた。
でもエビナなのですっぱり諦めていた。
前々走、船橋のダート戦に出て14頭中13着なんて傷はよくないと思う。ヴィクトリアマイル馬なのだ。もう繁殖にあがればいいのに、と思った。いい母親になるだろう。でも今回の好走で引退はまた遠のいたか……。

もしも今回ホエールキャプチャに戸崎が乗り代わってきたら、迷うことなく▲に抜擢し、楽々と高配当馬券を的中していた。しかしエビナなので最初から消している。相性とはこんなものである。



先週の負けでがけっぷちだったのだから、今回の負けでがけの真ん中辺りまでずりおちている。なんとしても這い上がらないと。

kanren62012年ヴィクトリアマイル的中記──タレンティドガールからホエールキャプチャ



---------------

【追記】──来ているこどもを見て、来ていないこどもを思う

口取りに、佐々木オーナー、奥さんと一緒に、ふたりのかわいい坊やが映っていた。二度目の奥さんとのあいだに出来た子である。
現在45歳の佐々木オーナーは、23歳のときに結婚した先妻とのあいだにもふたりのお子さんがいる。親権が離婚した奥さんにあるのならこんなことは書かないのだが、その親権も佐々木オーナーがもっている。夫婦とこども4人の6人家族で住んでいた。週刊誌記事で読んだ覚えがある。いまはもう大きくなって先妻とのふたりのこどもは別居なのだろうか。念願のG1優勝の日に、こども4人が口取りに勢揃いしたらもっとよかったのに……。
他人様の家庭の話なのに、そんなことを考えてしまった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。