スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRA所属外国人騎手誕生か!?──大賛成です!

現在は短期免許や指定競走の限定免許で騎乗している外国人騎手に、通年で日本で騎乗できる道が整備される。 JRAが、今年8月上旬に公示する騎手免許の試験要領に「外国人騎手が試験を受ける場合」の規定の明文化を検討していることが分かった。

外国人騎手がJRAで騎乗する際に取得している短期免許はいわば仮免のようなもの。年間に最大で3カ月間の騎乗に限られ、また、同時期に5人までの人数制限もある。だが、本免許取得となれば日本人騎手と同じ扱いになる。

詳細はこれから詰めることになるが、日本の競馬関係の法規を理解していることはもちろん、日本に本拠地を置くこと、通訳を介さず日本語で最低限の意思疎通が図れることなどが条件になるとみられる。英語による受験も可能になる方向。また、地方競馬騎手の受験時と同様、それまでの実績によって騎乗技術試験は免除される見込みだ。

母国イタリアの競馬が深刻な財政難に悩まされているミルコ・デムーロ騎手は、実際に受験するかについては明言していないが「日本で年間通して乗れればうれしい。英語で受験できればいいんだけど」と、日本を本拠地としたい考えもある。
イタリアでは長年のずさんな経営が響き、12年からは全レースの賞金が40%削減され、今年も開催自体が危ぶまれている状況だ。現在はフランスに拠点を移しているが、短期免許で日本に来ている時ほど有力馬が集まらないのも事実。賞金額が圧倒的に高く、有力馬主からの信頼も得ている日本での通年騎乗を望むのは自然といえる。

もともと、現行のルールでも外国人によるJRAの本免許受験は可能だった。ただ、これまでは外国人騎手が日本を本拠地として本免許取得を希望することはほぼ想定外であり、免許取得の基準については、免許試験委員会内の合意事項にとどめていた。今年、あらためて試験要領に外国人騎手の受験規定が明文化されることになれば、日本の競馬に魅力を感じている外国人騎手の注目度が高まるのは間違いない。
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20130416-1113067.html


---------------

外国人ジョッキー大好きの私にはわくわくする話。でも武豊騎手会会長を始め日本人の騎手は全員いやーな気分なのだろう。武豊騎手と社台との断絶にも、その辺のことが関係しているようだし。

こういうことを許すと、現在の騎手学校という「騎手養成システム」が崩壊してしまうという意見がある。たしかにそれはそうであり深刻な問題かも知れない。大きな手間隙とお金と長い時間を掛けてやっと一人前に養成した騎手なのに、外国人騎手に仕事を奪われてしまい、食いっぱぐれては、そのシステムが根幹から揺らぐことになる。
現行の制度でも「午前中のレースには外国人騎手を乗せるな」という意見がある。つまり、そこは新人騎手の鍛練の場であり、彼らを修業させてやるべきだ、という考えだ。



しかしそれは馬券を買うこちらには関係ない話である。競馬ファンは、下手くそな騎手を一人前に育てることもまた競馬の楽しみの一部として包括せねばならないのだろうか。わたしゃそこまで心が広くない。午前中のレースで、へたくそな日本人騎手の人気馬を消し、外国人騎手や大井所属の戸崎から穴馬券を取ると会心を叫んだものだ。それがギャンブルだ。それを排除してしまうのはおかしい。

競馬の基本は優勝劣敗である。勝ちまくれば三流血統の馬でも種牡馬として寿命をまっとうできるし、成績が悪ければ一流血統の馬でも肉になるしかない。

「騎手保護政策」は、競馬の根本である優勝劣敗の基本政策に反している。



閉鎖的と言われる大相撲界だが、その辺はきちんと優勝劣敗の原則を守り、横綱はモンゴル人になっている。外国人力士天国だ。どんなに待望しても長年日本人横綱は出ていない。

外国人騎手の自由化がもっと進み、リーディング上位を外国人騎手が独占する時代になっても、私はそれを当然と受けとめる。騎手学校を出ても、乗り馬がなく、勝てず、廃業するしかない騎手が連続し、応募者が激減し、養成学校が存続の危機になったとしても、それはそれでしかたないだろう。すくなくともそれは、ただの競馬ファンが案じる用件ではない。

まあ「JRA所属外国人騎手」が実現したとしても、ほんの数人だろうけど、それはそれで楽しみだ。ミルコの騎乗を通年で見られるだけで競馬の楽しみが大きく拡がる。
今の「1年に3カ月限定」「同時期に5人まで」ってのも早く解除してもらいたい。たぶん騎手会が反対しているのだろうが、これが外国人騎手を不自由にしている。ネオユニヴァースの時の菊花賞がいい例だ。あれは社台の力で強引に解決したが。
自由化が進めば、ある馬に関して要請が行き、ダービートライアルの青葉賞と本番のダービーにのみ騎乗するためにデットーリ来日とか、そんな話も出て来るだろう。



この話ってTPP農業保護問題に似ているようで根本から異なっている。
日本の米は、絶対的に世界一うまい。それは支那人が認めている。金持ち支那人は日本米を争うようにして喰っている。あんなうまいものはないと断言している。

日本の多くの騎手はへたくそだ。それを競馬ファンは護らねばならないのだろうか。
米に例えたら、「日本の米はまずいけど、日本の農業を護るために我慢して食べましょう」になる。

日本人のうまい騎手が、へたな外国人騎手に職場を奪われるのなら、それは日本人として応援せねばならない。しかしそうじゃない。

さてさてどうなるか。リスポリやルメール、ライアンなんかももっと日本で乗って欲しい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。