スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念引き分け記──薄氷のちょいプラス──レープロのビリーヴ

高松宮記念のレープロ「名馬の肖像」はビリーヴ。見出しは「この道を行く!」。

’13表4/0301ビリーヴ0001
「道」は「Road」で「ロードカナロア」、「行く」は「GO」で「ダッシャーゴーゴー」か。じゃあ安田厩舎の2頭でまちがいない。わかりやすい暗号だ。

故・高本公夫さん風に推測するなら、この種の暗号は「JRAを司る最高級頭脳集団の中枢が作成」となるのだろうが、案外日々の酒代にも困るような貧乏コピーライターが書いてんじゃねーの。(ロードがLordなのは知ってるからつっこまないでね。)



ということで、「ロードカナロア1着、ダッシャーゴーゴー2着、3着ドリームバレンチノ」70倍と、「ロードカナロア1着、2着ドリームバレンチノ、3着ダッシャーゴーゴー」36倍の3連単2点をたっぷり買った。これで決まるはずだ。低配当だが2点勝負なら十分好配当。

あとは抑えに馬単を、ロードカナロアからその2頭に流す。低配当だからあまり期待しない。2番人気のドリームバレンチノで5.6倍。ダッシャーゴーゴーで12倍。あくまでも3連単が決まらなかった時の保険。



それで儲けるつもりだったが、ちと不安になり、さらにまた保険として3連複を買うことにする。

1着にロードカナロア、2着にダッシャーゴーゴーとドリームバレンチノというフォーメーション。3着に……だいぶ悩んだ結果「全頭」にした。とんでもないのが飛び込んできた時の保険になる。するとこのフォーメーションが29点買いにもなってしまった。こんなに3連複を買ったことはない。しかも断然人気の馬が軸だ。配当順に並べてみると、上のほうは10倍台がずらり。取りガミばっか。これはなあちょっと……。かなり愚かな馬券になる。でもまた逆に配当のいいほうから並べると、この並びでも万馬券がかなりある。来るわけはないと思うが、万が一のとんでもないのが1頭来た時の保険だからこれでいいかと割り切る。勝負馬券とは額もちがうし気にする必要はない。保険の捨て金。勝負は3連単だ。



結果、ロードカナロア、ドリームバレンチノと1、2番人気の決着で、馬単560円が当たったが、3着に10番人気のハクサンムーンが入り、勝負の3連単が外れた。ダッシャーゴーゴー5着。レープロの裏読みも当てにならない。投資金の7割が3連単だから、低配当馬単が当たってもこの時点では大マイナス。

しかし配当のトリックで、3着が荒れたとはいえ1、2着が人気馬だから3連単ですら270倍でしかなく、せいぜい50倍程度かと思っていた3連複がなぜか113倍もついてくれた。それによって収支はギリギリのプラスとなった。薄皮一枚残ったってヤツだ。

image931













私の買ったこのときだと「11-12-13」の3連複は105倍となっている。
とてもとても浮かれる結果ではなく複雑な気分だが、1番人気の馬単を抑えで取っただけで、ひどい取りガミになるはずが、小銭の万馬券3連複が当たり、わずかではあれプラスになった。もしも3連複を買っておかなかったら回収金は三割程度でしかなく今夜はやけ酒だった。低配当と嘆いているが、馬単のほうだってドリームバレンチノが2着に届かなかったらひどいことになっていた。回収率105%ぐらいのかっこわるい結果を素直に喜ぶことにする。



来週のオルフェーヴルが登場する産経大阪杯を挟んで、いよいよ春のG1戦線が始まる。
今年ほどクラシックトライアルがめちゃくちゃな年を知らない。いやまあデータを並べればしばらく前にもあったのだろうが、すくなくとも近年、こんなわけのわからん年はなかった。牡牝とも軸になる馬がいない。こんな乱戦は何年前まで遡るのだろう。
それはそれで馬券的には楽しみでもある。
いよいよ「競馬の春」開幕だ。

しかしなあ、桜は入学式と桜花賞に似合うのに、今年はもうそのころには桜は散っているのではないか。残っていてもかなりしょぼい。
何十年後かには日本は東南アジアぐらい暑い国になるらしい。なんとも季節感としてはしっくりこない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。