スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大賞典的中記──枠単だった!

1,2,3着が◎▲○なのだから、さすがに当たった。単勝人気順で言うと2.3.1だから、3連単29倍は、「けっこういい配当」になる。
ワンダーアキュートを交わす岩田の腕に痺れた。JCDも岩田なら、と想いを馳せた。

そして、追いこんできた内田ハタノヴァンクール。大井育ちの内田が魅せてくれた。
和田にはわるいが、ゴール前の着差は騎手の腕の差だろう。

daishouten2012




しかし……。この3頭しかいないと思いつつも、JCのように3頭ボックスだけとは行かなかった。3着候補にナムラタイタンやエスポワールシチー、フリオーソなどを入れてしまった。3着ワンダーアキュートと4着ナムラタイタンの差はじつに7馬身。3頭だけが別格だった。なのに、24点買いの29倍的中。恥ずかしい。まっか。恥ずかしくて昨日アップできなかった。



daishouten2012haitou

敗因は──いや馬単枠単3連単当たって浮いているのだから負けたわけではないのだが──しばらく南関をやっていないことだった。半年ぶりだ。

南関でいちばん効率のいい馬券は、中央にない「枠単」だ。IPATから入るひとはこれが買えないらしいが、私は<SPAT4>なので買える。
いままで3連単や3連複で勝負してハズれ、「枠単にしておけば」と何度悔やんだことだろう。ここでも何度か書いている。枠単で儲けさせてもらって驚喜した数少ない日もあった

それでもいくらか学び、今年南関をやるときは、3連単は100円単位で買い、枠単を500円単位、時には千円単位で買って遊ぶようになっていた。なかなかの成績だった。

しかし今回は半年ぶりであり、秋のG1戦線のすぐあとだったこともあり、そのルールを忘れて「中央感覚」で買ってしまった。3連単8割、馬単枠単1割という配分だ。大失敗。枠単8割にして、あとは万が一のために馬連を2割買うという配分にすべきだった。

枠単は6-4、6-2の2点勝負。それが15倍だから、これに8割入れておけば大きく浮いて、初の年間プラスが確定していた。浮きがすくないので、額は減らしたが、まだマイナスである。まあマイナスには慣れているのでそのことはどうでもいい。そもそも馬券なんて「年間」で考えるべきものでもない。それとはべつに、2012年の東京大賞典をこの枠単で当てて儲けたかった。この15倍は大きい。



以前は年末年始はテレビ漬けだったが、いまは見なくなった。正月は川崎競馬をちびちび楽しんで、南関感覚を取りもどそう。

大晦日の明日(もう今日か)は川口オートに行く。でもまあ知りもしないオート(この道一筋何十年の大ヴェテランがコーチについてくれるが)で勝負するようなことはやめて、ここは忘年会気分で顔を出すだけにする。
正月の川崎競馬で馬券勘を試して、勝負は金杯だ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。