裁決委員を完全に公開しろ!──それが公平な競馬への道

私は、競馬というのは「当たり馬券に払戻をしてくれれば、なんでもあり」だと思っている。「八百長」というものがあるとしたら、それは当たり馬券に払戻をしてくれないときだけだ。

 一方の人から見たら「八百長だ」と叫ぶようなレースも、もう一方の人から見たら「読み筋通りの会心のレース」って場合もある。ニンゲンのやることだから、それはそれでしかたないのだ。



 裁決委員を公表して欲しい。そのことで競馬はだいぶ公明になる。

 たとえばある日のオークス。裁決委員はAと公表される。
 するとそこから、「Aってのは××系の馬主に甘い。今回のレース、××の△△はなんとしてもオークスを勝ちたい。父□□の種馬としての正念場だ。ラフプレーをしても勝ちたい。しかし▼▼もまた勝ちたい。でも味方はいない。おそらく××系の馬が△△を援護するからヤバい場面があるかも知れない。でも結果、△△は勝つだろうし、ラフプレーがあったとしても、Aは絶対に△△を失格降着にはしない」という読みが成立する。

 実際のレース。まさにそのとおりになった。なんとしても勝ちたい△△は無茶なレースをした。被害馬が出た。▼▼系の馬だ。でも読み筋通り、Aは失格も降着もやらない。到着順で確定した。▼▼ファンは激怒する。△△は失格だろうと。でもおとがめなし。
「裁決委員がAだからだいじょうぶ」という読みが成立し、的中した。これも競馬。

 まったく逆の場合もあろう。「今日は、やたら降着失格が好きな裁決委員のBだから」

 こうなると「裁決委員で読む必勝法」なんて本も出て来るか。



 そんなことになってはいけない。裁決委員が誰であろうと、裁決は公平でなければならない。
 でもそうじゃないんだもの(笑)。ころころ変るんだから、こんなことを言いたくなる。

 いずれにせよ、基準が明確でないいいかげんな裁決が連続するのだから、「今日の裁決委員」は明確にしてもらいたい。本名、氏素性、あきらかにして欲しい。毎週、馬柱と共に「今週の裁決委員」をJRAサイト、専門紙、スポーツ紙に発表して欲しい。
 そいつが社台に甘いのか辛いのか、競馬が好きでやっているのか、ただのしかたない仕事なのか、そういうことをハッキリさせるだけで、だいぶ馬券の読みかたも変ってくる。

 ひとひとりに判決を下す裁判官だってきちんと公表しているのだから、ひとつのレースで何十億何百億もの大金が動く競馬で、裁決委員の名がふせられているってのはおかしいやね。

 とんでもなく不公平な裁決をする裁決委員のCが、ある日怒った競馬ファンに刺されて死んだなんて事件も起きるかも知れない。しかたない、大金が動いている、それだけ重みのある仕事なんだから。裁決委員なんてのは、それぐらいの覚悟をもってすべきことでしょう。それぐらいの覚悟をもってやれば、同じようなことをしても、レースによって裁決がまったくちがうなんていいかげんなことは起きない。

 こんないいかげんなことをしていたら「驕る平家」になるぞ。

---------------

 「もうなってるよ、売りあげもずっと落ち目だよ」ってツッコミは無意味。JRAは今も世界中の馬券売りあげの五分の一を占める、世界一巨大な超優良競馬組織。 

 でも驕ってるな。もっともっと落ち目になって、売りあげが一兆を切るぐらいにならないと、真の危機感は出て来ないのだろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR