スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武豊GⅠ連続制覇23年の記録

武豊騎手のJRA・G1制覇記録
 
2010 ジャパンC
2009 安田記念 ヴィクトリアマイル
2008 天皇賞・秋 フェブラリーS
2007 ジャパンCダート 天皇賞・秋 高松宮記念
2006 有馬記念 ジャパンC 宝塚記念 NHKマイルC 天皇賞・春 フェブラリーS
2005 ジャパンCダート 菊花賞 秋華賞 東京優駿 皐月賞 高松宮記念
2004 ジャパンCダート エリザベス女王杯 桜花賞
2003 エリザベス女王杯 フェブラリーS
2002 エリザベス女王杯 秋華賞 スプリンターズS 東京優駿
2001 ジャパンCダート エリザベス女王杯 NHKマイルC
2000 菊花賞 皐月賞
1999 ジャパンC 天皇賞・秋 東京優駿 天皇賞・春
1998 秋華賞 東京優駿 桜花賞
1997 天皇賞・秋 宝塚記念 NHKマイル
1996 菊花賞 優駿牝馬
1995 優駿牝馬 安田記念
1994 阪神3歳牝馬S 桜花賞
1993 宝塚記念 優駿牝馬 皐月賞 桜花賞
1992 天皇賞・春
1991 天皇賞・春
1990 有馬記念 スプリンターズS 安田記念 天皇賞・春
1989 天皇賞・秋 宝塚記念 天皇賞・春 桜花賞
1988 菊花賞

---------------

京都の4角から内をついて抜けだしたスーパークリークの菊花賞。名人・武邦の息子はデビュウ2年目でGⅠを勝つ。スーパークリークは武が初めて惚れた馬だ。長距離血統であり柏台牧場での配合にアドバイスした岡田繁幸さんが、抽籤待ちのスーパークリークを出走させるため、自分のところのマイネルを引っこめたことも大きな話題になった。

私はその前年、デビュウの年の菊花賞で、一瞬レオテンザンが勝つのではと思った。サクラスターオーの勝った菊花賞だ。
18歳の武豊はトライアルの京都新聞杯をレオテンザンで逃げきり勝ちしていた。その前週、トウカイローマンで京都大賞典を勝った。これが初重賞制覇だった。
京都の4角をレオテンザンの黄色い帽子がトップで通過したとき、私はこのとんでもない新人がこのまま勝ってしまうのではないかと思った。



その後はずっと複数勝ってきたけど、1991年と1992年はメジロマックイーンがいなかったら記録は途絶えていた。もしも内田があのまま乗っていたら……。
去年のジャパンカップも繰りあがりだったし、ほんとはもう去年で終っていたんだろうな。
その前もウオッカがいなかったら勝ててないし……。

偉大な記録がとだえて残念だ。いつかくるとはわかっていたが……。

しかし今は、今後二度と出ないであろう天才の大記録に、リアルタイムで立ちあえたことを誇るときなのだろう。
「ふりむくと」で始まる寺山修司のハイセイコーへの惜別の詩は、やがて「ふりむくな ふりむくな 後ろには夢がない」と転じて行く。

途絶えた記録への未練は断ち、前を見て歩まねばならない。
初めて会った坊主頭の武豊を思い出す。それにふりむいてもしょうがない。少年もいつしか不惑を越えていたのだから……。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。