スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控除率30% 寺銭3割の時代、競輪・オートが実行──JRA馬券売上考

公営ギャンブルの競輪とオートレースの売り上げが低迷しているため、経済産業省は16日、法律で定める当たり券の払戻率を引き下げる方針を固めた。
自転車競技法と小型自動車競走法は、勝者を予想する車券の売り上げの75%以上を、当たり券の払戻金に充てると定める。これを「70%以上」へ引き下げるほか、開催回数の下限と上限を定めた国の規制もやめ、効率的な運営を促す。

来年の通常国会に改正案を出す見通し。払戻額や開催回数が減れば客離れが進む恐れがあるが、経産省は、自治体など運営側の裁量が増え、収支改善につながると期待する。
経産省によると、競輪は昨年度、運営する48自治体のうち15が赤字。1991年度の売り上げと比べて競輪は3分の1以下、オートレースは4分の1以下に減った。客層の固定化や高齢化が原因だという。

http://www.asahi.com/politics/update/1216/TKY201112160751.html

---------------

これは愚かなことだ。ますます客は減るだろう。
以前、川口のオートに行ったとき、私は長年通いつめている友人に連れていってもらったのだが、みな知り合いでなかよし、長年の友人で、アットホームな雰囲気におどろいた。「客層の固定化、高齢化」はたしかに感じ取った。

地方はともかく、中央競馬は、まだまだ若者が多いから希望があるのか。



中央競馬に関して、売上が落ちっぱなしでたいへんだというひとがいるが、私はそうは思わない。

世界の馬券売上額は12兆円程度。日本は今でも世界の馬券売り上げの5分1をまかなっている。バブルの頃など4分の1だ。いかにこの国が世界一の馬券大国であることか。

ある競馬ライターが「エリザベス女王杯の1着賞金て9千万しかないのか」と寝ぼけたことをツイートしていたが、世界中のG1で9千万も賞金のでるG1がいくつあることか。イギリスやフランスの伝統あるG1で賞金が2千万程度はざらだ。

日本独自の競馬システム。異様に高い賞金。8着までも賞金が出る。その他もろもろの附加賞金。それを支える異様に高い控除率。
馬券売上大国ではあるが、控除率等競馬ファンに対しては後進国だ。8着までも賞金が出るなんてのは、あの「徒競走で、ゴールするときは後ろの人を待ち、みんなで手をつないで一緒にゴールイン」という薄気味悪いゆとり教育を思い出す。3着までで十分だ。出走手当なんて出るだけでもらえる金もいらない。本来なら、高額の賞金を狙って、参加料を支払うほうが自然だ。その参加料は賞金に加算される。それがバクチだろう。優勝劣敗の世界に「みんなにやさしく」はありえない。



中央競馬の売上減は、むくんで膨れ上がった体が、正常な健康体にもどる過程と考えている。
私は自分が競馬を始めた昭和40年代からしか知らないが、そのころから競馬会は常に高飛車だった。
たとえば渋谷の場外馬券売り場(以下場外)はふだんは500円単位だったが、八大競走の時は千円単位になってしまう。今とは貨幣価値が違う。当時の学生の仕送り平均は3万円。今は12万円だそうだから4倍か。今で言うならふだんは2000円単位の馬券しか売らないという、それだけでも問題だが、八大競走の時は5000円単位になってしまうようなものだ。そこには「イヤなら買ってくれなくてけっこう」という姿勢がある。

実際、それだけ高飛車なことをしても場外の中はラッシュアワーのような混雑だった。渋谷駅から場外までぞろぞろと長い列ができた。馬券売り場の窓口に並び、買うだけでもたいへんだった。「売っていただく感覚」なのだから競馬会も高飛車にもなろうってもんだ。それでも売れるんだから。そもそも八大競走の日を千円単位にするのは近隣住民からの苦情を考慮した混雑を緩和するためだった。客に来るなと言っているのである。それでも来る。

そういう殿様商法をずっとやってきたのである。役所だ。農林水産省の天下りが牛耳っていた。湾岸戦争のとき、殴り合いには参加しませんが金だけは出しますというみっともないことをしたが、あのときの巨大資金もみな馬券の売り上げから出ている。



そういう殿様も、ここにきてやっと目がさめたようだ。しかし今から間に合うのかどうか。

いずれにせよ、売上はこれからも落ち続けるだろうし、それでもまだまだ競馬会は、身長と体重のバランスがとれていないデブだから、それは自然なことだと私は解釈している。早く健康体に戻って、歪んだシステムを正しく直して出なおすのがいい。

世界の馬券売り上げが12兆円なら、日本は国家的に12分の1の1兆円程度の売上が妥当だろう。 
「1兆円ではやってゆけない。競馬システムが維持できない」というなら、それはもうそもそものシステムがまちがっているのである。 システムの再構築から始めるべきだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。