スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日杯FS──直前変更敗戦記

無敗馬が好きだ。クラシック・レースの楽しみは、東西の無敗馬が激突するところにあった。むかしは。

今はもう東西対決の図式はなくなってしまったけど、それでもクラシックまで何頭かの未対決無敗馬がいて欲しいと願っている。特にFSやJFは無敗で制してくれないと盛りあがらない。



fs2011-3


無敗馬はアルフレードとハクサンムーンの2頭。枠順実績から本命はアルフレードにする。鞍上のウィリアムズも好きだ。フォーメーションで3連単3連複を組む。内枠重視は朝日杯の鉄則。

1着アルフレード→
2着クラレント・マイネルロブスト・ローレルブレット→
3着
クラレント・マイネルロブスト・ローレルブレット ・レオアクティブ・ダローネガ・トウケイヘイロー・ハクサンムーン

金曜夜にはもう組んでいた。これに決めていた。
 


土曜。阪神カップ。リアルインパクトかリディルが勝つと思っていたら、人気馬が全部飛んで大穴になった。
小牧リディルが負けた。弟のクラレントはどうだろう。兄負けで弟も負けか。兄負けだから弟は勝つか。

東スポを買ってきて読む。すると、本紙舘林、馬匠渡辺まではいいとして、大阪の上田もアルフレード。さらには井崎、清水までアルフレードなのである。清水成駿さんの本命が1番人気アルフレードなのだ。エイシンキンチェム18着を本命にした清水さんが、である。ここにきて急にアルフレードが典型的な「危ない人気馬」に思えてきた。 

3連単を止め、3連複のみの勝負にする。これならなんとかなるだろう。
しかし次第にそれすら不安になってきた。1番人気アルフレードが二桁着順で惨敗する絵が浮かぶ。

なら3連複軸はなんだ。クラレントだ。兄は負けたが弟は勝つ。すくなくとも3着以内には来る。ディリー杯2歳ステークスの勝ち馬。前走は2番人気大敗だがあれは問題外。今度は来る。小牧だって来なかったら恥を掻く。

ということで軸馬をアルフレードからクラレントに変更した。あとの組順は同じ。



小牧が出遅れた。後方追走。それでもう無理と諦めた。絶好の枠順を引いても出遅れて後方追走では何の意味もない。
先行したウィリアムズは、直線内に入って追いだす。見事な勝利だった。時計もいい。タイレコード。3戦3勝の期待馬が誕生した。なのに……。
変更しなければ5連単でも当たっていた。


fs2011



fs2011-2

3頭しかいない関東馬の1.2.3着独占。この3連単3連複を取れなければ私には当てられる馬券はない。
3連複のみの勝負でも、先週の93倍に続き、この85倍はおいしかった。
(トイケイヘイローが3着ならもっとつきそうだが、じつは78倍とこれより低い。)

カスリもしないスッキリ負けは後を引かないが、これはいくらなんでも口惜しい。
変更せずアルフレードで行っていれば、ともに的中だった。今夜は魘されそうだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。