スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドマイヤコスモスへの期待!──上村と、あらたな伝説を!

11月20日はマイルチャンピオンシップの日だったが、私の心に最も残ったのは裏開催新潟での福島記念を勝ったアドマイヤコスモスだった。

以下の文章はニッカンスポーツから。



断然人気のアドマイヤコスモス(牡4、橋田)が直線力強く抜け出して重賞初勝利を飾った。中団待機から4角ではすでに抑えきれないほどの手応え。直線半ばで馬群を割って先頭に立つと、後続をあっさり振り切った。勝ち時計は1分59秒1。これで中央に復帰後は無傷の5連勝。今後は芝の中距離戦線での活躍に期待がかかる。2着には内から迫った7番人気のメイショウカンパク、3着にはマイネイサベルが入った。



心のない文章である。レースなど見ていない。雑な文である。
単勝1.9倍。上村は馬の能力に相当自信をもっていたのだろう、直線に向くともう先頭に躍りでていた。新潟の長い直線だ。私は「早すぎる!」と思う。案の定、残り200で 後方の馬からの追撃を受ける。完全な沈没パターンだ。猛追してくるメイショウカンパクに、一杯になったのか、これはテレビカメラの角度のせいだとおもうが、一度は交わされたかのように見えた。私は観念した。負けた、と。そこからまた差し返す。ここが凄かった。まさに底力。思わずテレビの前で拍手していた。
私はアクションのちいさい人間だ。こんなことはめったにない。何の自慢にもならないけど100万円負けてもノーリアクションだ。無表情。その私がやんややんやの大拍手なのだから、これは見事なレースだった。

実況アナはしっかり「二の足を使った」と表現していた。そう「二の足」である。このアナはすばらしい。このレースの凄味は、本来なら早仕掛けで負けるはずのアドマイヤコスモスが、二の足を使って逆転したことなのだ。なのにニッカンスポーツは「
後続をあっさり振り切った」である。なんといいかげんなのだろう。誰なんだ、この記事を書いたのは!?



と書くと馬単とかWin5とかで力が入っていたようだが、私は馬券は買っていない。
アドマイヤコスモスという一度は地方に落ちてからまた復活した馬と、華やかなサンデーの仔としては地味な父アドマイヤマックスと、誰よりもサイレンススズカをあいしていながら、花開くサイレンススズカとは無縁だった騎手上村洋行を応援していただけだ。

このままGⅠの頂点まで駆けあがれ。アドマイヤジュピタを思い出す。
騎手は、岩田や福永や外国人騎手に乗り代るのではなく、そのまま上村であってほしい。

アドマイヤコスモスと上村に、光を!

cosmos

この成績表に今回の福島記念勝ちを加えて7連勝になります。大原ステークスは2000メートル1分56秒8の大レコードです。
成績表はnetkeibaから拝借しました。

動画へのリンク。

京橋特別

大原ステークス

福島記念


============================================

中山金杯のレース中に骨折したアドマイヤコスモス(牡5、橋田)が種牡馬入りすることになった。近日中に競走馬登録を抹消する。名古屋時代を含めて7連勝で11年福島記念(G3)を勝利。10戦7勝の戦績、アドマイヤマックス×アドマイヤラピスという血統面の期待から故郷の辻牧場(北海道浦河町)で繁殖活動を行うことになった。「底を見せないまま引退することになったので産駒に夢を託したい」と橋田師。
 [2012年2月23日18時24分]

短い夢だったが、ヒーロー誕生を期待させてもらった。種牡馬として成功することを願っています。 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。