スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反則と戦法の分岐点


 根岸ステークスでの、大好きな武豊騎手の強引な内への切れ込みを見て、しばし考えた。
 内のアドマイヤスバル、レオエンペラーに迷惑を掛けている。私からすると過怠金レヴェルの反則である。しかしそうはならない。その理由だ。


 スタート直後のあの程度のラフプレーは、ゴールでの着順には影響がないと解釈され、審議の対象にならないのだろう。
 それは、毎レースパトロールヴィデオを見ている審議員からすると、あの程度のことは「毎度」なのだ。あれを一々審議対象にしていたらレースが進行しない。横から見ていると気づかないが、正面から見るとあんなことばかりなのだろう。


 問題となるのは4コーナーや直線の、着順に影響のある、いわゆる「勝負所」であり、それ以前の位置では、多少強引なことをしても審議対象にはならない。たぶんそれが競馬というものなのだ。
 初めてパトロールヴィデオを見たとき感じたのは、「こんなによれているのか」だった。みんなあっちにふらふら、こっちにふらふらで、まっすぐ走っていない。


 反則にならず許されるのなら、誰もがやることになる。
 内枠に逃げ馬がいるとする。逃げなければ味のない馬だ。ところがせっかくの好枠を引いたのにスタートダッシュがつかない。そこに同じく逃げないと味のない外枠の馬が強引に被せてくる。こちらはスタートダッシュがついていた。前をカットされ馬上で立ちあがるほどの強引なカット。しかたないので手綱を引き後方からの競馬になる。こうなっても、たまに「差して新境地」なんてこともあるが、ほとんどの場合「殿のまま」になる。


 これが「戦法」として成立するなら誰もがやる。すると勝負はスタートがポイントだ。内枠のその逃げ馬を買う人は、スタートダッシュがついて単騎で逃げられるかどうかが肝腎になる。スタートダッシュさえついて単騎逃げに持ち込めればどの馬よりも速い。その外の逃げ馬を狙う人は、内枠の馬がたまにあるようにスタートダッシュがつかず、狙いの馬がそれに被せてカット出来るかどうかが決め手になる。絶対的スピードでは内枠の馬にかなわないが、あちらの鼻を叩いて先頭に立てればこっちのものだ。勝負は競艇のようにスタート命のレースになる。


 スプリンターズステークスのアストンマーチャンなんかそうだった。中舘が好スタートを切っただけで近くにいた一部の集団からものすごい歓声が沸いていた(笑)。何事かと思ったほどだ。彼らにとってはそれが最重要課題だったのだろう。事実、好ダッシュを決めた彼女はあやういところなく華麗に逃げ切った。全員馬券を取った彼らが口にしていたことからも、そういう読みと勝負をしていたことがよくわかった。
 エビナの逃げ馬なんか本命にしたらスタートで手に汗握ることになる。ゲートが開いて1秒で終わる競馬。心臓に悪い。


 極端な逃げ馬でない限り、それなりの位置取りに対応できる。という解釈から、スタート直後のあのていどのラフプレーは問題にならないのだろう。長い距離を走る競馬の最初の100メートルでの位置取りだ。本当は問題にすべきとしても、そこまではやってられない、が正直なところか。そこはそれ、競馬も格闘技だとわかっておもしろい。
 でもメイショウバトラーとアドマイヤスバルの騎手が逆だったら、力関係からすこしはもめていたようにも思う。


 三十五年も馬券をやってきて今頃なにを寝ぼけたことを言っているのだと笑われそうだが、とにかく競馬を馬で語りたく、人間関係を考えないようにしてきたので、こういうことに関して私は初心者である。視点を絞らないと競馬という大渦に振り回されて何も見えなくなる。
 事実、私と逆の騎手や厩舎の人間関係から馬券勝負をしている人は、馬の強さや美しさになんの興味も持たない。「賽子」としか見ていないのだ。彼は馬券は私よりも上手だろうが、あれで何が楽しいんだろうとも思う。話しているとかなしくなる。


 逃げ馬を買って外れたときも、上記のようなこと(他馬による強引なカット)を知っても、「スタートダッシュがつかなかったことがわるいのだ」と解釈してきた。長年そうして生きてきた。だから続けてこられた。
 しかし今回のパトロールヴィデオを見たりすると、枠順や騎手の力関係によるカット、その後の位置取りを真剣に考えねばと思えてくる。
 それは進歩なのだがよいことばかりでもない。馬券購入の方法に多くの要素を詰め込んだからといって、それで的中率があがるものでもない。


 東京新聞杯でアポロノサトリがローレルゲレイロと並んで先行したとき、多くの識者は、アポロノサトリ後藤がローレルゲレイロ藤田を援護していると解釈していた。援護まではともかくあの展開がローレルゲレイロに利したのは事実だろう。結果としてローレルゲレイロは勝ちアポロノサトリは最下位だった。まるでトップ引きである。

 だが条件馬のころから好きだったアポロノサトリを買っていた私は、「よおし、後藤そのまま逃げ切れ」と興奮していた。あのレースを見てこの程度の解釈しかできない男はあまり馬券によけいな検討要素を導入しない方がいいようだ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

騎手、関係大ありだと思います、ただし騎乗技術云々よりも強力な縁故関係、コネ、ツテ、引き、贔屓などです。
同僚の騎手の援護とか意地悪はあるのでしょうが、はっきりとした根拠がないので何とも言えません。
これは一般社会でもあることなので否定はしませんが。
私はパドックも見られませんし、見たとしてもわからないので昔から馬券は騎手で買う主義です。
馬の名前はすぐに忘れますが、騎手の名前や得手不得手はよ~く記憶しています。

No title

武豊騎手ですが、抜きんでた騎乗技術があるから良い馬の騎乗依頼が多いのか、それとも有力な競馬関係者のコネが
関係しているのかわかりませんが、どちらにしても相乗効果で好成績をあげているは間違いないです。
では優秀な馬に並みのランキングの騎手が騎乗すると良績を残せないのでしょうか。
もちろん調教師も馬主も少しでも勝つ可能性を高めるため実績のある騎手に騎乗させたいでしょう。(以下続く)

No title

去年の秋の天皇賞からメイショウサムソンは石橋守から武豊に乗り替わりました。
メイショウサムソンは2005年7月31日小倉競馬場の新馬戦での2着以来昨年の宝塚記念2着までの18戦すべて石橋守が騎乗しています。
1着8回、2着5回、3着1回、4着2回、5着1回、6着1回、7着以下はなし、掲示板をはずしたのは3歳時のJC1回のみ。
昨年の秋の天皇賞から有馬記念まで武豊は3回騎乗、1着1回、3着1回、8着1回、掲示板をはずしたのは1回のみ。
石橋騎手の18戦と武騎手3戦のレースレベルが違うので一概にはいえないのですが、双方の成績に遜色はありません。

No title

石橋騎手は重賞成績に限ればランクが低い騎手です。
デビュー戦の2005年7月31日~本日まで、石橋騎手のメイショウサムソン騎乗以外の芝の重賞成績は32戦1着1回、3着1回、複勝率6.2%。
同期間のメイショウサムソン騎乗以外の武騎手は136戦1着38回、2着16回、3着15回、複勝率50.7%。
メイショウサムソン騎乗以外では歴然とした差があります。
ところが同期間、単勝7番人気以下の馬に騎乗した両者の成績ですが、武騎手は7戦して最高4着、複勝率ゼロ、
石橋騎手は29戦して1着1回、3着1回、複勝率6.9%。
武騎手が低人気の馬に騎乗するのは非常に珍しいです、たくさんの騎乗依頼から騎乗馬を選ぶ立場にあると聞きましたが、
義理やお付き合いなどでどうしても断り切れない事情があるかもしれませんので公平とは言えませんが、この成績を見る限り
石橋騎手のほうが良績を残しています。

No title

ちなみに同期間、7番人気以下での勝ち数ベスト3、1位は後藤浩輝42戦1着4回、3着2回、複勝率14.3%、
2位は松岡正海54戦1着3回、2着3回、3着1回、複勝率13.0%、3位は柴山雄一54戦1着3回、2着2回、3着4回、複勝率16.7%。
誰かさんが嫌いな蛯名正義64戦1着2回、2着3回、3着2回、複勝率10.9%、6位となっています。
武騎手より下のランクの騎手でさえ騎乗数は多いとはいえ、複勝率は10%を超えています。
これを見る限り、武騎手と他の騎手の騎乗技術、勝負勘には巷で言われるほど大きな差がないように考えています。
仮にディープインパクトに石橋騎手や蛯名騎手が騎乗したとしても武騎手の残した成績と大差はないのではないでしょうか。
個人的には新米の減量騎手が騎乗しても重賞で何勝かはできたのではとも思います。

No title

騎手と競馬関係者との血縁関係、コネ、仲の善し悪し、利害関係の詳細は不明ですが、7番人気以下の低評価でも年間を通して
複勝圏内にコンスタントに入ってくる騎手が技術、勝負勘ともに優れたベストジョッキーだと確信しています。
武豊騎手のように毎度毎度上位人気(=有力馬)に乗れば勝てるのは当然でしょう。
やはり武豊は別格、JRAも人気騎手に傷を付けたくないだろうし、決定的な反則でもしない限りお咎めなしってことですか。

No title

今調べてみたら、武騎手のメイショウバトラー騎乗が11回目なのですね。
慣れた馬とはいえ、あんなに急激に割り込みってできるんですか。
私もこのブログを読んでJRAのHPでパトロールフィルムを公開していることを知りました。
テレビと違い正面から見ると強引に割り込んでますね、車の急ハンドルじゃあるまいしあんなに急激に馬が動けることには驚きました。
プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。