スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念トリガミ記──一日の収支はプラスだけれど……

なにもかもがうまくいったような、じつはすべて最悪の展開だったような、よくわからん私の宝塚記念馬券話。



 予算が1万円しかなかった。話にならない。正確にはジャパンネットバンクに手数料を取られるので9800円だ。
 とはいえ資金難は毎度のこと。これを土曜日に増やせばいいのだ。だが勝負レースが見つからない。
 やりたいのは中山メインの船橋ステークス。狙いはサクラミモザ。そろそろ勝つ番だ。でも相手がわからない。人気馬でいいと思うが大波乱もあるだろう。3連単フォーメーションを組んでみるが、なにか抜けているような気がして不安になる。なら単複か。8.6倍ある。複勝は2倍から3倍。全額単勝と言いたいがそこは慎重に。単勝3千円、複勝7千円でどうだ。勝ってくれると4万円。ほどよい宝塚記念資金になる。複勝だけ的中だとほとんど元だが勝負を明日に持ちこせる。

 パソコンの前で勝負か否かと唸っていたが購入に踏みきれないままファンファーレを聞く。そして直線でのあの事故。脚がぶらんぶらんになっていた。すぐに薬殺だろう。なんとも痛々しかった。
 買っていたら馬券はハズレ。宝塚記念が出来なくなったが、それ以上に後味の悪い思いをしたろう。大好きな馬が命を断たれるのに、馬券がハズれたことを怨んでしまうからだ。あの脚いろなら勝負になっていた。頭もあったろうし、複勝はぜったいに固かった。なのになんで事故を起こすのだ、よりによっておれが勝負をしたときに、と恨めしく思ってしまう。買わなくてよかった。すなおに手を合わせられた。



 日曜のどれかで資金を増やさねばならない。
 候補は中山9レース、汐留特別。阪神10レース、尼崎ステークス。どちらも大本命がいて少頭数。100倍程度の3連単でも500円当てれば5万になる。それが狙いだ。
 ふたつにひとつ。迷った末、勝負は汐留特別にした。降級の本命馬ヒシカツジェームスがいる。断然人気。頭はこれで決まりだ。この時期の競馬は現級で頭打ちの馬が降級して人気になり、それでもあっさり勝つ。連続二桁着順の馬がだ。ヒシカツジェームスは現級の1000万条件でも3着、5着、2着2着ときわどい勝負をしている。ここは楽勝だろう。1着固定の3連単にする。

 狙いは大井の御神本が乗ってきたマルタカシクレノン。戸崎、御神本、張田、南関の騎手が乗ってきたら狙える。6番人気もほどよい。ヒシカツジェームス1着固定、マルタカシクレノン2、3着固定の3連単。万が一を思い2頭軸の3連複も買う。宝塚記念が出来るかどうか、ここに懸けた。ハズレたら見学になる。そうなったらそうなったで焼酎でも飲みながらテレビ観戦しよう。
 ラジオ日本で聞いた。ヒヤッとした。御神本が勝ちそうになったからだ。2、3着でいいのだ、エビナ、早く差せと祈る。
 なんとか届いたようだ。いやはや参る。それでも、これで宝塚記念が出来るとほっとする。すこし残念だったのはオッズ確認を午前中にしたものだから、そのときヒシカツ、マルタカ、コスモソーンの3連単は220倍あり、10万越と思ったら130倍まで落ちていたことだ。ともあれ131倍の3連単500円、30倍の3連複千円的中で資金は9万を超えた。これでやっと宝塚記念を楽しめる。



 もうひとつ幸運があった。
 このレースで勝ったから阪神10レース、尼崎ステークスはもう勝負する必要はない。もともと宝塚記念以外はやりたくなかったのだ。資金が5万もあれば午前中に買ってしまい、昼から酒を飲みつつ宝塚記念を愉しみたかった。それがないから、資金を増やすための苦慮の策としての勝負だった。
 それでも1万が10万近くになったのだからイケイケで勝負かと思う。勝つのは九分九厘1番人気のカワキタフウジンだろうが、2着3着もある。よって3連単フォーメーション。3-3-6の24点買い。千円ずつ買ってみようかと思う。乗ってるときはイクベシなのだ。配当も充分にこれで勝負になる。汐留特別とこの尼崎ステークスのどちらで勝負するかは最後まで迷った。もしも尼崎ステークスの発走が先だったら、こっちをやっていた可能性は高い。


 勝ったのは福永のマゼラン。これは頭に入れておいたが、武豊が絶妙の逃げで2着に粘った。ワンダームシャは無視した馬だ。1番人気カワキタフウジンは3着。こちらを勝負レースに選んでいたら大外れ。宝塚記念は見学だった。

 汐留特別で稼いでいたから、ここを買ってハズれてもたいしたことはなかったが、本番への志気に影響する。ハズれるレースに手を出さず、勝ったまま宝塚記念を迎えたのはいい気分だった。
 土曜に勝負しなかったこと、勝負に汐留特別を選んだこと、尼崎ステークスを買わなかったこと、幸運が続いている。宝塚記念はもう的中した気分だった。



 今年の宝塚記念は「女王ブエナビスタ対最強4歳世代の対決」と煽られている。

 数日前にもう馬券は決めていた。どの馬から買おうかと考えている内に答が出た。好きな馬を応援するという基本路線だ。スポーツ紙を読んでいると「ブエナビスタに昨秋の充実はない」と下り路線の評価が目立った。一方4歳勢は最も充実する「4歳秋(むかしの5歳秋)」に向けて上昇一途だ。中でもルーラーシップの評価が高い。名血が本格化したと。


 たしかにあの金鯱賞は強かった。本来ならこれを本命にしてブエナビスタは2着3着づけが正解だろう。あるいは消しもありだ。でも「好きな馬を応援する」の原点に戻れば、私はダイナカールが嫌いだったし、その娘のエアグルーヴも応援していなかった。ここでルーラーシップを本命にするのは気が引ける。

 ブエナビスタは、あの「伝説の新馬戦」こそ観戦のみだったが、2戦目からは常に3連単1着固定で馬券を買ってきた。その記録もヴィクトリアマイルの日、IPATのIDを忘れるという大失態で途切れてしまったが、今回もそれで行くのが筋ってもんだろう。
 馬券を当てたくて「3連単ブエナビスタ2着づけ」を買おうと思ったことが何度もある。それまでのブエナビスタ惜敗レースもそれを買っていれば当たっていたから、その誘惑は強烈だった。それをなんとか拒み続けてここまで来た。ここでぶれたら哂われる。ましていま昨秋の力はもうない、と落ち目を言われているのだ。ここで応援しなかったらファンじゃない。数日前からいつものよう「ブエナビスタ1着固定3連単」で行くと決めていた。

 土曜夕方。東スポを買う。清水成駿さんが「ルーラーシップ本命。ブエナビスタは限りなく無印に近い△」と予想していたので益々自信を深める。ブエナビスタ本命、ルーラーシップは限りなく無印に近い△だ。
 相手は手広く8頭。56点買い。トリガミもあるがそれは覚悟の上。勝つのはブエナビスタだが、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、トゥザヴィクトリー、ローズキングダムの最強4歳勢以外でも、アーネストリーがいる。ナムラクレセントがいる。ハートビートソングやトーセンジョーダンが来てもおかしくない。
 これを千円ずつ買い残りは3連複フォーメーションをブエナビスタ中心に組んだ。たいしてつかないので3連複だけの的中だとトリガミになるが先程の汐留特別でのダブル的中のような例もある。昨日までだと買い目は同じでも100円ずつだった。汐留特別的中のおかげで千円単位になったのがありがたい。
 購入したのは14時半。急いでつまみを作り、酒の用意をしてテレビの前にすわる。



 結果、アーネストリーが勝ちブエナビスタは2着。3着エイシンフラッシュ。
 20倍の3連複が千円的中した。9万5千円買って2万円の払戻しだから大トリガミだが、元々は1万円だった。一日の収支では1万円のプラスになる。それはまあそうなんだけど……。


 ブエナビスタの馬券を買えるのもあと3戦ぐらいか。ずっとこの買いかたをしよう。もうトウカイテイオーの時のような後悔はしたくない。損得ぬき。意地だ。たとえそれで金銭的に損をしても時が経てばそれは豊潤な香りをはなつ想い出となる。それでいい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。