スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランプリボス、8着!──セントジェームズパレスS

 「セントジェームズパレスS・G1」(14日・英アスコット)

 若き日本のマイル王は規格外の王者に跳ね返された。欧州のトップマイラーが集う大舞台で、デムーロ騎乗のグランプリボス(牡3歳、栗東・矢作)は8着に敗退。序盤は好位を追走したが、最後の直線で脚を伸ばすことはできなかった。矢作師は「ニューマーケットでうまい調整ができたかなと思ったが、リラックスし過ぎているかなという感じもあった。ファイトすることなく、反応しないまま終わった」と悔しさをにじませる。優勝はフランケル(牡3歳、英・セシル)でデビューから7連勝となった。(デイリースポーツより)

--------------- 

 いまニコニコ動画で見た。リアルタイムで見られることを知らず、友人のメールで知り、1時間遅れで見た。
 アスコットの深い芝で、よくがんばっていた。お疲れ様。どこも悪くしていないといいけど。先行したので何度も「グランプリボス」という名が呼ばれてうれしかった。

 私が自分の足で歩いてヨーロッパの芝の深さを知っているのはイギリスのアスコットとフランスのロンシャンぐらいだが、とにかくもう日本の芝とはぜんぜんちがっている。
 そのことでいつも思うのは、欧州の馬は日本の硬い馬場がこわいだろうということだ。欧州勢から抗議されてJC前日にコースに水を撒いて軟らかくし、それをファンには知らせないなんてJRAのやりかたは言語道断であり、初めてそれを知ったときは怒り心頭だったのだが、自分の足で彼我の差を知ってからは、気持ちとしてはわかるようになった。とにかくちがいすぎる。あれでは「馬が壊れる。こんなところは走らせられない」とゴネる気持ちもわかる。
 着順は、勝負にならないとわかった時点でもう追うのを止めていたからたいしたことではない。きっと故障もない。



 海外に挑むホースマンはえらいと思う。
 タケシバオーもスピードシンボリも無理して挑む必然性などなかった。
 日本で賞金を稼いでいれば安泰だったのだ。

 完璧な成績により今でも評価の高いシンザンとその関係者だが、シンザン陣営には危険を冒してまで日本代表として海外に挑む気など毛頭なかったという批判が存在している。昭和40年代にそれを読んだときは納得した。納得したからこそ敢えて挑むシンボリに感動したものだ。



 海外に挑む利はさほどない。それは今もかわらない。
 世界一賞金の高い日本で稼ぐのが安全で確実だ。
「スマートファルコンする」のがいちばん効率がいい。

 日本で的鞍を選んで賞金を稼ぎ、安全な道を歩めば、サクラバクシンオーの後継者として種牡馬になることもほぼ確定しているし、 なんの問題もなかった。
 なのにグランプリボス陣営は茨の道を選んだ。
 この時期に渡英し、 イギリスのチャンピオン・フランケルに挑んだ陣営の勇気に、心から敬意を表したい。

 競馬の回転は早い。しかもいまはグローバルだ。
 やがてフランケルの仔とグランプリボスの仔が対戦する日も来よう。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。