スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジロ牧場解散──メジロの思い出──天皇賞

 名門オーナー牧場の灯が消える-。史上初の牝馬3冠を達成したメジロラモーヌなど数々のGI馬を生産、所有してきた有限会社メジロ牧場(北海道虻田郡洞爺湖町)が、5月下旬までに解散することがわかった。(夕刊フジ)
 同牧場の岩崎伸道専務が26日、本紙の取材に対して「解散の方向で動いていることは間違いありません」と認めたもの。原因について、岩崎専務は「成績不振と、競走馬の賞金で牧場を運営していくことに限界を感じたためです。まだ借金もありませんし、誰にも迷惑をかけないきれいな形で解散しようということになりました」とコメントした。
 関係者によると今夏にデビューする2歳馬は大半が売却済みだが、JRA所属の現役馬36頭や、1歳馬、繁殖牝馬の今後に関しては未定。洞爺湖町と北海道伊達市に所有している牧場については、「何らかの形で有効活用」(同専務)される見込み。
 メジロ牧場は1967年、馬主の北野豊吉氏が北海道伊達市に設立。吉田善哉氏の社台ファーム、和田共弘氏のシンボリ牧場と並んでオーナーブリーダーの草分け的存在だった。開業当初から続々と重賞ウイナーを送り出し、82年にはメジロティターンが天皇賞・秋を制覇。91年にはティターンの産駒、メジロマックイーン(所有名義はメジロ商事株式会社、生産は吉田堅氏)が天皇賞・春を勝ち、祖父メジロアサマ(70年天皇賞・秋)からの「父子三代天皇賞制覇」の偉業を達成した。86年にはメジロラモーヌが桜花賞、オークス、エリザベス女王杯を勝ち、史上初となる牝馬3冠に輝いた。90年代初頭にはメジロマックイーン、メジロライアン、メジロパーマーの“同期三羽がらす”がGIを席巻、競馬ブームを牽引する存在だった。(4/26 サンスポ)


---------------

 だいぶ前から知っていた。それまでに自分なりの「メジロの馬の思い出」を書いておこうと思っていた。とはいえ仁義として正式発表前にそういうことに触れてはならない。「らしい」と聞いたときもショックだったが、こうして公になった記事を読むとまたあらたな感慨がある。
 とはいえそれは初めて知ったときも「まさか!」ではなく「やはり……」だったから、ショックの形としては、なんとなく物悲しい、諦念のようなものだった。古き良き時代の終焉である。

 しかしまた「ほんとにそれは古き良き時代なのか」と問われると自信がない。私は枠連しかなかった時代や、限られた種牡馬だけが活躍していた時代や、冠馬名は嫌いである。メジロの馬はそういう時代の象徴だった。だから「良き」かどうかは問題だが、オールドファンにとっての「ひとつの時代の終り」であることはまちがいないだろう。



 ちょうど天皇賞ウィークである。創業者である北野豊吉オーナーは天皇賞を最高の栄誉とした。
 メジロアサマ(秋天)、メジロムサシ(春天)、メジロティターン(秋天)、メジロマックイーン(春秋2回)、メジロブライト(春天)の5頭が優勝している。アサマはシンボリ牧場、ムサシは鍋掛牧場の生産馬なので、オーナーブリーダーとしての優勝はティターンが最初になる。マックイーンも正式には繁殖牝馬を預けていた浦河の吉田牧場で生まれているが、これはまあ預託だからメジロ生産馬であろう。また馬主名義も北野オーナーとメジロ商事名義で勝負服がちがったりしているのだが、些末なことなのでどうでもいい。

 シンボリの和田さんと一緒にパーソロンを輸入した北野さんは、和田さんが生産したパーソロンの仔のアサマで天皇賞に勝ち、そこから自分も牧場を持ちたくなる。それが後のアサマ、ティターン、マックイーンという三代による天皇賞制覇に繋がって行く。
 北野さんが亡くなったのが1984年。ティターンが秋天に優勝したのは1982年だった。数数の名馬を所有したオーナーブリーダーに「一番嬉しかったこと」なんて聞いたら失礼だが、精虫がすくなく種牡馬失格だったメジロアサマをなんとしても成功させようと頑張り、たった19頭の産駒の中から、ティターンが父アサマに次いで親子二代天皇賞制覇を成し遂げたこの日が、北野さんは一番うれしかったのではないか。享年80歳。あと7年長生きするとマックイーンによる三代制覇が見られた。



 あのころ、私にとって春の最大のレースは天皇賞だった。よく喩えられる言いかたに「ダービーは高校野球の甲子園、有馬記念はプロ野球のオールスター戦」というのがある。私が一番好きだったレースはオールスターの集う有馬記念であり、次が天皇賞だった。クラシックレースで一番好きだったのは菊花賞だ。皐月賞やダービーでしのぎを削ってきたライバル達の最終決戦。
 若駒のクラシック戦線は不確定要素が強い。菊花賞が終ると実力が確定する。逞しい実力派古馬が集うのが春の天皇賞だった。皐月賞馬、ダービー馬、菊花賞馬、それぞれが一堂に会する。私は運よくクラシックレースを勝った馬よりも、そこで惜敗した馬が、古馬となって充実し、その借りを天皇賞で返すようなパターンが好きだった。

 競馬の仕事をするようになって知ったことに、「競馬サークルの関係者はダービーを最高峰としている」がある。騎手、調教師、厩務員、生産者、誰もがダービー制覇を夢見ていた。それは有馬記念や天皇賞を最高としてきた素人競馬ファンの私には信じがたいほどの偏りだった。今はそれがすなおにわかるけれど。



 そうして時は流れ、菊花賞や天皇賞に代表される長距離は価値を落とした。イギリスのダービー馬がセントレジャーに出ず凱旋門賞に向かうように、日本の若駒の有力馬も菊花賞を無視して天皇賞秋を目標にするようになってきた。私もまたいつしか長距離レースに興味をなくしてしまった。マイルや2000メートルのほうがおもしろい。いま「××年の春天の優勝馬は?」と問われると考えこんでしまう。それほど興味のないレースになった。むかしはあんなに好きだったのに……。

 今上天皇の誕生日4月29日に開催されていた春の天皇賞は、1990年(平成2年)から該当する週の日曜日開催となった。4月29日は「みどりの日」という意味不明の祝日にされてしまったが、その後なんとか2007年に「昭和の日」に改名されて現在に至る。



 天皇賞はいつから日曜日開催になったんだっけと調べて1990年と知る。もう21年も経っているのか。メジロの馬が最後にG1を勝ったのは朝日杯FSのメジロベイリー。これが2000年。しかし朝日杯FSなんてのはG1とは言い難い。八大競走に限ると1998年のメジロブライトの春天が最後か。

 とりあえずメジロベイリーをG1馬と認めるとして、メジロのG1馬を知っている競馬ファンは、最低でも2000年から競馬をやっている人になる。4月29日が天皇誕生日の祝日であり、その日に開催されていた春天を知っている競馬ファンとなると、1989年まで溯らなければならない。
 昭和は遠くなりにけり、か。

 今回、メジロ牧場の閉鎖と聞いて感慨にふける人は、それなりのオールドファンということになる。基本は私のような昭和人間だが、マックイーンとトウカイテイオーとの一騎討ち、刺客ライスシャワーとの対戦等を知っているファンでも、これらは91年、92年、93年にかけてだから、二十歳で競馬を始めたとしても、四十歳になっていることになる。



 天皇賞春が古馬最高の栄誉だった時代。
 天皇陛下の誕生日に開催されていた時代。
 スタミナたっぷりのステイヤーこそが最強馬と考えられていた時代。

 なにもかもが変ってしまったが、メジロ牧場は、日本競馬のひとつの時代の象徴だった。
 それだけはまちがいない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。