スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三強の日経賞──244万馬券の中山牝馬ステークス

ひさしぶりに馬券をやった。

日経賞は3頭の競馬としか思えない。
かといって3連単ですら10倍程度の馬券にどう参加するのか。
人気通りのトゥザグローリー、ペルーサ、ローズキングダムという3連単1点にするか、と思う。
好きなローズキングダムは不調で調教師も弱気だ。

しかしこんなレースで「なんのかんの言おうとやはり強かった」とローズキングダムのような馬が1着になる競馬をさんざん見てきた。G2勝ちのトゥザグローリーよりも秋天2着だけのペルーサよりも、G1・2勝、ダービー菊花賞2着のローズキングダムは遙かに格上なのだ。
なら世間の逆を行ってローズキングダム1着の3連単を、とも考える。でも調子はほんとにわるそうだ……。

悩みだすと切りがない馬単3連単は諦めて、3頭の3連複2.5倍を見学料として払う手はある。
3頭しかないと思っているのだからこの2.5倍はおいしいとすら言える。見学料として払った金が2.5倍になって返ってくるのだ。
最後まで悩んだのは、これを買うかどうかだった。
結局、ケンにした。
それはつまり、自分はそういう馬券を買うタイプの馬券ファンではないという結論だった。


トゥザグローリーが格上のレース。強くなった。こういうのを実が入ったというのだろう。
ローズキングダムも先を行くトゥザグローリーに早めに並びかけ一騎討ちという王者のレースをしたが、逆に引き離され、後ろからきたペルーサにも差される3着だった。今日のレースを見る限り、もうトゥザグローリーには勝てないのではとすら思えた。

武はなぜあんなにも堂々とした王者のレースをしたのだろう。前回の消極的な騎乗を批判されたからか。ローズキングダムこそが4歳最強なのだという誇りだったのか。
私にはなぜかかなしいプライドのように思えた。今の体調ではなにをやっても勝てそうにない。ならせめて王者のレースをしよう、という……。
鞭も入れず楽々と抜けだして行くトゥザグローリーに、必死に鞭を入れながら追い縋るローズキングダムは、なんだか落日の王者を見ているようでみょうにせつなかった。

3歳の精力地図は古馬になるとがらっと変る。
1番人気のヴィクトワールピサを破った新馬戦、無敗で制した朝日杯FS、ローズキングダムは2歳3歳時が華だったのか。くりあがりで征したJCが最後のG1制覇になるかも知れない。あまりにライバル達の充実ぶりが著しい。対戦成績で勝ち越しているヴィクトワールピサだが、今後はどうだろう。一方トゥザグローリーは血統通り古馬になって完成されつつある。これからますます充実するだろう。それにしても多士済々の4歳牡馬だ。ルーラーシップもいる。
「競走馬が最も充実するのは5歳秋(今の4歳秋)」という格言を信じて競馬をやってきた身には、なんとも楽しみな世代である。



私はあまりにこの格言に毒された世代なので、近年の高齢馬の活躍についてゆけずにいる。むかしは8歳(いまの7歳)になっても走っている馬などめったにいなかったし、いたら「年老いた馬なのにかわいそうに」と思われ、馬主は「老齢馬を酷使する鬼」のように言われた。そんな私だから8歳(むかしで言うなら9歳!!)のカンパニーを秋天の1着馬の欄に入れることはできなかった。

さすがにこのごろは慣れてきたが、それでも「5歳秋(今の4歳秋)が最強の季節」という思い込みはあるので、そういうメンバーが集う今年の秋天やJC、有馬は今から楽しみだ。 
テイエムオペラオーやゼンノロブロイのような「充実の5歳秋」を体験する馬はどの馬なのだろう。 


大震災以後初めて参加する馬券は阪神で行われる中山牝馬ステークスにした。阪神最終の12レース。
これだと3連単1番人気でも100倍以上。
いつものフォーメーションで買い、取らぬ狸の皮算用で20万馬券を取った気でいた。

ラジオで聞いた。
いつもはノイズだらけの短波放送だ。中山府中はもちろん関西も、最終レースの実況は、むかしJRAからもらったちいさな短波ラジオに窓際で耳を寄せる。と書くとものすごく惨めなようだが、私はけっこうこの情況を楽しんでいる。自分の本命が直線でごちゃごちゃになったあたりで、聞こえなくなり、ラジオを叩いたりすることが多い。本命が連を確保したのか4着に落ちたのかヤキモキするのも、慣れてくるとけっこう愉しかったりする。いやもちろん本音はパドックから映像で見たいのだけれど。

大震災以降radiko.JPが全国放送になっているとかで、インターネットで聞くことが出来た。明瞭な放送でありがたい。 

狙いの馬の名は一度も呼ばれなかった。
人気薄同士の決着。あまりの大荒れにあっけにとられる。3連複で28万、3連単は244万。

払戻金
単勝141,950円10番人気馬連12-1440,330円91番人気馬単14-1282,970円188番人気
複勝14
12
4
610円
1,250円
1,000円
9番人気
14番人気
13番人気
ワイド12-14
4-14
4-12
10,750円
6,240円
18,270円
93番人気
74番人気
107番人気
3連複4-12-14285,120円464番人気
3連単14-12-42,446,260円3039番人気
枠連6-71,550円6番人気 
 
1着馬3着馬はともかく、2着フミノイマージンは私の机上チェックでは買えない。

過去、私の取った穴馬券はみなパドックで選んだ馬だ。
目の前でフミノイマージンを見たらどうだったのだろう。
私は目をつけることが出来たろうか。 
阪神のパドックにいる自分を夢見た。

いずれにせよ常識的なデータチェックでは100万馬券は取れないことがよくわかった。
でも毎度言うが、決して負け惜しみではなく、こういうかすりもしない完敗は気にならない。痛手として残らない。


と強がりつつ失くした金を惜しんで、これまた大震災後初めての酒をやっていた午後5時。
激しい揺れ。地震。
ちいさな余震は数え切れないほどあるが、地震が平気な私がドキッとしたのは一度だけだった。
今回のは二度目にびびるかなりのものだった。急いでテレビを点ける。
震源地はもろに私の故郷。父母が死んで縁を切った故郷の名をテレビから何度も耳にした。
馬券をやったり酒を飲んだりした罰なのかと反省した。

とはいえ落ちこんでいる日々に、日経賞の3頭がひさびさに楽しみをくれたのは事実。
酒も飲まず馬券もやらずと自粛がいいわけでもない。
来週の桜花賞もやろうと思う。
それでまたレーヴディソールはいないんだと気づき、またすこし落ちこんだ。

競馬に「元気づける」という効果があるとしたら、それはもう華麗な脚で、あのかわいい顔のレーヴディソールが、無敗の桜花賞馬になることだったと思う。悔いてもしょうがないが、いまも残念でならない。 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。