スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホップ、ステップ、転倒ばっか.2──武蔵野で転ぶ

 「G1のない週、中休み」ということだったが、土曜のメイン武蔵野ステークスは、楽しみに待っていたG1以上のG1だった。





フェブラリーステークスでカネヒキリ、ヴァーミリアンを破って新王者となったサクセスブロッケン。1番人気。ダービーでも単勝を勝って応援した好きな馬だ。結果は最下位だったがああいう競馬ロマン(ダートで全勝。追加金を払っての出走)はいい。無前提で応援する。東京ダートは2戦2勝。本番はJCダート、ここは餘力を残して走る、という予想もあるが、阪神1800よりは府中1600の方が向いているだろう。勝つ気だと判断する。


前走は盛岡の南部杯で2着に敗れた。王者としてだらしない。だが勝ったのはエスポワールシチー。これまた大好きな馬。いい馬だ。まさにダート路線は群雄割拠。英雄乱舞。今回いなくて残念なのはエスポワールシチーとウォータクティクス。





2番人気はマチカネニホンバレ。ダート5連勝でトップに立った。ダートのスターホースにはこれがあるから楽しい。5連勝目の札幌マリンステークスは日本レコード勝ち。そのあと、しらかばSで惨敗をし味噌をつけたが前走の新潟で開催されたエルムステークスで3歳の俊英トランセンドを破って復権した。東京ダートは4戦4勝。1600は3戦3勝だ。しかも1分35秒台を2回記録している。信頼できる強豪だ。





トランセンドは、新潟ダート1800麒麟山特別をすごいレコードで勝ち、一躍新星出現と話題になった。次いでレパードステークスも同タイムで圧勝。これでダートは4戦4勝。その勝ちっぷりの鮮やかさから私も大物出現と注目した。


エルムステークスではマチカネニホンバレを抑えて1番人気。結果は4着。しかしこれは持ち前のスピードを活かして一気に行ってしまえばいいのに、内田がスローペースに合わせ大事に乗りすぎたから、でもあった。もっとも先々を考えたら一本調子の先行ではなく相手に合わせる乗り方も試してみたかったろう。ミスとばかりも言えない。その内田はG1馬サクセスブロッケンに乗り今回は松岡。松岡は前々走の新設3歳ダート重賞レパードステークスでは、内田の代役(イギリス遠征だっけ?)でトランセンドに騎乗し、しっかりレコードと同タイムで勝っている。このときの乗り方が迷わず先行する戦法だったから、今回トランセンド本命の当方としては松岡への手代わりはマイナスではない。3番人気。





4番人気に大井のジャパンダートダービーを勝ったテスタマッタ。このとき1番人気で負けたのがスーニ。しかし馬主は同じ。吉田勝己夫人の吉田和美さん。吉田一族はこんなところがすごい。そのスーニは火曜日の名古屋でJBCスプリントを勝っている。古豪ヴァーミリアンもJBCクラシックを3連覇してG1最多の8勝。まことにまことにダート路線はおもしろい。今回の鞍上はフランスのスミヨン。うまい騎手だ。





このジャパンDDで私が本命にしたのがシルクメビウスだった。2番人気で2着。シルクメビウス1着固定3連単勝負のハズレだったから、前記テスタマッタは怨みの馬になる。


関東の田中博康騎手が関西の領家厩舎との縁で花開いたのはこれまた好きなドラマ。その前のユニコーンステークスで重賞初制覇。うれし涙が清々しかった。この馬と騎手にはそんな感情も入っている。前走のレパードステークスではトランセンドに次ぐ2番人気で5着、しかも10着降着となったが鞍上は吉田豊。今回は田中にもどっている。シルクメビウスは田中だ。前走の負けから人気も落としている(最終的に7番人気)ので絶好の狙い目。レパードステークスをトランセンドとシルクメビウスの3連単1、2着固定でハズした当方としては重視。





5番人気はワンダーアキュート。レパードステークスではトランセンドの5着と完敗だったが、その後オークランドレーシングクラブトロフィ、シリウスステークスを連勝してきているこれまた期待の3歳馬。東スポ本紙予想の渡辺さんは、サクセスブロッケンやマチカネニホンバレではなくこのワンダーアキュートを本命とし、その根拠を俊英揃いの3歳馬だが古馬との混合重賞シリウスステークスを勝ったのはこの馬だけ。実力一番、としていた。鞍上は連勝した和田竜二に代わってアンカツ。これがこわい。マチカネニホンバレの札幌での日本レコード勝ちも安藤。トランセンドでも連勝している。ダート馬を語るときアンカツは外せない。(今回も結果はそうなる。が、この時点では知る由もない。)





伏兵としてワイルドワンダー。前走は昨年のJCダート。10着大敗、10カ月の休み明け。人気はない。しかし東京ダートとは抜群の相性。4.1.1.1。東京ダート1600は全走複勝圏内。鞍上が嫌いなエビナなので不満だが一昨年エビナでこのレースを2着している。この馬に関する限りエビナも信頼できそうだ。往々にしてこういうコース適者人気薄が絡む。岩田なら3連複の軸にしたいぐらい気になる。





その岩田は3歳牝馬のラヴェリータに乗ってきた。これまたダートは6戦5勝3着1回。ダート適性抜群の馬だ。川崎の関東オークスを勝っている。前走芝にも未練を持ち、秋華賞トライアルのローズステークスに出走したが大敗した。今後はダートに専念するだろう。鞍上岩田と未知の魅力からか6番人気に押されている。オッズを見たとき意外だったのがこの馬の人気だった。今回唯一迷った点になる。気になった。押えるべきか。だが私はこの馬の可能性よりも、伏兵として実績のあるワイルドワンダーを選んだ。ラヴェリータには時計がない。3歳牝馬だから一気に詰めるかも知れないが、すべてに手は出せない。ここは目をつむる。こういう決断で成功したことも失敗したこともある。これは性格だ。かといってもいつもいつも新星よりも実蹟馬を認めるわけでもないのだが、今回はラヴェリータよりもワイルドワンダーを重視した。





同じく好きなネイキッドも今回は消す。東京ダートは1回走り6着だが1分35秒台で走っているから狙い目はある。でも絞らないと。芝からのサイレントプライドも3歳時に走った東京ダートは意外にうまく、なにより好きな馬だから大穴としておもしろいが、ここまで手は伸ばせない。いやはや目移りする魅力ある馬ばかり。G1以上のG1である。








6枠に1、2番人気のサクセスブロッケンとマチカネニホンバレが同居した。大井で枠連をやっていたところなので、「むかしの枠連しかない時代なら、この枠を見てがっかりするところだな」と思う。枠連しかない時代ならこの6枠は無視できない。ゾロ目ですら超低配当だ。穴党には6枠消しという楽しみがあるが、たとえば「サクセスブロッケン消しのマチカネニホンバレ勝負」なんて思っていた人は、(枠連しかない時代なら)この枠を見て愕然としただろう。そんな時代もあった。





枠連しかなかったとするなら、魅力的なのは3枠だ。ワンダーアキュートとワイルドワンダーという穴馬が同居している。どちらかが2着に来そうだ。私なら、3-6は買わねばならないが、3-8を勝負馬券としたい。





『日刊競馬』の柏木さん、本紙の飯田さんはともにマチカネニホンバレ本命だった。アブナイと思う。このふたりの本命重複はよくないのだ。ふたりの本命が分かれ、「どちらかの本命から抜け目の△」が穴馬券の妙味になる。つまり、柏木さんの本命から、柏木さんは無視している飯田さんの△、あるいは飯田さんの本命から飯田さんが無視している柏木さんの△、のように買う。結果、柏木さんも飯田さんもハズしたが、ふたりの予想のいいところを取って当てる、という馬券。この「ふたりの本命が重なったときは来ない」「抜け目で穴」はかなりの馬券戦略なので興味あるかたは試してみるといい。すごいのが当たったりする。


ならおまえはなんでやらないのか、となる。やっていた。戦術のひとつとして。しかし私の場合、「柏木さんの本命から柏木さんが無視している飯田さんの△」で勝負したら、結果は「飯田さんの本命が勝ち、2着が飯田さんが無視した柏木さんの△」だったりすることが多く、あまりの自分の勘の悪さに封印した。





東スポの本紙予想・渡辺さんはワンダーアキュート本命だった。私は一目置いている予想家の予想は、なにを本命にしていたかや▲を何にしたか、はチェックするが、その目をそのまま買うことはない。だが今回の渡辺さんのワンダーアキュート本命はかなり意外だったので注目した。その目も検討した。渡辺さんの3連単馬券は、ワンダーアキュート頭の相手6頭の30点勝負。押えにワンダーアキュート2着固定の10点、計40点勝負だった。一瞬、「たまには誰かの予想に乗ってみるのもいいな」と思った。渡辺さんのこの40点勝負に丸々乗ってみようかと一瞬考えた。


相手6頭の中に△でダイショウジェットが選ばれていた。もしも渡辺さんの予想を詳細に見ていなければ、私は今回の武蔵野ステークス、ダイショウジェットという馬が出ていたことすら記憶になかったろう。渡辺さんの予想を詳細に検討し、ダイショウジェットを選んでいたことが印象的だったから、ゴール前、白帽子が伸びてきたとき「ああ、渡辺さんの選んでいたダイショウジェットだ」とわかった。そしてこの3連単大穴馬券を渡辺さんが取ったと思い、いや3着のエビナワイルドワンダーを消したのではなかったか? とドキドキしつつ東スポを手にした。私は渡辺さんの予想には乗らず自分の予想をしたから、渡辺さんが当たろうが当たるまいが関係ないのだが(笑)、こういうのも競馬の楽しみになる。渡辺さんは2着にダイショウジェットを選びつつも3着ワイルドワンダーを消してハズしていた。もしも私には珍しく予想家の予想に全乗っかりをしていたとしてもハズした馬券だった。





私の馬券はトランセンド本命。本線はトランセンド1着固定の3連単。相手は前記の馬。これを主に、2着固定の3連単を押え。保険にトランセンド1頭軸の3連複を手広く組んだ。その種のことを教えてくれるメールマガジンによると、関東の専門紙では3紙がトランセンド本命であり、専門紙の本誌担当の予想ではいちばん多かったとか。専門紙本紙担当者の虎の威を借りるつもりはないが、センスのいい予想と思えた。トランセンドという馬のダート能力はずば抜けていて、そりゃあサクセスブロッケンやマチカネニホンバレという東京ダートに実績のある古馬がいて、しかもトランセンドは東京ダートは初なのだからだいぶ信頼度は落ちる。3番人気は妥当だろう。いやそれでも期待されすぎか。この予想には自信があった。潜在能力はいちばんと思えた。


サクセスブロッケン、マチカネニホンバレという実蹟馬には負けるかも知れない。それでも3着。いや両馬が最高の状態にあるようには思えない。なら今回は先着するだろう。ワンダーアキュートやテスタマッタ、シルクメビウスの大駆けがあって負けるかも知れない。それでも2着。もしかしたらサクセスブロッケンやマチカネニホンバレが消えて、これら3歳馬同士の絡みになり、3着にワイルドワンダーが突っこんできての大穴……。妄想は脹らむ。どうシミュレーションしても私には「松岡で先行して、能力を出しきったトランセンドが複勝圏を外すことは考えられなかった」のである。相手を絞った3連単がハズれても、手広く行った3連複は絶対に当たると信じていた。そしてその保険の3連複も人気馬2頭が消えたら充分に高配当だった。








結果は言うまでもない。先行して能力を出しきり、勝つにせよ負けるにせよ複勝圏内は絶対確実と思ったトランセンドは不可解な後方からの競馬をした。直線追いこんでの6着。安藤ワンダーアキュート楽楽の逃げ切り。追いこんだダイショウジェット、ワイルドワンダー。3連複10万、3連単68万馬券。トランセンドだけを見ていた私はただの一瞬も盛りあがれない惨めな競馬だった。あまりのショックに熱が出て寝こんだので、この位置取りに関して松岡がどうコメントしたのか未だに知らない。あれはどういうことだったのだろう。大井でこつこつと枠連で増やした時間が水泡に帰した。そもそも2着のダイショウジェットを完全無視していたのだからどうしようもない。なにをどう組み合わせても当たらない馬券だった。しかしそれとこれとは別だ。トランセンドが3着以内ならダイショウジェットを撰べなかった自分を悔いたりする。それ以前の問題。展開が違っていた。わくわくすることすら出来なかった。ホップ、ステップでジャンプできなかった。転倒ともちがう。立ち止まり、だ。ホップ、ステップ、立ち止まり。跳んですらいない。せめて跳びたい。跳んで転倒してもいい。みっともない記録に苦笑してもいい。跳ぶことすら出来ない立ち止まり。








深夜、ガバと起き上がる。寝こんでいるときではない。月曜の時点での少額資金、つまり原点の金額を残していることに気づいたのだ。こんなこともあるかもと、私はプラスになった金額をつっこんでいた。すべてが水泡に帰したわけではない。一週間が無駄になり月曜の時点に戻っただけなのだ。それだけで充分腰の抜けるかなしい出来事だが抜けた腰を入れなおし私は雄々しく立ち上がった。強風の中、いまにも消えそうなロウソクの火ではあれまだ希望が潰えたわけではない。馬券なんて100円あれば逆転は可能なのだ。実際私は、資金3万円を残金100円まで追いこまれたが、枠連15倍を1点で当て、そこから5万円まで増やしたことがある。そのあと5万円全額勝負をして、けっきょく0になるのだが、100円から5万円まで戻したのは事実。





明日はアルゼンチン共和国杯。自信がある。しかし資金はない。あまりにない。残金は小学生の小遣い程度。ならその前に増やす。狙いは10レースの赤富士ステークス。東京ダート2100メートル。私の数少ない得意コース、得意距離のレースだ。これで原点に戻ってしまった資金を増やし、アルゼンチン共和国杯にぶっこむ。このジャンプが決まれば窮状はふっとぶ。今日の負けも笑い話になる。勝負師は最後に笑えばいい。私は緻密に赤富士ステークスの検討を始めた。メインは自信がある。勝負はここで資金を増やせるか否かにかかっていた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。