スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホップ、ステップ、転倒ばっか.1──大井なる助走

 すくない資金を丁寧に丁寧に増やす。土曜の中央競馬に向けて平日の大井競馬。南関はむずかしい。実力馬、人気馬はそれなりに安定して走ってくれるが単勝がくるう。


中央の場合、1、2番人気が絡み、2着3着の穴に10番人気、のようなパターンが多い。南関の場合はいきなり人気薄が頭に来ることがある。それがここ4走、ずっと後方からの追走で精一杯、二桁着順なのに、いきなり逃げきったりするからタチが悪い。器のちいさいバクチでは大荒れはそんな形になる。



フォーメーションの組み方がむずかしい。南関の3連単はフォーメーションより2頭軸マルチの方が効率がよい。それでもやはり馬券は1着を決めて勝負したい。などとこだわるものだからハズれてばかりいる。


10番人気が1着。2、3着が2、3番人気。2、3番人気を1、2着に固定したフォーメーションで3着候補に10番人気は入っている。でもハズレ。私には10番人気を頭にしたフォーメーションは組めないから、こういうのを当てたいと思ったらマルチしかない。でもそれは「3連複なら的中」ということである。そう、パドックで馬体を見て購入する私は、3連単はへたでも「3連複は巧い」のだ。このささやかな自信が後に繋がる。






今回は日本の競馬の原点に戻り「枠連」勝負をしてみた。枠連には日本競馬だけの「代用」がある。3連単百万馬券も枠連は代用同士で20倍程度だったりする。





大井初日の56万馬券。





でも枠連配当はこれ。






同じく初日の690万馬券。初日は派手に花火があがる。だがそれを読み切り、こんなのを当てるのは至難の業。あたりまえ。だからこその高配当。馬柱を見ていると「ぜったいに買えない馬券」とあらためて確認する。中央の場合はどんな大穴でも「買えたなあ」と思う。思える。去年の秋華賞の1千万馬券なんて典型だ。地方競馬にそれはない。






でも枠連はこんなもの。1000分の1。これを「3連単なら690万なのに、枠だとたった6千円だ。バカらしい」と思うか、「あんなもの当たるはずがない。なのに枠連なら取れる。ありがたい」と思うかの差。すくなくとも南関に関しては「枠連があってよかった」と思うことが多い。






大きくは儲からないが地道に確実に増やす、という点では枠連は意味のある馬券だ。ただし低配当だから高配当馬券に慣れた身にはつまらない。そこが我慢のしどころ。


軸枠を決めての枠連3点勝負。4倍、5倍、8倍の4倍が来たりする。まずは的中。馬連も5倍、3連単も30倍程度だから諦めもつく。これでいいのだ、とひとりごちる。


4枠抽出の枠連ボックス6点。馬券を始めたころはこれが主戦法だった。これはかなりの確率で当たると思う。なにしろ8つしかない枠の4つを選んでいるのだ。なのに当たらない。それが競馬。それでもなんとか2勝1敗ペースで的中して地道に増やす。6点買いで8倍を当ててもなかなか資金は増えない。たまに15倍を当てたりするともうガッツポーズ。





地方には「枠単」というすばらしい馬券がある。大好きだ。軸が固いと思ったときはこれにした。軸から3点、裏を抑えて6点。これは裏が来ると50倍、時には万馬券にもなる。かなりの破壊力だ。


地道にそれを繰り返す。枠単で行きたいがふと不安が過ぎり、我慢して枠連ボックスにしたら人気馬がこけ35倍(枠連にしてはかなりの大穴になる)が的中したりする。ほっとする。欲ばらなくてよかった。


なかなか一点買いが出来ない。3.2倍と4.5倍の二点勝負。一点なら3.2倍の方だ、これ一点にすべきだったか、度胸のない男だ……と悔いつつ見ていると4.5倍で決まる。よかった、一点買いにしなくて。少額とはいえあとのない勝負。これはこれで充分に興奮できる。


順調に増えてきた最終レース。思いきって得意?の3連複勝負。フォーメーション13点。ここで負けたらこれまでの地道な枠連勝負も水泡の泡。ドキドキもの。混戦のゴール。1、3着は買っている。2着はあったよな、と急いで確認する。あった。それが68倍。3連単でも当たっていた。当たるときとはこんなもの。でも枠連で増やしてきたなけなしを3連単勝負には出来なかった。ともあれこれで明日からが楽になった。





そういうことを慎重に数日間繰り返して、月曜の時点での資金を金曜までに5倍に増やした。元金が些少なのでたいした金額ではない。つかれた。へとへとになった。以前そういう暮らしを試みたことがあるので自信を持って言えるが、ギャンブルで食うというのはちっとも楽しくない。必ず心が壊れる。まともな人間のやることではない。


とりあえず私にとってG1である土曜の武蔵野ステークスを勝負できるだけの金額が出来た。

------------------------------





大好きな筒井作品。こんなダジャレで登場させるとは夢にもおもわなんだ。でもダジャレとはいえ登場させられてしあわせ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。