スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビダービー実況──青嶋「高低差200メートルの坂!」

 フジテレビのダービー実況で青嶋が、府中の直線を「高低差200メートルの坂」と言ったと話題になっていたので、ほんまかいなと録画を見直した。

 するとほんとに言っている(笑)。「残り400を切った。高低差200メートルの坂」と。まちがいない。ちょっとその高低差はキツいんじゃないか(笑)。

 青嶋の実況のくだらなさには何度か触れているが、とにかく「早口大会」──「私はこんなに早口でしゃべっても噛みません」になっているのがゴミだ。間の価値がわかっていない。
 
 でも私は、これは「ただの言いまちがい」だから、たいしたことだとは思わない。リアルタイムの一発勝負だから、こんな間違いは誰にでもあるだろう。人間だもの(笑)。

 こんなことはどうでもいいのだ。問題は彼の「実況に対する美意識」である。レース中にひとつでも多く言葉を淀みなく流すことこそ最高の実況と思い込んでいる彼のそれこそが問題だ。
 それは以下に書いた。 

kanren6
フジテレビ青嶋アナの実況から青嶋アナのセックスを想像する──高速ピストンが命(笑) 



---------------

【追記】──特番では消されていた(笑)──6/23

 いま「第80回日本ダービー完全舞台裏」というのをネットで見た。いつ放送されたのだろう。つまらん番組。見たくない部分は適当にとばしつつ見たが、実況だけは真剣に聞いた。だって「高低差200メートル」を聞きたいもの。

 すると青嶋のダービー実況から、「残り400」のところで不自然に音が切れ、「高低差200メートルの坂」の部分が消されている。あれは青嶋にとってもフジテレビにとっても汚点らしい(笑)。
 べつにいいけどね。一発勝負の実況だもの、そんな失敗はある。それはそれで味わいだ。
スポンサーサイト

レープロ「名馬の肖像」──安田記念はアグネスデジタル──「万能の凄玉」に隠された秘密──暗号解読で1点的中!

 安田記念のレープロ「名馬の肖像」はアグネスデジタル。
 ここに隠された暗号を繙く。

アグネスデジタル0001
































「万能の凄玉」か。なんか、かっこいいな。凄玉か、う~む、むかしどこかで読んだような。あれはなんだったろう。

 主張されているのは「アグネスデジタルがダートも芝も距離も万能だった」ということ。

 となれば、スプリンターのロードカナロアが、マイルもこなして優勝すると読める。

「香港で勝つ」とある。香港で勝っているのはロードカナロアのみ。勝ち馬はロードカナロアでまちがいない。



 しかし1番人気であり、馬券的に、それだけでは弱い。もっと稼ぎたい。
 2着馬はなんなのだ。なにかヒントはないのか。

 あった。「万能」である。万能、オールマイティ、ショウナンマイティ。

 よって馬券は、ロードカナロアの単勝。馬単は「ロードカナロア→ショウナンマイティ」の1点勝負。

 これで単勝400円、馬単2570円、的中!



 競馬は簡単だな。JRAはこんなにも親切に当たり馬券を教えてくれている。
 これに気づかないやつはバカだ。

 こういう暗号を解読してたっぷり儲けているひとも多いのだろう。うらやましい。

安田記念引き分け記──ダークシャドウ本命で撃沈──が枠連のおかげで

戸崎がJRA騎手としてG1制覇するときは絶対に当てたい。
 と願う私にとって最高の舞台となった。大好きなダークシャドウと戸崎だ。絶好の狙い目である。オルフェーヴルが完勝した産經大阪杯でも勝負してハズした。
 しかしそれはここに到る序章。ここを勝って大団円。思えば戸崎のJRA初G1制覇がリアルインパクトの安田記念だった。ここを勝って安田2勝目である。

 相手はもちろん内田グランプリボス。戸崎のG1勝利を大井の先輩の内田が2着して祝う。頭の中にその絵が出来ている。なんか当たりそう。思わず頬が緩む。
 以下のような3連単10点勝負。なんだかこれの大的中で今春の負けをすべて取りもどし、一気にプラス決算になる予感。わくわくする。

 不安と言えば、ターザン山本さんや爆笑田中等複数の私にとっての〝逆神〟がダークシャドウを推していることだった。それは気になった。ほんとに気になった。逆神がみなダークシャドウ本命なのだ。しかしそれを言うなら〝逆神の単枠指定馬〟清水成駿さんがロードカナロア本命だ。これは心強い。もしも清水さんまでダークシャドウだったら私は諦めた。いや買うけれど、その時点で的中はないと諦めた。しかし清水さんはロードカナロア。ロードカナロアにダークシャドウが勝つと信じよう。

image964
















 結果、スプリント王ロードカナロアが1番人気で勝った。マイルG1を勝って秋への展望が拡がる。スプリント、マイル完全制覇か。
 スプリントG1ではいつも本命にしてきた好きな馬だし、安田調教師が大好きだから、心から祝福するが、岩田の騎乗はひどかった。あれは罰金で済むレベルではない。

2013yasudakekka
 直線、トップに立つかという緑帽子の戸崎にわくわくしたが、伸びず6着。それよりも内田グランプリボスが岩田に閉じ込められ、出口なし状態で沈没していたので、早々と負けを覚悟した安田記念だった。



 ダービーに続いて清水成駿さん的中かと確認したら、ロードカナロア本命だがショウナンマイティが抜けだった。清水さんらしい。単勝1,3番人気での馬単2570円はおいしいけど、むずかしいなあ。私には買えない。

 結局このレースの馬券の肝は、「ロードカナロアを3連単の1着固定に出来るか否か」だった。私は大好きな戸崎ダークシャドウがいなかったとしても、それは出来なかったように思う。グランプリボスやカレンブラックヒルやサダムパテックに行ったろう。まあそういうのが基本姿勢だからしょうがない。

2013yasudahaitou





 と、毎度の完敗のはずだったが、パドックを見ていたら軽視していたショウナンマイティの気配が抜群にいい。すごい。満点だ。ショウナンの馬は好きではないのだがそれとこれとは別次元。ダークシャドウが負けるとしたらこの馬だと思う。かといってこれをアタマにした3連単を組んでいる時間はない。よって急いで枠連を買い足した。先週と同じパターン。3連単がハズれてもこれで補填できる金額を買った。

2013yasudawakuren



 これのお蔭でまたも引き分け。もう昭和の競馬ファンとして枠連に撤するべきなのか。
 先週もそうだが、この枠連7.5倍はつきすぎ。枠連しかない時代だったら4倍を切るかというオッズだ。みんなが3連単で一攫千金を狙うので忘れられたこの古い馬券はおいしいことになっている。これはこれでありがたい時代なのか。

 もしも時間があって、ショウナンマイティ1着固定3連単フォーメーションを組んでいたらハズレである。枠連といういいかげんなものに助けられた。しかしまあ浜中、へたな騎乗。勝っていたレースだ。ショウナンマイティが気の毒になった。いや根源は「岩田の斜行」なのだが……。



 来週のエプソムカップで東京開催は終りかと思っていたら、今年は、というか「今年から」、あと2週延びたんだな。宝塚記念は最終週の府中で観戦しよう。四強との今までの関わりから言ったら、私はゴールドシップで行くのが筋なのだろう。
プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。