スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬券考──1頭軸流し3連単マルチにふさわしいレースは!?

00baken.gif今日初めて1頭軸流し3連単マルチというのをやってみて、この馬券購入法にふさわしいレースはなにかと考えてみた。



ポイントは、大外れだったのに悔しくなかったことである。それどころか凱旋門賞に向けて、オルフェーブルの順調な発進を心から祝福する自分がいた。

今回のやりかたでもしもハズれて悔しい形になるとしたら、オルフェーブルが4着以下に消えて、狙いのダークシャドウ、トウカイパラダイスが1、2着したのに、3着に無視したヒットザターゲットが来て大万馬券(調べると77万のようだ)になった、というような場合である。この結果になると「大本命オルフェーブルを軽視して大穴を狙うのだから、もっと手広くゆけばよかった」と悶々としたことだろう。ヒットザターゲットを加えると爆笑田中の予想と同じ90点買いになっていた。それがイヤで60点にしたのだが。

しかしそんな大波乱はなく、オルフェーブルが順当に勝ち、2着3着もそれなりの馬で3連単16倍という低配当であり、軸にした馬が5着だった。口惜しさのカケラもない。



このことから、「大好きな馬が絶対的本命の時に買う」という案が出る。
大好きなゴールドシップの天皇賞で、ゴールドシップが馬券対象から消えることを想定して買うのだ。すると、ゴールドシップが勝ったら馬券はハズれたけど大喜びし、4着以下になったら、それはそれで馬券配当で歓べるということになる。

と考えて、やはりちがうよなあ、と思う。ゴールドシップが勝つときは頭固定で当てたい。勝ったら歓ぶし、馬券も当てたい。低配当で儲からなかったとしても、それはそれでいい。やはりこっちが本筋だ。

この場合、ゴールドシップが大敗して馬券がハズれてもまったく悔しくはない。一緒に心中したのだから。
悔しいのは、ゴールドシップが見事な勝ちかたをしたのに、2着、3着に来た人気薄馬をハズしたときだ。ここに消した人気馬が来ても、それは悔やまない。馬券勝負であり、配当を狙うために勝負したのだから。
悔やむのは、迷った末に消した人気薄馬が見事に来たときだ。これは尾を引く。

やはり好きな馬が大本命のときは、その馬と心中するのが正しい馬券方法だろう。
ということでこの案は却下。



となると、こういう60点買い、あるいは90点買い(私にこんな多点買いが出来るだろうか。まだ疑問)で勝負するレースは、「好きな馬が本命馬ではないレース」ということになる。

嫌いな騎手や嫌いな馬主の馬が単勝1倍台になっているレースだ。これだと、ひたすらその馬が4着以下になることだけを願ってレースを観られるから、気楽に楽しめるように思う。その馬に快勝されたら、それはそれで覚悟の上の馬券だから悔いもない。

しかしこれだと、快勝されたときに、その反動でますますその騎手や馬主が嫌いになって行く。競馬を楽しむためには、なるべくそんなものを作らないほうがいいのだ。けっこういるけど(笑)。
どうもこの方法は後味がよくないように思う。



なら、「よくわからないレース」がいいかも知れない。G1級のレースではなく、午前中の未勝利戦のような、馴染みのない馬ばかりのレースだ。ここにもよく前評判から断然人気の馬が出てこけたりしている。これだと前記のような騎手や馬主への怨みも増大しないし、最適のように思う。

しかしこれだと1点を200円にしたとしても、なにしろ90点買いだから18000円になる。負けると午前中から落ちこみ、なんとか取りもどそうと焦ることになる。それが叶わなかったらメインレースを涙目で観ることになる(笑)。

そしてそれ以上にこういうレースにはデータがない。まだ2戦しかしていない馬ばかりだったりして、そのうちの唯一前走で2着した馬が断然人気になったりするのだが、それを消して挑むための「1頭軸」を何にしろというのだ。パドック派だったむかしならともかく、IPAT100円馬券師の今、そんな穴馬を見つけるのはどうにも無理である。これも穴狙いをするとしたら、1頭軸流しよりもフォーメーションであろう。

なら最終レースか。これだと競馬はそれで終りだし、勝っても負けてもすんなり諦められる。メインレースを買わずに観戦したなら、損得もないし、気分的にも穏やかだろう。しかしここは120倍ぐらいの3連単を3-3-7フォーメーションで取る私には相性のいい場である。どうにも「1頭軸マルチ3連単90点買い」って場ではない。



今年はクラシックトライアルがめちゃくちゃだし、追い掛けている馬もいないから、桜花賞、皐月賞でやってみるか。しかし両方とも「絶対的な馬」はいないから、そんな場合こそフォーメーションの出番だろう。
さてさてどうしたらいいものか。一度この戦法で高配当馬券を取ってみたいものだ。
スポンサーサイト

産經大阪杯完敗記──1頭軸マルチ初体験

前々から爆笑問題田中が東スポでやっている「1頭軸相手6頭マルチ3連単90点買い」というのをやってみたいと思っていた。しかし90点買いってのは私の美学?に反しているし、なにより狙いの馬が3着以内に入ればいいってのもイヤだ。やはり1着固定がいい。と思いつつ、やってもみたい。でもなかなかそんなレースもない。



今回、これをやってみる絶好のチャンスではないかと思った。
まず、JC以来のオルフェーヴルに取りこぼしの可能性があること。
そして、絶好の狙い馬がいること。
やりたいけどやれなかった私にこんなチャンスはめったにない。
初体験することにした。

絶好の狙い馬とはダークシャドウ。大好きな馬に大好きな戸崎が乗ってきた。最高である。 
どう考えても3着以内にはくる。
そしてもしもオルフェーヴルが消えたら……。



image9351頭軸相手5頭のマルチ。20×3の60点買い。

馬に印をつけるなら、◎オルフェーヴル、○ダークシャドウ、▲トウカイパラダイスになる。オルフェーヴルが勝ち、ダークシャドウが2、3着に入るという低配当馬券でいいのだが、もしかしたらのスケベ心も含んでいる。



先行するダークシャドウとトウカイパラダイスにわくわくする。
しかし結果は5着、4着、後ろから来たオルフェ、エイシン、ショウナンに交わされてしまった。
戸崎の先行策を支持するが、結果的にはショウナンのようにオルフェマークの後方待機のほうがよかったのか。

1着オルフェーヴル、2着ショウナンマイティ、3着エイシンフラッシュ。3連単16倍。



しかしこのろくでもない戦法、狙いの馬を1頭観ているだけだからかなり気楽。
それが3着以内は無理とわかると諦めも早いので、これまた気楽。
癖になりそう。

でもあらためて言うが、つまらん戦法である。
もっとも、私の好きな3-3-7なんてフォーメーション30点買いも、つまらんともくだらんとも言える。なにしろアタマを3頭も入れている。このマルチ流しを嗤えない。
そのうちまたやってみたいが、なかなか適当なレースにも出逢えないだろう。 



オルフェーヴルには失礼な買いかたをしたが勝って欲しいとは願っていた。
池添は来週からフランスか。うまくそれが凱旋門賞での騎乗に繋がり、日本馬初の、というハッピーエンドにつながるといいが。

来週は桜花賞。人気は割れるだろう。
テスコガビーの春が懐かしい。 「名馬の肖像」でテスコガビーをやってくれないかなあ。昭和50年はむかしすぎるから無理か。でも願えば夢は叶うからな。諦めず願うことにしよう。

ドバイ──ジェンティルドンナ、2着。よくやった!

有料放送のグリーンチャンネルが無料で見せてくれるという。
午前2時過ぎ。がんばって起きていて、観た。
2着。

今日は将棋の「電王戦」があった。
残念ながら人間が負けた。
イヤな予感はあった。

といってジェンティルドンナ2着を負けとも思わない。
アウェイの地で、若い娘で、人気に応えての2着はたいしたものだと思う。

とはいえこの「2着だから立派」というのは、「枠連馬連の軸」という発想に慣れた日本人独特のものであり、やはり勝負事は勝たねばならない。負けた2着は批難されてしかるべきものなのである。

てなことはともかく、ジェンティルドンナ、よくがんばった。
立派な2着だったよ。



いつも21時就寝、3時起床なのに、がんばって26時20分のジェンティルドンナのレースを見た。
これはこれでがんばった快感。しかし疲れた。 

---------------

【追記】──一夜明けて

gentildonnaimage934











 2着の赤い帽子。直線、岩田猿踊りで勝った馬に激しく迫るが差は縮まらない。ゴール前では逆に突き放されている。完敗である。

だらしない敗戦だと厳しい意見が多いようだ。
日本酒を飲みつつ観た私は「よくがんばった」と書いている。
あらためて映像を見ると、がんばったと誉めてやるよりJC馬としてだらしないと怒るべきなのかもと思う。
でもリアルタイムで観た酔っ払いの感想は「よくがんばった」だから、そのままにしておこう。 

フジ競馬中継──吉田豊サンカルロのことを〝木刀〟後藤に質問する大島麻衣の無神経(笑)

フジの競馬番組は一応録画しているがレース部分しか見ない。当日は、見ると不快になるので発走まではラジオを聞いている。

ふと気まぐれで(とりあえず当たった餘裕もあって)3月24日、高松宮記念の録画を見てみた。
するとロードカナロア本命の大島麻衣が対抗に吉田豊のサンカルロをあげ、この馬についてゲストの後藤に質問していた。

〝木刀〟後藤の「吉田制裁事件」は競馬ファンなら誰でも知っている。私は後藤支持である。
興味のあるかたは調べてください。「後藤、吉田、木刀」でヒットすると思います。

後藤は当たり障りのないおとなの対応をしていた。「馬はいいけど、ちょっと鞍上がね」とか言って顔をしかめたほうがおもしろかったのに(笑)。机の下から隠しもっていた木刀を出すとか。



レギュラーになったときから案じていたとおり、大島は持ち前の頭の良さで暴走を始めているようだ。
この日もサンカルロを対抗馬にしたとき、「みなさんご存知かも知れないですけど、この馬は高松宮記念で2回2着になってるんです」なんて言っていた。大島以上に競馬を知らない人だと「えっ! そうなのか!」となるかも知れないが、この番組の視聴者にそんな人はどれぐらいいるだろう。理系の大学生に「九九は出来ますか」と問う小学生のようだ。

大島は頭がいい。勘もいい。でももっといいと、「ギャンブル番組では薄っぺらな知ったかぶりは反感を招く」と判るのだが。惜しい。半端な頭の良さは悲劇だ。

「ロンハー」で「かまとと」とか「腹黒」と言われているように、この番組でも「かまとと」を演じたほうが視聴者には受けるだろうに、なぜか「背伸び路線」をやっている。それを指摘してやるブレーンもいないのか。気の毒に。
もっとも「知ったかぶり」はMCのアナからしてそうだから、この番組の持ち味かな(笑)。



井崎大島のコーナーを省くだけで、もっともっと有意義な競馬情報が流せるだろうに。
ま、見ないからどうでもいい話。

高松宮記念引き分け記──薄氷のちょいプラス──レープロのビリーヴ

高松宮記念のレープロ「名馬の肖像」はビリーヴ。見出しは「この道を行く!」。

’13表4/0301ビリーヴ0001
「道」は「Road」で「ロードカナロア」、「行く」は「GO」で「ダッシャーゴーゴー」か。じゃあ安田厩舎の2頭でまちがいない。わかりやすい暗号だ。

故・高本公夫さん風に推測するなら、この種の暗号は「JRAを司る最高級頭脳集団の中枢が作成」となるのだろうが、案外日々の酒代にも困るような貧乏コピーライターが書いてんじゃねーの。(ロードがLordなのは知ってるからつっこまないでね。)



ということで、「ロードカナロア1着、ダッシャーゴーゴー2着、3着ドリームバレンチノ」70倍と、「ロードカナロア1着、2着ドリームバレンチノ、3着ダッシャーゴーゴー」36倍の3連単2点をたっぷり買った。これで決まるはずだ。低配当だが2点勝負なら十分好配当。

あとは抑えに馬単を、ロードカナロアからその2頭に流す。低配当だからあまり期待しない。2番人気のドリームバレンチノで5.6倍。ダッシャーゴーゴーで12倍。あくまでも3連単が決まらなかった時の保険。



それで儲けるつもりだったが、ちと不安になり、さらにまた保険として3連複を買うことにする。

1着にロードカナロア、2着にダッシャーゴーゴーとドリームバレンチノというフォーメーション。3着に……だいぶ悩んだ結果「全頭」にした。とんでもないのが飛び込んできた時の保険になる。するとこのフォーメーションが29点買いにもなってしまった。こんなに3連複を買ったことはない。しかも断然人気の馬が軸だ。配当順に並べてみると、上のほうは10倍台がずらり。取りガミばっか。これはなあちょっと……。かなり愚かな馬券になる。でもまた逆に配当のいいほうから並べると、この並びでも万馬券がかなりある。来るわけはないと思うが、万が一のとんでもないのが1頭来た時の保険だからこれでいいかと割り切る。勝負馬券とは額もちがうし気にする必要はない。保険の捨て金。勝負は3連単だ。



結果、ロードカナロア、ドリームバレンチノと1、2番人気の決着で、馬単560円が当たったが、3着に10番人気のハクサンムーンが入り、勝負の3連単が外れた。ダッシャーゴーゴー5着。レープロの裏読みも当てにならない。投資金の7割が3連単だから、低配当馬単が当たってもこの時点では大マイナス。

しかし配当のトリックで、3着が荒れたとはいえ1、2着が人気馬だから3連単ですら270倍でしかなく、せいぜい50倍程度かと思っていた3連複がなぜか113倍もついてくれた。それによって収支はギリギリのプラスとなった。薄皮一枚残ったってヤツだ。

image931













私の買ったこのときだと「11-12-13」の3連複は105倍となっている。
とてもとても浮かれる結果ではなく複雑な気分だが、1番人気の馬単を抑えで取っただけで、ひどい取りガミになるはずが、小銭の万馬券3連複が当たり、わずかではあれプラスになった。もしも3連複を買っておかなかったら回収金は三割程度でしかなく今夜はやけ酒だった。低配当と嘆いているが、馬単のほうだってドリームバレンチノが2着に届かなかったらひどいことになっていた。回収率105%ぐらいのかっこわるい結果を素直に喜ぶことにする。



来週のオルフェーヴルが登場する産経大阪杯を挟んで、いよいよ春のG1戦線が始まる。
今年ほどクラシックトライアルがめちゃくちゃな年を知らない。いやまあデータを並べればしばらく前にもあったのだろうが、すくなくとも近年、こんなわけのわからん年はなかった。牡牝とも軸になる馬がいない。こんな乱戦は何年前まで遡るのだろう。
それはそれで馬券的には楽しみでもある。
いよいよ「競馬の春」開幕だ。

しかしなあ、桜は入学式と桜花賞に似合うのに、今年はもうそのころには桜は散っているのではないか。残っていてもかなりしょぼい。
何十年後かには日本は東南アジアぐらい暑い国になるらしい。なんとも季節感としてはしっくりこない。

弥生賞馬とクラシックの関連──むかしほどの関連はないようだ




















































































































































































































































































































































































































年度 弥生賞勝ち馬  皐月賞  ダービー  菊花賞 註  古馬になって 
1970  タニノムーティエ ○   11着 喘鳴症  不出走 
 1971  メジロゲッコウ  5着 不出走  不出走     
 1972  ロングエース  3着 5着    不出走
 1973  ハイセイコー 2着 2着     宝塚記念
 1974  カーネルシンボリ  不出走 不出走  不出走  春故障   
 1975  カブラヤオー ○  不出走  二冠   
 1976  クライムカイザー 5着 5着     
 1977  ラーキールーラ 2着  15着     
 1978  ファンタスト 10着  不出走    4歳7月に死亡 
 1979  リキアイオー 4着  8着  引退     
 1980  トウショウゴッド  競走中止 不出走  不出走     
 1981  トドロキヒホウ  8着 19着  10着     
 1982  サルノキング 引退       不出走 
 1983  ミスターシービー ○  ○   三冠馬 天皇賞秋 
 1984  シンボリルドルフ  三冠馬  春天、JC、有馬2回
 1985  スダホーク  6着 2着  2着    ミホシンザン
皐月賞菊花賞二冠 
 1986  ダイシンフブキ  7着 引退       不出走
 1987  サクラスターオー ○   不出走 ○   二冠 引退 
 1988  サクラチヨノオー 2着 不出走     
 1989  レインボーアンバー  不出走 不出走  2着     
 1990  メジロライアン 3着  2着 3着     
 1991  イブキマイカグラ 4着 不出走   2着    トウカイテイオー二冠 
 1992  アサカリジェンド 3着 引退      ミホノブルボン二冠
 1993  ウイニングチケット 4着  ○  3着     
 1994 サクラエイコウオー 8着 11着  不出走    ナリタブライアン三冠馬 
 1995  フジキセキ  引退 サンデー産駒
初クラシック 
 不出走
1996  ダンスインザダーク  不出走  2着   菊で引退 
 1997  ランニングゲイル 6着 5着  不出走    サニーブライアン二冠 
 1998  スペシャルウィーク 3着  2着  武豊、ダービー初制覇
セイウンスカイ二冠 
春秋天皇賞、JC 
 1999  ナリタトップロード 3着   2着  ○    
 2000  フサイチゼノン  不出走 不出走  不出走  エアシャカール
皐月賞菊花賞二冠 
 
 2001  アグネスタキオン ○  引退    不出走 
 2002  バランスオブゲーム8着 7着  5着     
 2003  エイシンチャンプ 3着  10着  不出走     
 2004  コスモバルク 2着   8着 4着     
 2005  ディープインパクト  ○ ○  ○   三冠馬 春天、宝塚記念、JC、有馬 
 2006  アドマイヤムーン 4着  7着  不出走    宝塚記念、JC 
 2007 アドマイヤオーラ 4着  3着  不出走     
 2008 マイネルチャールズ3着  4着  5着     
 2009 ロジユニヴァース 14着  ○  不出走    ダービー以後勝てず 
 2010  ヴィクトワールピサ  ○ 3着  不出走    ドバイワールドカップ 
 2011  サダムパテック 2着7着 5着     マイルCS
 2012  コスモオオゾラ 4着 6着  17着  ゴールドシップ二冠   
             

ひとは、競馬を覚えたころの記憶を引きずる。70年代に競馬を覚えた私には「弥生賞=最強のクラシックトライアル」という想いが強くあるのだが、こうして表にしてみると、たしかに70年代あたりは錚々たるメンバーが凄い成績を残している。皐月賞で負けてもダービーを勝っている。これが私に擦りこまれた記憶になる。

ハイセイコーは当然として、年明けデビューで別路線から来たトウショウボーイを負かしたクライムカイザーが弥生賞馬だったというのも強烈な記憶になる。

そしてシービーとルドルフという2頭の三冠馬も弥生賞路線だ。
スペシャルウィークの記憶も強烈である。やはりダービーは弥生賞馬かと思ったものだ。



しかしここ十数年に限れば、三冠馬ディープインパクトを別格にすれば、ロジユニヴァースだけである。
むかしは皐月賞前に中山コースを体験したいと願う関西馬が多く、日程的にも弥生賞はベストだった。しかし現在では、それぞれの方法でクラシック出走権を確保するようになり、弥生賞に出ることに、むかしほどの意義はなくなっているのだろう。また強い馬ならいきなりの中山でも大丈夫であり、足馴らしは必要ないのだろう。
さて今年はどうなるか。
プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。