スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞秋、トーセンジョーダン優勝・池江泰寿調教師のコメント──「当時、大学3、4年生だった」

《秋の天皇賞は指揮官にとって特別な意味を持つ。「秋天を勝ちたかった。
メジロマックイーン(父・泰郎氏が管理)の降着(1位→18着)からちょうど20年。
当時、大学3、4年生だった。少しは気分が晴れたよ」。(デイリースポーツ)》


トーセンジョーダンで天皇賞・秋を勝った池江泰寿調教師の談話。
「当時、大学3、4年生だった」はいただけない。この種のことにはマスコミの捏造もありうるが、いくらなんでも調教師が「大学3年生でした」と言ったのを、記者が直すとは考えられない。調教師が確かにこう言ったのだろう。

大学三年生だったのか、四年生だったのか。それすら覚えていないのか。まことに不可解。あんな大事件に調教師の息子の獣医大学生として接していながら、20年前の自分を覚えていないのか。

あのマックイーンのぶっちぎり勝利から一転しての降着、くりあがり優勝プレクラスニー江田の戸惑った表情。
雨の日。初めて見るGⅠ1着馬降着に、驚きつつも競馬場ではむしろ不可思議な気持ちだった。
後にパトロールビデオを見たときの衝撃。 1コーナー、急激に内に切れこむ武の騎乗に次々と落馬しそうになる騎手たち。あれはすごかった。あんなことをしなくても勝てたろうに、天才騎手を不安に陥れるほど当時の「府中芝2000の外枠は不利」と言われていた。



マックイーンから3万ずつ馬連勝負して(当時は馬連しかない)、もちろん2着プレクラスニーはもっていたから、当たった当たったといい気分だった。なのに長い長い審議。「失格馬が出るらしい」との情報。私は2着のプレクラスニーがあぶないのかと考えた。隣にいた石川ワタルさんに相談する。みんなで競馬場で遊んでいた頃。いつも飲み会は20人も集まる盛会だった。メンバーの誰からもマックイーン失格の話は出なかった。

プレクラスニー失格でも3着のカリブソングも持っているから大丈夫だろうと思う。5馬身ちぎって勝ったマックイーンの失格など夢にも思わなかった。降着の原因はほとんど4コーナーから直線で起きる。ちぎって勝ったマックイーンのことは案じなかった。まさか最初のコーナーであんなとんでもないことが起きていたなんてわかるはずもない。
断然人気、ちぎって勝ったマックイーン降着の発表にどよめく競馬場。一瞬蒼ざめたが、プレクラスニーとカリブソングの縦目を5千円だけ抑えてあった。馬券ベタにしては珍しいハッピーエンド。なんとかチャラにもちこめて安堵したあの日。 たしかきっちり47倍だったから20万円買って3万5千円浮いたのだった。



「衝撃的な時」を語るのにあやふやはよくない。何事であろうと同じだ。きっちり限定してこそコメントも生きる。その「きっちり度合」が本人の衝撃度合いを表す。ディテールが大切だ。
「大学三年の秋でした。悔しくて呆然としました。あのとき、ぜったい調教師になって秋天を勝ってやる! と思いました」
「大学四年の秋でした。ガールフレンドと一緒に見てて、あ、いまの女房です(笑)」のように、限定すべきなのである。そのことによってコメントは光る。

「当時、大学3、4年生だった」
なんともまあ半端だ。
スポンサーサイト

世界大河ドラマ「トウカイテイオー」

たぶんとても有名なもののコピーなのだろうけど、私は今日初めて目にした。おもしろい。
作ったひとは無署名なのか。もったいない。世に才人は多いと感嘆。
まあキャスティングに納得していない部分もあるけれど(笑)発想が秀逸だ。

---------------------------------------------

世界大河ドラマ「トウカイテイオー」 

トウカイテイオー:松平健 
トウカイテイオー(入厩前):神木隆之介 
シンボリルドルフ:高倉健 
トウカイナチュラル:川島なおみ 

リンドシェーバー:シュワルツネッガー 
イブキマイカグラ:西田敏行 
レオダーバン:舘ひろし 
ナイスネイチャ:京本政樹 

ホワイトストーン:水谷豊 
メジロマックイーン:中尾彬 
メジロライアン:江守徹 
レッツゴーターキン:寺島進 
ダイタクヘリオス:さかなクン 
ミホノブルボン:長渕剛 

ビワハヤヒデ:デーブスペクター 
田原成貴:萩原健一 
トウカイポイント:マツコ・デラックス

大井・戸崎圭太騎手、JRA騎手1次試験不合格

JRAの平成24年度新規調教師・騎手免許1次試験の合格者が20日に発表され、調教師は27人、騎手は1人が合格した。



 「過去3年以内に2度、JRA年間20勝」を果たして2次の技術試験を免除されていた戸崎圭太騎手(31)=大井・香取=は、1次試験で不合格となった。
「やることはやったし、悔いはない。来年の受験はまだ考えていないけど、準備はしておくつもり」とサバサバした表情。

「1次をパスした人には、ぜひ2次も受かってほしい。僕はこれまでと変わらず一生懸命乗るだけだし、あした(21日名古屋・スーパージョッキーズトライアル=WSJS地方代表騎手選定競走)もありますから」と気持ちを切り替えていた。(サンスポより)















---------------------------------------------



何年か前に変更されたこの方法をやられたらアンカツや岩田も合格していない。「ひらがなの〝ぬ〟も書けなかった(「最強の法則」のインタビュウより)」というアンミツのように努力して合格する人もいるが、その後の成績はパッとしない。
 

奇しくも、猛勉強で一次、二次試験を突破して合格した初の地方ジョッキーである赤木高太郎の引退が発表された。赤木、柴山、アンミツと、猛勉強して一次から受験した騎手は、残念ながら騎手としての活躍は目立ったものではない。
しかし戸崎は、今までのJRAでの実績からも、すぐにリーディング争いに加われるほどの逸材だった。

「過去3年以内に2度、JRA年間20勝」という高いハードルをクリアする技術、体力、若さ、さらには馬を回してくれる人脈を持ち、そのうえ一次のむずかしいペーパー試験も突破する頭脳も供えた騎手などいやしない。となると、事実上地方騎手のJRAへの転身は完全に拒まれたとなるのではないか。

なぜこんなことをするのだろう。JRA騎手学校卒というシステムを護るためか。
それはそれでわかるけど、戸崎なんてぜひ中央へ迎えて欲しい騎手なのだが。

当然合格するものと思っていただけにおおいにおどろいた。
しかし騎手学校を卒業して落ちてるのもいるな。公平と言えば公平か。

その種の勉強は、小中学校時代も、騎手学校時代もまったくダメだったと告白している藤田なんて、この一次試験をクリアしているのか。いや藤田の時代は卒業すればこんな試験はなかったのだったか。

一次の筆記試験てどんなものなのだろう。ぜひ見てみたい。血統等の常識も問われるらしい。私に解けるだろうか。
プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。