スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジテレビの競馬中継──ミニスカートの女

フジテレビの競馬中継に今年からミニスカートの女が出ている。
レース結果を読みあげる役だ。
初めて出て来たときからカメラは嘗めるように足もとからアップしていった。
そういうことが売りなのだろう。

夏場、出演者がみな浴衣姿になったときも、この女だけはひざ上でぶったぎられたミニ浴衣を着せられていた。
見世物である。女の足はうつくしいし、それはそれでいいが、でもなぜ競馬中継でそんなことをする必要があるのか。

そしてこの女、あきれるほど下手だ。1レースの結果を読みあげるのに3度はつっかえる。ひどすぎる。

しばらくいなくなったのでさすがにクビになったのかと思ったら、今週からまた復活したようだ。
あまりに滑舌が悪いというのは話題になっていたから、休んでいるあいだ特訓したろうに、ぜんぜんうまくなってない(笑)。頭も悪そうだ。無理なのである。女の局アナでいいではないか。なぜそんなにまでしてこの女を起用する。

あまりに不自然なこういう登用を見ると、巷間囁かれる「プロデューサがてめーの女を出してるのか!?」という下賤な推測もむべなるかなと思う。



とはいえ私はいまテレビは一切見ないから関係ない。今日はたまたまワンセグをつけたら、またこの女が出ていたのでおどろいただけだ。実況はラジオで聞くから、この女のつっかえつっかえレース結果を聴くこともない。

いまの問題はラジオのCM。
ラジオ日本を聴いているが、パチンコ屋と創価学会ばかり。気持ち悪くなる。
JRAのあのクラブ競馬とかいうくだらないCMも聴きたくない。私がJRAラジオCMの原稿を書いていた時代はもっとまともだった。競馬のおもしろさ、名馬の思い出をストレートに出すようにしていた。なんか変な方向へと勘違いして走っている。

こちらの悩みはおおきい。逃げようがない。なら実況だけにしぼるのか。
とはいえ、あまり参考にはしないけれど、競馬評論家の推奨馬を聞くのも、それはそれで楽しいし。
スポンサーサイト

フォワ賞予想──相手を絞って勝負!

本命にしようと思っていたヒルノダムールが最内枠を引いてしまった。これは馬群に包まれる可能性が高くかなりのマイナスだ。3.4コーナーで外に持ちだすとしても、馬群をさばくのにかなり脚を使ってしまうだろう。
となると本命はナカヤマフェスタか。こちらは真ん中よりちょい外という絶好のゲートを引きあてた。これなら内外を気にしなくてすむ。強運だ。馬券はここからにしよう。
3連複3連単は伏兵も多く絞りきれない。馬券の中心は馬連にする。相手は最内が心配とはいえ心情的にヒルノダムール。
外国馬は牝馬ながらサンクルー大賞典を勝ったサラフィナ、G1-2勝のセントニコラスアビー。冒険ではあるが以上3点に絞りたい。

---------------



追記──結果──9.11/22.00



私の本命ナカヤマフェスタは4着だった。積極的に逃げてレースを引っぱり、逃げ潰れながらも4着に粘るのはさすがと言える。馬連の軸は外してしまったが、それでも大崩せず掲示板を確保した。これぞ昨年の凱旋門賞2着馬の底力。本番を前に4着は上々の首尾と言えるだろう。
ヒルノダムールは最内枠という不利を克服して2着に来た。これもまた春天勝ち馬の実力である。
本番凱旋門賞を前に、日本代表2頭がトライアルで2着、4着の成績は前途洋洋と言えるだろう。
プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。