スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角田晃一調教師誕生

 角田が調教師試験に合格したと知る。今月末で引退だ。彼の決意を知っていたひとには当然のことでも、昨年もアントニオバローズを応援し、まだまだ現役騎手だと思っていた当方はおどろいた。
 同期のカツハル、テツゾーもまだがんばっている。武やヨコテンは先輩だ。



 騎手という職業はすばらしい。なによりいいなと思うのは「スプリンターにもステイヤーにもなれること」だ。自分で動くアスリートは限定される。兼任は出来ない。筋肉が違う。騎手はなんにでもなれる。馬の脚質により逃げも出来れば後方一気も出来る。さらにはそれを自分で作りなおしたり出来る。私は野球選手にもサッカー選手にもなりたくないけど騎手だけは経験してみたい。なんでそんなに急いでやめるのか。



 角田は強運の騎手だった。重賞勝ち鞍とG1の比率を見れば一目瞭然だ。数少ない「現役ダービージョッキー」でもある。今秋府中であの引退騎手による「ダービージョッキー」が施行されたら断然の優勝候補だ(笑)。



 私にとって鮮烈なのはなんといってもシスタートウショウだが、勝負師としての頂点はヒシミラクルだろう。前年菊花賞の騎乗でジャングルポケットを降ろされた。乗り替ったペリエは見事にJCを勝った。しかも破った相手がオペラオーだ。これで「角田がまともに乗っていればやっぱり菊花賞は勝っていた」になった。屈辱である。ふつうの勝負師だとフェイドアウトしてしまう。ダービー優勝を思い出に……。
 しかし角田は翌年ヒシミラクルで復活する。前年菊花賞を1番人気で負けた騎手が人気薄馬で優勝するまさにミラクルだった。



 難関の調教師試験にすんなり合格するのも強運だ。頭がいいのだろう。騎手関係の仕事を殆どしていない私には数少ないインタビュウをしたことのある騎手だった。フジキセキがいかに強かったかを熱心に語ってくれた。

 強運と賢さで調教師としても成功するだろう。あらたな門出を祝いつつ、もうターフで見られないのかと思うとすこしさびしくもある。あと何レースぐらい乗るのだろう。さて、馬券はどうなるか。

------------------------------

【附記】 最後の府中

 2月13日、土曜。角田が府中に登場。アナが「騎手として最後の東京競馬場でしょう」と言っていた。
 2鞍騎乗。メインはアントニオバローズで1番人気。16頭立て16着。がっかりさせておいて最終、7番人気のダンツクリスエスで1着。穴を開ける。単勝1980円。2着11番人気、同期のカツハル、3着に2番人気で3連単は38万馬券。
 まだ乗れるのになあ、もったいない。

【附記.2】また最終で!

 2月14日、日曜。京都に戻って最終一鞍だけ騎乗。4番人気で1着。単勝1230円。6番人気、5番人気を引き連れて3連単32万。土日で3鞍乗り2勝。
 調教師試験に合格したこと、いよいよターフともお別れだと思うことでのっているのだろう。

 
スポンサーサイト

高木美帆とアンカツ.2

 私は誰と誰が似ているなんてことに鈍い。ほとんど興味がない。でもフィギュアスケートの金妍児(キム・ヨナ)と、高橋克実は似ていると思った。

 同じく15歳の中学生が冬季オリンピックの切符をつかんだと話題になったとき、一目見て「アンカツの娘か?」と思った。そんなことを書くのがブログの目的ではないから昨日まで書かなかったが、見れば見るほど似ているので、同じことを感じているひともいるはずと書いてみた。

 すると当然ながら鈍い私でも思うのだから誰もが思っていることだった。

http://sokkuri.net/alike/安藤勝己/高木美帆


 にはふたりの画像が集められている。



 その中から目元、口元が似ている二枚を選んで並べてみる。まるで親子である。顎の線もそっくりだ。ふしぎだなあ。

 

高木美帆とアンカツ

 冬季オリンピック出場で話題の15歳、高木美帆ってアンカツに似てるよね。顔が。親子でも通じる。見るたびにそう思う。

サクセスブロッケンの馬主

 ダート戦しか走ったことのないサクセスブロッケンが4戦4勝の成績で追加金200万円を払ってダービーに出て来たときは単勝を買って応援した。こういう形の参戦が好きなのだ。まだダービー未勝利のヨコテンがそれでダービージョッキーになるという「物語」もいいではないかと思った。同じ事を考えるファンは多い。3番人気に支持された。結果は18頭立ての最下位だった。



 90年代、ディスプレイはEIZOを使っていた。高いけど高品質で有名な品だった。EIZOは株式会社ナナオのブランドである。3台ほど買った。いまは台湾製の安物を使っている。高級品を買う餘裕がないからだが、品質が向上しそれで充分な時代でもある。

 きょう、ひょんなことからサクセスブロッケンの馬主高島さんをクリックして、ナナオの創業者、元会長と知った。ナナオが石川県の企業なのも初めて知った。親しい友人がいるので石川県はよく知っている県である。もっと早く知っていればもっと熱く応援したのにと思った。馬主の職業がなんであれ馬券とは関係ないし、そんなことにこだわるのは無意味だが、パチンコ屋の社長より好ましいと思うのは正直な気持ち。

横山典弘考.3──武タイプ、福永タイプ?

 武が「名人」、福永が「天才」と呼ばれていた時代、ふたりの個性を表すためによく言われた言いかたがある。「武は2着も5着も同じ。1着になれないとわかったら無理に追わない。その点福永は、5着よりも4着、4着よりも3着と追ってくる」だ。福永のダービー3着カンパーリなどはその一例だろう。

 横山は武型だ。それが彼の美学なのだろう。
 世に横山ファンは多い。あれだけの成績を残しているし、G1だけ参加するような人ならファンになって当然である。だが未勝利戦から下級条件まで参加している馬券ファンとしては、横山の騎乗にたまらんものを感じるのは一再ではない。うんざりしているので一々例を挙げる気にもなれない。解る人には解ることだから先に進む。

 内田は福永タイプだ。すこしでも前に持ってこようとする。内田が中央入りしてくれてどれほどうれしかったことか。今年20勝をあげ来年戸崎が来てくれればよりありがたいのだが大井が手放さないか。地方出身騎手にそのタイプが多いのは、シビアなヤジに囲まれているからだろう。美学の質が違う。前回書いたパドックでの横山の態度はその意味でも興味深い。そしてまた地方出身のアンカツが最近ではすっかり横山タイプになっているのもおもしろい。


 条件戦。先行してこそ味のある馬がいる。対戦相手からも今回はぜったいの連軸候補だ。最悪でも3着は固い。この馬を軸に馬券を組む。3連単、3連複の軸にする。なのに横山はそれを先行させず、後方からトコトコ行き、けっきょく何もせず一周してくる、なんてことをする。最後にすこし伸びて5着。馬券に絡まない。先行すれば勝てなかったとしても3着はあったのに……。
 彼の騎乗にはこんなことが多い。〃馬券生活者〃の梶山徹夫さんも私と同じく横山が嫌いである。毎週缺かさず1レースから参加していると、横山は好きになれる騎手ではない。前述したように、普通に乗れば軸になる馬を先行させず不可解な位置取りをしたかと思うと、人気薄の馬で後方から鮮やかな差しで勝ったりする。彼は気持ちいいことだろう。だけど金を賭けているファンはたまらない。



 だがこういう彼の「美学」によって生まれ変わるカンパニーのような馬もいる。彼の騎手としての美学は文字通り美しいものかも知れない。様々な戦法を試すことは馬にとっても先々に役立つ大切なことかも知れない。あるいは1、2着は不可能と判断したとき、強引に追って3着にならず、5着に甘んじることは馬の脚もとのためにもいいのかも知れない。しかしそのレースに金を賭けているものにとっては、これはストレスが溜まる。レース展開を推理する前に、今回の横山は普通に乗るのか、それとも美学に殉ずるのかを推測せねばならない。わずらわしいことである。それこそG1だけやっていればいいのだろうが……。



「横山典弘考」なんて大仰なタイトルをつけてしまったが私の彼に対する考えはこれですべてである。せっかくのIさんの提案だが横山に注目する気はない。むしろ今まで通り距離をおいて接したい。今の対策としては、「横山がどうするかわからないレース、ESPが炸裂するかも知れないエビナの出るレースは買わない」。これしかない。
プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。