スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎手話──福永と増沢

 私はいつも競馬を馬で語ってきた。騎手に興味はなかった。それでも福永洋一だけは意識した、させられた。人気のない馬をもってくるのだ。あのひとだけは特別だった。エリモジョージやカンパーリのころだ。


 時が流れ、騎手ブームになり、いつしか私も馬券検討要素に騎手を考えるようになっていた。だからこそ騎手になんの興味もなかった時代、それでも意識せざるを得なかった福永洋一の特別さを思う。
 武邦も杉本さん命名で"名人"と呼ばれていたが、騎手に興味のない関東の競馬ファンの私には関西の一騎手に過ぎなかった。完全な東高西低の時代、関東は関西を目下に見ていた。そんな中、関東の競馬マスコミも福永の騎乗馬だけは無視できなかった。騎手に興味がなかったからこそ強烈な印象がある。



 騎手に興味がなく、詳しい知識もなく、よって意見もないのだが、ひとつだけ当時から「これはよくない」と思っていたことがある。増沢の最多勝記録だ。JRA初の2000勝ジョッキーである。
 今の時期、地元福島で固め打ちをし、毎年100勝をあげていた。今とは時代が違う。100勝はすごいことだった。彼が福島で逃げ馬に乗り、「来るな!」と言えば、誰も競って行けないと言われていた。地元馬主の馬に増沢が乗るとき、たいしたことのない馬でも単勝は100円台になり、誰もケンカに行かず、増沢はきっちり勝った。私が中央の夏競馬に興味がなく南関東に走ったのは増沢のせいもある。



 それはそれでひとの生きかただ。だがそんな形で量産される勝ち星が「JRA史上初の2000勝」と賞讃されることは疑問だった。


 いまの私だったら「頭が決まっているのだから楽だ」と、このようなつまらない競馬に、嬉々として参戦した可能性は高い。でも当時は純粋だ。そんな政治的なかけひきのある競馬には興味がなかった。そもそも「地元馬主」で人気になること、そしてきっちり勝つことは、当時の私には胡散臭いものだった。競馬新聞の情報覧には太字で「地元馬主」と入るのが恒例だった。



 中央騎手の最多勝は岡部がとり、やがて武が抜いた。正常な記録である。
 最多勝ジョッキーではなくなったが、増沢も晩年にダイナガリバーでダービー2勝目をあげ、いまも「最年長ダービージョッキー」である。めでたしめでたし。


 福永が元気だったら。
 未練はそれだけである。

スポンサーサイト

「ラジオNIKKEI賞」感想──うまいなあ、内田!

 金子さんの勝負服のノットアローン圧勝の形だった。エビナの騎乗に問題はない。見事な仕掛け、抜けだしだった。例年なら勝っていたろう。
 だが今年から中央には内田がいる。内田のレオマイスターが追いこんで来る。見事に掴まえる。交わしてゴール。内田の腕だ。テン乗りなのに。惚れ惚れする。エビナは重賞勝利をひとつ損したがしかたない。腕の差だ。



 関西と比すと関東の騎手はつまらない。GⅠの前日、武やアンカツ、岩田がこちらで騎乗してくれると、それだけでもうはしゃいだものだった。そこに福永や藤田が加わったらもうたまらない。
 騎手が揃うと競馬がおもしろい。そもそもこの「騎乗してくれる」という下手に出た言いかたに関東ファンのせつない気分がよく出ている。



 期待通り、内田が入っただけで関東も一気に充実した。たったひとりの参加でこんなにも違うものか。
 あとは今日31勝目を挙げてGⅠ騎乗資格を得た新人・三浦皇成がどこまで成長してくるかだ。昨日の30勝目は20勝目に続いて史上最速。時代の区切り的にも、武豊の年齢を考えると次の天才が出て来る時期である。果たして今年、武の新人最多勝記録を塗りかえられるか。
 形の上では十九の三浦と三十七の内田は"同期生"になる。
 ふたりが刺激を与えれば武も活性化するだろう。

 そして岩田とアンカツの存在。
 JRAが地方騎手に門戸開放した価値はおおきい。岩田とアンカツがいなかったら、ここ数年のGⅠ戦線はどうなっていたことか。

 内田がいてくれるだけで関東は楽しい。
 あとはアンミツの奮起を願うのみ。

宝塚記念感想──内田GⅠ制覇、インティライミ不利、ロック故障

*内田がエイシンデピュティをもたせた。あれが腕だ。中央の騎手となって初めてのGⅠ制覇。しかもテン乗り。あんな乗りにくい馬を、たいしたもんだ。
 いま、あらためて全成績を見てみたが、とても宝塚記念を勝つような道を歩んでいない。ダートの短距離馬と思われていたようだ。関係者が適性を見ぬけなかったのだろう。よくぞここまで出世した。これまたたいしたもんだ。


*「内田がもたせた」と矛盾するが、「サムソンが届かなかった」のも事実。あれがあの馬なのだろう。オペラオーとはそこがちがう。天皇賞・春も勝っていたレースだ。なのにもういちどアドマイヤジュピタに差し返されている。武の責任ではない。これであの厩舎、まだ未勝利か。


 武豊があんなに鞭を入れるのもひさしぶりに見た。なりふりかまわず振るっていた。勝ちたかったのだろう。勝たねばならないと思っていたのだろう。しごいてしごいて持たせようとする内田、叩きまくって追いこんできた武。名勝負である。インティライミの上で佐藤が立ち上がるあの場面さえなかったら。


*インティライミは惜しかった。直線の攻防のあそこで立ち上がるほどの不利。あれがなければ勝ったのはこの馬だったろう。あの脚いろなら突きぬけていた。


*ところで、私は佐藤哲三騎手が好きだった。なんというか、ああいう男前ではない騎手の地味な根性が好きである。石橋とか。
 タップダンスシチーでJCを制覇したときの、「ひとも馬も地味ですが、これからもよろしくお願いします」という挨拶はなかなかの名台詞だった。実際ひとも馬も地味だから(笑)。


 ところが、その佐藤のよくない態度が話題になっていた。{Youtube}のURLが載っていたので行ってみる。すると、アナの質問を、コバカにしているというか、なにを聞かれてもはぐらかすというか、とんでもなく態度の悪い佐藤がいた。おどろいた。あきれた。


 こういう場合考えられるのは、佐藤がそのアナを嫌いなことである。思わず好き嫌いの感情が出てしまった場合だ。しかしそのアナは誠実だった。木で鼻を括ったような応対をする佐藤に、話を途切れさせないよう、一生懸命話を継いでゆく。しかし佐藤が話の腰を折る。はぐらかす。いやなヤツだと思った。私の好きな木訥で地味かっこいい佐藤哲三というのはこんな男だったのかと不快になった。


 どういう裏事情があったのかは知らない。しかしどんな理由があれ、佐藤のあの態度は勝利騎手インタヴュウとして誉められたものではない。誰か注意してやるひとがいたらいいのだが。
 もしもいまここを読んでいて、佐藤のこのインタヴュウを見たことのない人がいたら、ぜひ{Youtube}で探して欲しい。確実にまだあるだろう。


 調べたところ、2007年の京都大賞典の勝利騎手インタヴュウのようです。勝ち馬はインティライミ。


http://jp.youtube.com/watch?v=aQ4VU0SKvlE


 私はなぜこのインタヴュウを知らなかったのだろうと思ったら、これは昨年の府中の毎日王冠の日。府中に出掛けていて留守録していなかったからでした。


------------------------------


*佐藤の好き嫌いはともかく、インティライミは惜しかった。弱いと言われてきたディープ世代だが、今回は1、3着を占めたことになる。
 ダービーで、ディープさえいなかったら立派な時計でダービー馬になっていたはずのインティライミ。
 そのダービーの前日の土曜、中京のダート1000メートルを勝って、やっと未勝利を脱出したエイシンデピュティ。
 ここにきて立場は逆転した。


*しかしまあ最強のはずの4歳の弱いこと。アルナスラインのメトロポリタンステークスを見たときは、やっとこの世代からも男馬のスターが出て来たかと思ったものだったが……。

続きを読む

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。