スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬券以前のこだわり──験担ぎの感覚②

 スーパーで買い物をする。ざっと暗算して2000円弱と読む。1800円ぐらい。しかしレジで2050円と言われる。オーバーしたかと2100円を出す。50円おつりをもらう。
 袋詰めのとき、何気なくレシートを見る。1850円とある。私の暗算のほうが正しかった。200円損した。初体験である。こんなこともあるのか!? もうレジを離れているから文句は言えない。レジ係に「わたしは250円おつりをわたした」と主張されたら終りだ。あきらめる。この辺は馬券売り場においてさんざん経験しているので慣れている。現場を離れたらもう抗議は出来ない。


 このレジに並ぶとき、いやな予感はあった。二十代前半のいかにもアルバイトという青年。しかももっさりした鈍そうなヤツなのだ。いつもの神業のように素早い作業をするヴェテランおばちゃんのところに並ぶべきかと迷った。いま思えば、おばちゃんのところに何人も並んでいて、そいつのところにすこししかいなかったのは偶然ではあるまい。みなわかっていて避けているのだ。たぶんそいつがひとりこなすあいだに、おばちゃんは三人ぐらいこなすのだろう。



 言いたいのは小銭を損した話ではない。このことの悪影響だ。月曜火曜ならまだいい。だが金曜日の夕方だったりすると、「だめだあ~」と絶望する。こんなついてないことに遭遇するのでは明日の馬券など当たるはずがないと思ってしまう。


 なんといってもまず、そのことにより予想に力が入らないのがいたい。あんなついてないことに出逢うのだから馬券など当たるはずがないと予想に集中できない。


 馬券の楽しみとは何だろう。いちばんは的中しての大金払い戻しだが、これは的中したときしか味わえない。その点、「もしもこの予想が当たると、これだけの払い戻しがあって」とほくそ笑むことは毎回可能だ。とくに今は3連単があるから、「これとこれだと200倍だけど、これにこれが来たりしたら4千倍だ」と都合のいい夢を見られる。この幸福感(笑)。自分で予想すること、的中したときの喜びを想像すること、それが馬券の最大の楽しみになる。


 私が宝くじを買わないのはこのリクツによる。あれにはこの予想の楽しみがない。あるのはせめて「よく的中者が出る売り場で買うこと」ぐらいだ。それと比すと馬券の予想行為はずっと複雑で楽しい。
 もしも宝くじで1億円当たったらびびる。怖くていられない。人生の運を使い果たしてしまったと。ここで「怖くていられないけどそれでも当たりたい」と書いたほうが文章としてはおもしろくなるのだが、いやほんと、宝くじには当たりたくない。運は定量だと考えている。そんなことに使いたくない。

 馬券は1億円払い戻しを受けてもまったく平気である。それは予想行為に努力してきた私に対する正当な報酬でしかない。まあそれ以前に預けていたものを返してもらっただけだから気楽である。これは切実に返して欲しいと思っている。



 避けていた験担ぎも、的中したら逆になる。
 うすのろ店員にレジでよけいに金を取られた翌日、百万馬券でも当てたなら、翌週からはそのうすのろを探すことになる。彼のレジに並び、なんとかまたまちがって金を餘分に取ってくれないかと願うようになる。験担ぎなんてそんなものだ。


 てなことを考えつつ、200円餘分にとられた悔しさを紛らわす春の夜。

スポンサーサイト

馬券以前のこだわり──験担ぎの感覚

 馬券を買う前には普段気にしない細かいことが気になる。


 今日、出先のコンビニで専門紙を買った。もちろん出先だから初めての店である。いらっしゃいませもありがとうございましたも言わない無愛想な女店員に当たってしまった。ついてない。
 こういう不愉快な気分で買った専門紙で的中するとは思えない。それだけでもう暗い気分になる。


 帰り道、住まいの近くのいつものコンビニで夕刊紙を買う。必要はないのだが、やり直しの気分である。顔なじみの店員から「ありがとうございました」を聞いた。機嫌が直る。明日はこの夕刊紙で予想しよう。専門紙が無駄になったけど、あの無愛想な店員から買った新聞では当たる気がしない。


 以前、そんな感覚はなかった。黒猫に前を横切られると縁起が悪いと気にする博奕打ちのこだわりが不思議だった。今はわかる。

朝青龍とアドマイヤジュピタ

朝青龍とアドマイヤジュピタのことをホームページに書きました。


http://monetimes.web.fc2.com/ez-sumo08.htm#admire


 


 

ウォーエンブレムの価値

 今週の土日はウォーエンブレム産駒が主役だった。


 土曜阪神10レース、注目の若葉ステークス。断然人気、単勝1.8倍のキングスエンブレムが勝ち、武豊騎乗でクラシックに登場すると思っていた。負ける。8頭立て5着。2番人気のアンカツ騎乗のモンテクリスエス(シンボリクリスエス産駒)も4着に負ける。この2頭はクラシック候補だと思っていたので落胆した。


 土曜中山メイン。フラワーカップ。こちらは1番人気のブラックエンブレムが勝つ。逃げ切りの形になった。松岡が、そういう予定ではなかったが、行ってしまったので行かせた、と語っていた。乗り方のむずかしい馬のようだ。


 日曜中山メイン。スプリングステークス。締め切り間際にサダムイダテンを逆転してショウナンアルバが1番人気になる。3着。引っかかっていた。これまた乗り方がむずかしいようである。それでも3着は力があるのだろう。


 このキングスエンブレム、ブラックエンブレム、ショウナンアルバがウォーエンブレム産駒。産駒数から見たら信じがたい活躍だ。


※  ※  ※


 社台がサンデーサイレンスの後釜として輸入した米二冠馬ウォーエンブレムは種付けが嫌いだった。限られた牝馬にしか興味を持たない。関係者は頭を抱えたことだろう。シンジケート解散時には保険の問題も生じたようだ。



 初年度は7頭にのみ種付け、産駒は4頭。
 こういう形の種牡馬はいる。GⅡを勝っただけなのに、誰かが血統に惚れ込み種牡馬にしたりする。先日、ローマンエンパイアが引退し、種牡馬になると発表されたが相手がいるのか心配になる。
 ブラックタイドは種馬になるのだろうか。なったとして、ディープにつけられない生産者のあいだでそれなりの人気になるのだろうか。


 ウォーエンブレムはこれとはちがう。そうそうたる名血牝馬が花嫁候補として揃えられているのだが、彼が種付けに興味を持たない。勃たない。好みの牝馬以外には欲情しないのだ。なんとも生き物として美しいではないか。人間がいじくりまわす血統という「あそび」を拒んでいる。


 二年目の産駒は4頭が中央に登録され、4頭とも勝ち上がった。これがいかにすごいことであるか。
 関係者の愛情で種牡馬になったそこそこの成績の内国産種牡馬は、5頭10頭の産駒を出すが、どれも勝ち上がれず、やがて廃用になって行く。それと比すと4頭が4頭とも、はすごい。
 とはいえウォーエンブレムの場合は、相手がみな一流だ。比較にはならないか。それでもやはりすごいことではある。鳴り物入りで輸入され、一流牝馬を相手に毎年100頭以上もに種付けしつつ、活躍馬が出ず消えてゆく種牡馬は多い。

 三年目は彼なりにがんばったのか33頭が競走登録された。それが今年の馬である。先日チューリップ賞を勝ったエアパスカルもウォーエンブレム産駒だ。
 この産駒数でこの活躍は、確率的にとんでもないことになる。さすが二冠馬であり、強い血脈なんだなと感心する。視点を変えると、「ぜんぶ好きな相手とのあいだに生まれた仔」になる。だったら活躍して当然か。馬に「ぼくは(わたしは)おとうさんとおかあさんがあいしあって生まれた仔なんだ」という誇りがあるとするなら。


 来年は5頭のみ。翌年からはいない。馬は若く元気なのだがやる気がないので仔がいない。今年が勝負だ。


 私は昨夏のクランエンブレムからウォーエンブレム産駒を応援している。今年は有力馬がそろったので応援のしがいがある。限定されているので応援もしやすい。ほんの数年だけだ。
 この血を途絶えさせてはならない。牝馬が充実しているのでそっちは大丈夫と思うが、やはり父系が大事だ。キングスエンブレムやショウナンアルバにはGⅠをとって種牡馬になって欲しいと願っている。それともまだ隠し球があるか!?
 若葉ステークスのキングスエンブレムの敗退は期待が大きかっただけにきつかった。


------------------------------


【附記】
 サダムイダテンをサダムフセインと誤記していたのに気づいた。直した。初めて馬名を見たときからそんな人がいるかもと思っていたが、まさか自分がやるとは思わなかった。
 同じく初めて見たそのときから、キリスト教国家アメリカの属国であるこの国で大成する馬名とは思えないと感じた。どうやらその流れにあるようだ。


 

様子見の日

 先週の弥生賞の「買えば本線的中」があったので、今週は意気込むところだが、懸命に自重した。どうも罠のような気がする。


 予想はした。熱心に検討し、印も新聞に書き込み、買った気分で観戦する。


 中山牝馬ステークスは、このレースのためにわざわざ上京した武のニシノマナムスメと中山得意のコスモマーベラス軸。まだ条件馬だがダンスオールナイトを重視する。これに前走が良かったヤマニンメルベイユと復調気配のキストゥヘヴンを絡ませる。


 フィリーズレビューはわからない。食指が動かないが、あえて買うなら、軸はエイムアットビップとラベか。
 人気のない1番ベストオブミーと人気の15番エイムアットビップがともに千代田牧場の飯田さんの馬なので、「2頭出しは人気薄が来たりして」と思ったりする。しかしまあつまらないメンバーだ。今年のクラシックはつまらない。GⅠだからと安易に参加して金を捨てないようにしよう。


 結果、中山はヤマニンメルベイユの逃げ切り。まったく無視していたマイネカンナが2着に来る。3着にキストゥヘヴンで3連単は26万馬券。
 阪神は人気薄のマイネレーツェルが勝ち、2着にも人気薄のベストオブミー、3着にやっと3番人気のレジネッタで3連単は46万馬券。
 アンカツの乗ったベストオブミーがうまく内をついて抜け出てきた。うまい騎乗だがきれいに内が開いたのも事実。つつまれていたら終りだった。

 飯田さんのこの2頭、自家生産馬だから値段は種付け料だけだ。ベストオブミーがブライアンズタイム、エイムアットビップがアグネスデジタルだから、ベストオブミーのほうが金がかかり、期待馬だったはず。それは馬名からもわかる。ベストオブミーはデビュー戦1番人気で楽勝している。そのときの騎乗もアンカツ。今回も自信があったのではないか。


---------------

 両レースとも完敗だった。中山は完全に無視したマイネカンナが2着に、阪神は同じく完全無視のマイネレーツェルが来ている。買っていたら、いまこんなことを書いている餘裕はない。
 勝負したなら、3連単以外にも、馬単や馬連に保険を掛け、さらに念を入れて枠連も買ったろう。それらすべてがマイネを無視しているから被害は甚大だった。


「買わなくて良かった。買ったら外れていた」とは、馬券好きなら誇りに掛けて口にしたくないひとことである。買わねば当たらない。買わねば増えない。とにかく買わねばならないのだ。行くも地獄、引くも地獄。それでも行くしかない。


 私をからかうのが好きな馬券の神様は、先週の弥生賞を「買えば本線的中だった」とし、今週「買えばこれかよ!」にして笑おうとしたのだろう。そういう気がしたので、買いたくて買いたくてたまらないのに我慢した。三十年以上さんざんからかわれているのだから、それぐらいは気づく。いや、たまには気づくこともある。

 正解だった。だがやはり買わないから増えない。JRAに億単位で預けてある金は戻ってこない。


 来週は土曜にフラワーカップ。日曜に阪神大賞典とスプリングステークス。やるとしたら古馬の阪神大賞典の馬単か。それとも不安定な3歳戦の3連単に大穴狙いの小銭をばらまくのか。


 バクチは自分の運との戦いである。今週神様のからかいに引っかからなかった私の運は、来週いい目に出るのかどうか。

武豊テレビ4周年記念SPを見る


深夜の2時45分から1時間ほど「武豊テレビ4周年SP」というのをやっていた。番組表で偶然知り、見た。いい内容だった。


競馬ファンとして騎手に聞きたいのは、過去の名馬の乗り心地や気性、レース途中での心理である。
それをトップジョッキーの武がストレートに語っていたので正直感激した。彼はいつもこんなに雄弁なのだろうか。やはり自分の冠番組ということもあるように思う。


こんなにしゃべってくれるなら毎回見たいと思った。ところで「武豊テレビ」ってなんなのだ。知らない。BS,CSそっちの世界か。


フジテレビ深夜に武と小泉孝太郎でやっていた番組は知っている。あれは「武豊テレビ」じゃないよね? あれがそうなの?
武も孝太郎も好きなので気づくと見るようにしていたけれど、残念ながらふたりが芸者のお座敷やアミューズメントセンターを体験したりする企劃を楽しむことは出来なかった。この年であんなものが楽しめたら異常だ(笑)。


もしも「武豊テレビ」というものが、今回のように毎回過去のレースや名馬に触れ、武の真情が聞け、親しい騎手と座談会のようなことをしているのであれば、それこそ興味がなくていまだに契約していないBS,CSとかを導入しても、ぜひとも見たいと思った。

だが冷静に判断して、今回の企劃はその名のとおりスペシャルなのだろう。毎回商売敵の騎手と座談会はしないだろうし、過去の名馬、レースの分析も今回だけの特別のように思う。
スペシャルを偶然見られただけでよしとすべきか。

フジテレビ「みんなの競馬」考──細江純子を見直す

 弥生賞の日のフジテレビ「みんなの競馬」には、どういう理由か知らないがカワイシュンイチが出ていなかった。すると、シンプルな構成で、よけいなおしゃべりもなく、とてもよかった(笑)。この番組にカワイが不要であることがよくわかる。


 カワイの起用はフジが午前中に流していたレギュラー番組が終ったことによる救済処置である。本人も「競馬大好きです。詳しいです。ぜひやらせてください」とアピールしたようだ。ぜんぜん競馬を知らないのがすぐにバレた。どうしようもない。
 でもそれはそれで初心者向け「みんなの競馬」だから問題はない。へんに競馬に自信を持っているヤマダマサトのようなのだったらよけいに困る。
 カワイが競馬に詳しくないのはいいとしても、いかんせんバラエティ番組の悪い癖を身につけているので、予想の外れた井崎さんをからかうようなそっちにばかり走ってしまい、なんともしまりのない番組になっている。見苦しい。いてほしくない。
 そう思っていたら缺席が実現した。それがとても気持ちのいい番組だったので、あらためて彼の不要を思った。また来週から戻ってくるのか。まあレースの部分しか見ないからどうでもいいが。(録画した番組が途中からだったので、いまだに缺席の理由を知らない。いくらなんでも降板ではあるまい。そのほうがうれしいが。)


---------------


 一方、まったく競馬を知らないのに起用されたほしのあきに不快感はない。以前、司会時代の高島彩がそうだったが、ほしのもバクチの運がよいようだ。これは神様がくれたものだ。いじりようがない。なにより初めてやる馬券というギャンブルにはしゃぎまくっているのがほほえましい。これも一歩ずれると、そのはしゃぎぶりが鼻につき、不快で不快でたまらなくなるものだが、彼女にそれは感じない。興奮が作り物ではないからだろう。実際当たっている。
 むしろMCとして参加せねばと、アナや井崎さんが言う「このレースの勝ち馬は、そうそうたるメンバーでね」なんてのに、「ほんとにすごい馬ばかりですね」なんてへたな相槌を打つのが、「しっとんのかい!」とツッコミを挿れたくなって不要(笑)。


---------------


 細江純子という関西所属の元騎手は、騎手としての実蹟もないし、ルックスもよくないし、なんの興味もない存在だった。前々から引退後関西の競馬番組で重用されているのは知っていたし、競馬会の催し物でも常連だった。そこそこ器用なのだろうとは思っていたが、元騎手という物珍しさからの起用と解釈していた。あるいは邪推ながら、力のある後援者がいるのだろう、とか。


 この「みんなの競馬」から初めて関東の競馬番組レギュラーとなった。するとしゃべりも競馬を語る視点も立ち居振る舞いもすばらしく、私はやっとこの人がなぜ重用されてきたのかを理解した。不明が恥ずかしいが接してこなかったのだからしょうがない。やはり重用されるひとにはそれだけの価値があるのだと知る。


 自分の競馬歴に自信を持っているらしいスズキヨシコさんもわかったふうなことを言いたがる。しかし素人の彼女の言うそれはかなりピントがずれていて、聞くたびに失笑する。じつはこの件に関して素人玄人は関係ない。ヨシコさんそのものがずれているひとなのだ。もしも彼女が牧場育ちとか騎手上がりとかの経歴を持っていたとしても、私が彼女の意見にうなづくことはなかったろう。それどころかど素人のいまでもあれだけ勘違い発言を堂々としているぐらいだから、へんに牧場育ちなんて経歴があったら、とんでも発言の連発で、この世で最も見たくない女になっていた気がする。


 それでもヨシコさんは性格がいいから、わかったようなことを言ったあと、「あ、その、わたしなんかがこんなわかったようなことを言ってはいけないのですが」のようなフォローが出来るので救われる。それは性格の良さではあるが、同時に長年の競馬歴でわかったようなことを言いたい自分と、それを戒める自分のせめぎ合いでもあるのだろう。


 ヨシコさんもタカハシナオコもどうでもいいのだが、こういうひとがこちらに与えた影響はそれなりにある。私はもうテレビに競馬をわかったような女が出てくると生理的に反発するようになっていた。
 しかし細江純子の意見にはまったくそれを感じず、それどころか馬体に関して、踏み込みや尻の張りなどを語るとき、まったく同感覚なのでうれしくなることばかりだった。弥生賞のレース回顧では、武のブラックシェルの仕掛けどころを「うまいですねえ」と褒めているのが、うまくなかった騎手の感嘆としてすなおに響いてきた。これは彼女しか言えない。その他のひとがいったら「あんた、馬に乗れんの?」になってしまう。


 彼女のよさが、騎手という実際の経験から来ているのか、彼女特有の優れた感覚なのかはわからない。両方だろう。この人は本物である。ヨシコさんやタカハシナオコとは違う。そのことがわかっただけでも私には「みんなの競馬」は価値があった。


---------------


 番組にひとつ不満を言うと、レース実況解説に井崎さんはよくない。元々そんなタイプの評論家ではない。井崎さんもそれをわかっているから無難に収めようとしていてつまらない。一方、専門紙にはああいう解説が得意のプロはいくらでもいる。違うひとを起用すべきだろう。

弥生賞──買わなきゃ当たるなあ……

 一日中かけて田舎を往復した。弥生賞はIPATで買えたが自重。


 マイネルチャールズとブラックシェル、タケミカヅチで決まったと知る。私の大本線。断然の1、2番人気に5番人気ぐらいか。これでは3連単で100倍は行くまいと思う。ところがなんと230倍とか。


 タケミカヅチは神様の名前。鹿島神社にいることになっている。こういうのってカネヒキリ(ハワイの雷の神様)あたりからの流れか。
 鹿島は故郷だ。
 私の先祖はここの神主である。


 というようなことからずっと応援してきた。


 230倍か。こんな簡単な馬券が230倍か。
 馬券てのは、ほんとに買わないときに当たるもんだなあ……。


---------------


【附記】──微妙に割れた人気


 単勝1番人気は断然武のブラックシェルだったが、これは単勝ファンの感覚であり、前走7着と負けている馬なので、3連単の絶対的軸とはならなかったようだ。
 また2戦2勝のフサイチアソート、若駒ステークスの勝ち馬アインラクスと、人気がほどよく散っており、前走共同通信杯2着のタケミカヅチは7番人気だった。


 7番人気とはいえ、2番人気マイネルチャールズ、1番人気ブラックシェルが軸として鉄板なら、この3連単は100倍を切っていただろう。どんぐりの背比べと言われ、毎回勝ち馬が変る今年の低レベルクラシック戦線だから、中にはブラックシェルを人気先行と消して3連単を組んだひともいたりして、それゆえの230倍と思われる。


 いずれにせよこれは(私にとって)とてもおいしい馬券で、こんなことはめったにない。千載一遇のチャンスを逃した気分だ。
 で、調子に乗って来週自信満々に同じようなことをすると、今度は大荒れで木っ端微塵……というのが私の馬券運。気をつけないと。


---------------


 前走の、いくらなんでもあそこからでは、という後ろからの競馬を反省し、今回は抜群のタイミングでの仕掛けだった武ブラックシェル。なのにマイネルチャールズをつかまえられなかった。そんなに強くないのか? それともこれからもっとよくなるのか?

訃報──広川太一郎さん

映画「007」シリーズの英俳優ロジャー・ムーアの吹き替えなどで知られる声優の広川太一郎(ひろかわ・たいちろう)氏が3日、がんのため東京都渋谷区の病院で死去していたことが8日、分かった。68歳。東京都出身。葬儀は近親者らで済ませた。


大学卒業後、1960年代からフリーの声優として活動し、洋画や海外ドラマの吹き替えを多数こなした。
「007」の3代目ジェームズ・ボンド役として「死ぬのは奴らだ」「黄金銃を持つ男」などに出演したムーアの声を吹き替え。米俳優トニー・カーティス、ロバート・レッドフォードら、渋い二枚目の声優として活躍した。
ひょうきんなキャラクターも得意で、香港映画「Mr BOO!」シリーズの主役マイケル・ホイや英国のコメディー「モンティ・パイソン」シリーズも担当。台本にないアドリブの軽妙な語りが“広川節”として親しまれた。
アニメも多く、「ムーミン」のスノークや「宇宙戦艦ヤマト」の古代守などのキャラクターを演じた。ラジオのDJやテレビのキャスターも務め、人気を博した。ほかの作品に「バットマン」「スパイ大作戦」など。(スポニチより)


---------------


 この経歴には書いてないが、広川さんはフジテレビの競馬中継の司会をしていた。地味だけど真っ当な番組だった。いや真っ当だからこそ地味になる。競馬番組はそれでいい。よけいなものはいらない。


 ところがこのあたりからどこのどいつが考えたのか、「競馬番組もヴァラエティにしよう」が始まる。
 チャラチャラした番組に模様替えするため広川さんはクビになる。それはかなり不本意だったらしく、最終回で「自分はやめたくないのだが、無理矢理やめさせられるのだ」と発言していた。このへん生番組だからプロデューサも制御できない。


 不快になることなく競馬番組を見ていられた時代がなつかしい。
 心からご冥福を祈ります。

充実しているのが心配

 梶山さんのブログが充実している。


http://www.aikeiba.com/kajiyama/


 充実故に心配している。


「毎日更新しないと読者は着いてこない」
「パドックからの書き込みも喜ばれる」
 等を管理している人から言われたらしい。ご本人から聞いている。
 そうなると生真面目な人だからそれを実行する。
 さらにはパソコンが不調なことからケイタイで送り、やがてそれに慣れてしまったことが輪を掛ける。片手打ちもだいぶ早くなったことだろう。ケイタイはいつも身近にある。いまのカジさんは、電車の中でケイタイだけを見つめている生活を送っているはずだ。


 心配とは、カジさんがブログに振り回されるようになっていることだ。
 おそらく、毎日更新せねばと固く誓っているだろうし、すこし大袈裟に言うなら、四六時中ブログのネタを考え、電車の中でも、長文をこまめに「打ちためて」いることだろう。


 毎レース馬券をやっていたら、パドックから「×番と△番の気配がよい。穴なら内枠の□か」なんて書き込むだけでもたいへんだ。そんなことをする暇があったら馬を見た方がよい。返し馬を見る時間も減る。だがいま律儀なカジさんはそれをやっている。いつしか本人もそのとりこ?になっている。


 心配である。こんな心配をしているのは私だけだろうが。
 ブログの更新がカジさんの日々の楽しみになっているのなら、よけいなお世話なのだけれど。

中央の内田博幸

 今日から中央所属、関東の内田が誕生する。
 関東の競馬ファンとしてはなんともうれしく心強い。
 東西の騎手力を数字で表したら7対3だろうが、これで6.5対3.5ぐらいになったか。


 願うのはペリエ、ルメールに匹敵する外人騎手の関東所属。
 藤田の関東定住。


 初日の内田は障害を除く11レースに騎乗。ここまで7レースで早くも3勝。
 みな上位人気馬だが(内田が乗るから人気になっているのか?)見事である。
 RPG,SMLG的に言うなら、最強のウェポンを手に入れた気分。


 確実に春競馬の楽しみが増えた。そう思っていたが、成績を見て、あらためてそう感じる。

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。