スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出シリーズ──桑島孝春騎手3000勝記念テレカ

IMG_0001

桑島騎手3000勝記念のテレカ。もう20年前か。時の過ぎるのは早いなあ。
私が桑島騎手を好きになったのは1500勝ぐらいのとき。毎日南関東に通っていた。
大井は高橋三郎騎手の時代。川崎には佐々木竹見がいた。
そして船橋は若手の桑島がナンバーワンだった。かっこいい若手騎手だった。まだ独身だったと思う。今はもう孫がいる。



桑島騎手を題材にした競馬小説がご縁となって親しくさせて頂いた。
小説の舞台は、岡部シンボリルドルフが優勝し、桑島騎手騎乗の船橋ロッキータイガーが2着に来た昭和60年のジャパンカップ。日本馬の1、2着。世界一好きな馬と世界一好きな騎手のワンツーに、私は人目も憚らず府中で泣いた。夢のようだった。

この日、桑島騎手はジャパンカップの前に勝っている。私はジャパンカップのパドックで、「桑島、もういっちょう!」と叫んだ。駆けつけていた地方競馬ファンがどっと沸いたのを覚えている。

その時の写真。かっこいい。私が桑島で嫌いだったのはたった1点。パンチパーマ(笑)。

IMG_0003
その小説に書いたが、私が桑島騎手を好きになったきっかけは、桑島騎手が雨の日も真冬も、素手で手綱を握る姿を見たからだった。それはパドックで見ていればわかる。デビューしたばかりの勝ち鞍もほとんどないような新人騎手がかっこつけて白手袋などしていたが、リーディング首位の桑島騎手はいつも素手だった。



その後、私は競馬関係の仕事をするようになり、地方競馬場にも取材に出かけたりしたから、騎手控室で桑島騎手をまぢかに見ることも何度かあった。そのたびに「ずっと前から大ファンなんです」と挨拶し、名刺を渡したかったが、人見知りなので出来なかった。

競馬短編小説を集めた単行本を出したとき、私は船橋競馬場気付で桑島さんに本を送った。後にも先にもない経験である。なにしろ友人にすら送らず責められたぐらい私はそういうことにいいかげんだ。桑島さんのことを大好きな競馬ファンがいるということを伝えたかった。
すぐにお礼のハガキをいただいた。桑島さん名義だったが、あれは奥さまが書いてくれたのではないかと思っている。電話でやり取りし、会えることになった。



このテレカは、品川の奥さまの実家で初めて桑島騎手とお会いしたとき戴いたもの。
当時私の住んでいたアパートからちかく、オンボロ自転車で出かけたら、ベンツの停まっている立派なおうちでびびった(笑)。
桑島さんは自分のことを書いている競馬小説があることを知っていた。それが掲載されている競馬雑誌を船橋の騎手が読んでいたらしく、あるひとが「おい、おまえのことが書いてあるぞ」と教えてくれたのだとか。

その後も、奥さまが4000勝とかティーシャツとか記念品を作るたびに送ってくださったので、私は桑島騎手の宝物は多い。勝負服と同じデザインのティーシャツは愛用したのでよれよれになっている。でも飾ったままにしておくよりは着てよかったのだと思っている。

生涯通算勝ち星4713勝。2010年5月18日引退。

騎乗もすばらしいが、ひととしても、温厚で礼儀正しく、最高のひとである。



IMG_0002

こちらは石崎隆之騎手の3000勝記念。これ、金色なのである。なぜスキャナーがこんな色にしてしまったのか。右側の馬の上に「石崎隆之」とあるのだが、読み辛い。

私は石崎騎手とは交流がない。それどころか大好きな桑島騎手をリーディングの座から追い落としたひとなので、むしろアンチである(笑)。ならなぜこれを持っているかというと、船橋の誇る二大騎手の2枚組テレカだったのだ。桑島騎手の奥さまが送ってくれた。さて、桑島騎手のそのときはなんだったのだろう、上のものではない。時期が違う。石粼騎手が3000勝記念、桑島騎手は3500勝記念とか、そんな感じだった。

---------------

【追記】──テレカは商標?

テレカとはテレホンカードの略だと思っていた。スマートフォンをスマホと約すのだと同じだ。でもいまATOKに「登録商標」と注意された。調べてみるとNTTの登録商標なのだとか。誰もが携帯電話を使う今、テレカなんてのも死語になるのだろう。
だいぶ前からこういう記念品はQUOカードになっている。
スポンサーサイト

東京大賞典──3.5センチの差でスマートファルコン勝利

まさかスマートファルコンがあんなに苦しい競馬になるとは思わなかった。
この馬にはその進路からアンチが多く、負けを予想するコラムも見かけたが。
私も、今年こそJCDに出て来るものと思っていたし、それで武のGⅠ記録も伸びると解釈していたから、回避と、そして大井には出走に、好感はもっていない。でも楽勝と読んでいた。

テレビ画面ではファルコンが残ったように見えたが、興味深かったのはそのあと。武の表情は強張っており、2着馬の場に誘導したのだ。負けたと思ったのだ。私はそれが新鮮で、武が入ったのが2着馬の仕切りであることを何度も確認してしまった。

tokyodaishoten

ゴール後は確実にワンダーアキュートの方が出ている。問題はゴール板だ。
当然あるはずとグリッド表示の、その「3.5センチ差」を探すのだが、ない。これはおかしい。いやどこかにあるのかも知れないが、すくなくともこの大レースの際どいゴールなのだから、南関サイトのトップになければおかしい。
現場に行ったひとからは、あまりに早い確定と説明のなさに首を傾げる発言が相次いだ。なんとも不透明である。もっときちんと表示すべきだろう。



武はスペシャルウィークの有馬記念では勝ったと思いウイニングランまでした。私も現場で見ていて勝ったと思ったから拍手をした。あれ以来の勘違いになる。 
ウオッカの天皇賞でもそれにちかい動きはあったが、あれはアンカツが堂々と1着の場に入ってしまったから、しかたなく2着馬の席に行った。だからすこしちがう。今回はうなだれて自分からそこに入っていった。

tokyodaishoten


勝利騎手インタビュウで「(負けたと思ったけど勝っていたのだから)やはり武さんは〝もってる人〟ですね」と持ちあげていたが、ほんとにもってる人ならGⅠ記録を伸ばしていたろう。皮肉かよとツッコミを入れたくなった。武はクールに「中央のほうももっとがんばらないと」と応えていたが。なにより今年、あの三浦より成績がわるかったのが口惜しい。

私の好きなトーホグビズンは最後方から行き、そのまま最後方で入線した。彼女は繁殖入り出来るだろうか。スマートファルコンをつけて欲しい。



ドバイに遠征し勝って欲しいと願っているが、今日の辛勝でどうだろう。できるなら希望を持てるぶっちぎりで勝って欲しかった。体調はよくなかったようだが、馬としてのピークは去年のこのレースなのか。

小崎調教師 「状態は平行線だと思っていましたが、騎手も言っていましたがいつもより元気がない感じでそれがレースに出てしまいましたね。もちろんドバイワールドカップには連れていきたいですが、今日思ったよりパフォーマンスを見せられなかったのでオーナーや騎手と相談して慎重に考えます。今後は白紙です」 

AWへの適性もあるし展開も大きい。トランセンドが2着したから絶好調のスマートファルコンなら勝てるというのも安易な読みだが、果たしてどうなのだろう。
ただ、ここを2着で行くのと、3.5センチ差であれ、勝って行くのではおおきくちがう。ともあれ来年のドバイが楽しみだ。まずは春先まで無事に行き、結果はともかく出走できることを願う。

あれだけ強いのに中央で走らず多くのアンチを生み、不可解な馬になっている。実力なら文句なしに「最優秀ダート馬」だが、中央で走っていないからトランセンドなのだろう。馬が不憫でならない。あれほどの実績がありながら中央のフェブラリーステークスとJCDを勝っていない。いや走っていない。ドバイに行けるのだろうか。まだ私の「スマートファルコンという生きかた」は完結しないままだ。

おめでとう戸崎、安田記念優勝!──安田記念的中記

土曜日の夕方、東スポを買うときはいつもドキドキする。
「清水成駿さんの本命とかぶりませんように」と祈る。
オークスのホエールキャプチャ、ダービーのナカヤマナイト、がっくしきたものだ。
今回、「本命アパパネ」と見たときは小躍りした。
ヴィクリアマイルに続いて意地でもアパパネ切りを決めていた。
清水さんと逆になっただけで当たった気がした。



昨夜書き掛けて投稿しなかった文章があった。戸崎のことだ。
戸崎が中央参戦するときは戸崎中心に馬券を組む。それだけで愉しい。

JRAで二年連続20勝をあげて移籍が可能なのにしなかった。
それはそれで大井への義理を重んじたのでよいことだが、今年JRAでの成績は3勝のみ。20勝以上は無理だろう。となると、やはり今春移籍した方がよかったのではないか。出来るときにしないと、したくても出来なくなる。そんなことを書こうかと思っていた。

やめたのは今日リアルインパクトに騎乗するからだった。骨折休養中の内田の代打だ。
かつての南関ナンバーワンの代打を今の南関ナンバーワンがする。
その結果を見てからでもいいと思った。
そこに涙の中央G1初制覇である。
我が事のようにうれしかった。が……。



馬券は3連単3連複をフォーメーションで買った。いつもの3-3-7だ。
軸の3頭はストロングリターン、スマイルジャック、ダノンヨーヨー。
もちろん7頭にはリアルインパクトが入っていたので3連複は当たったが……。 

3連単は3-3-7フォーメーションにするか2頭軸マルチにするかで最後まで迷った。
◎はストロングリターンだったが、2頭軸の相手を○ダノンヨーヨーにするか▲スマイルジャックにするか決められず、結局フォーメーションにした。ストロングリターンとスマイルジャック2頭軸で相手6頭の30点買いだと33万馬券が当たったが、 もしも二者択一をしたなら、おそらく私はストロングリターンとダノンヨーヨーの2頭軸を選び、ハズしていた。本命はストロングリターンだったが、「3着以内に来る馬」では対抗のダノンヨーヨーの方を重視していた。ストロングリターンとスマイルジャックが、勝つか4着以下なのに対して、ダノンヨーヨーは必ず3着以内に来ると読んでいた。だからきっと2頭軸だとハズした。


そんなことはしたことがないけれど、もしも「2頭軸マルチ2種類」をやったとしても、ストロングリターンとダノンヨーヨー、スマイルジャックとダノンヨーヨーだった気がする。ダノンヨーヨーは馬群に沈んだ。だから3連複が当たっただけでもよしとしなければならないのだが……。












ずっと応援してきたリアルインパクトの頭決め打ちを出来なかったのが恥ずかしい。
3歳馬の果敢な挑戦と54キロ、内田の代打で鞍上戸崎と買う要素は揃っていたのに。
戸崎のJRA初G1制覇の馬券を取りたかった。単勝、馬単、3連単、どれでもいいから。
3連複の3着候補では取っても威張れない。



馬券には、ハズレてスッキリ、当たってモヤモヤがある。私の今回は後者。
これが「アパパネ絶対、頭固定。三浦のスマイルジャックは切り、ストロングリターンは所詮トライアルまで」のような読みだったなら、ハズレてスッキリである。ぜんぶ読みがズレている。
今回のようにストロングリターンとスマイルジャックを重視していながら3連複しか当たらなかったのはモヤモヤだ。馬単も買っていない。しかしこれももし買ったなら、本命はストロングリターンなのにダノンヨーヨー流しにした可能性がある。どこまでいってもモヤモヤだ。



我ながら馬券下手だと思う。
トーセンの馬主に美がないと書いた。他人のことは言えない。自分の馬券に美がない。
アパパネと香港馬を完全無視したことは小心者の馬券下手にしてはよくやったと誉めてやりたい気もする。でも、だったら3連単を取ってみろと言いたくなる。とりあえず馬券収支はプラスだが、なんだか当たって惨めな安田記念になった。

============================================

【補記】──リアルインパクトの成績

勝ち鞍は「新馬戦」と「G1安田記念」の2勝だけ。
こんな成績の馬がかつていただろうか。
朝日杯FSや阪神JFならわかる。
でも安田記念は古馬混合G1だ。
新馬戦以降のレースがみなグレードレースで、そこの2着や3着で賞金を稼いだから出走できたことだが、来年から後、また3歳馬が勝つことがあっても、安田記念が2勝目という馬はちょっと出ない気がする。 

桜花賞から始まった春のG1は(まだ宝塚記念が残っているが)、ディープインパクトに始まりディープインパクトで終った。この春のキーワードがディープであったのはまちがいないようだ。

-------------------------------

【補記・2】──すこしだけ進歩

戸崎の単勝も3連単も取れず、信念のない馬券下手だと落ち込んでいたが、居直れば、世の中には私以下のひともいる。
つまり、ヴィクトリアマイルでアパパネを軽視して外れ、やっぱり強いんだと今回は本命にして外したひとだ。
かつて私は典型的なそのタイプだった。

トウカイテイオーの春天、秋天で大勝負してハズレ、もう終ったのかと軽視したらJCを勝たれ、やっぱり強いんだと有馬で有り金全部100万勝負したら沈没した。もう有馬なんかやらないと翌年は有馬の前に外国に出かけた。買わなかった。そこで一年ぶりの感動の勝利を知る。トウカイテイオーで勝負して負けた金額は200万を超えていたが、諦めることなく追い続け、あの有馬で断然人気のビワハヤヒデとの馬連に10万もつっこめば、それまでの損を一気に取り戻せた。いや倍になって返ってきた。そしたら涙涙の有馬記念だったろうに……。

今回アパパネ消しを続行して、とりあえず当てたから少しは進歩したのか。
と思って自己満足しよう。

フリオーソ、悲願のG1制覇!

5月5日。かしわ記念。船橋の実況。
思わず「えっ!?」と言ってしまった。
そのあとすぐに「地元でやりました。悲願の地元G1かしわ記念」と続いたけど、違和感は残った。
これが不慣れなアナだとよくある勘違いだが、それこそ「地元アナ」だからそんなはずもない。
2歳G1を勝ったことがあるだけの馬ならともかくフリオーソである。
ということで「フリオーソ&悲願のG1制覇」で検索したら、あちこちで盛り上がっていた(笑)。

それでも競馬ファンの論調があたたかいのはアナが認められているからだろう。
こんな初歩的なことを間違えるはずがない。地元G1未勝利を意識しすぎての勇み足ととっているのだ。
「これだけ強い馬なのになぜか地元のG1はまだ勝ってないんですよね」なんてレース前の会話が呼び水となったのだろう。


出遅れたら終りという競艇みたいな行った行ったの競馬だった。
なのに、緊迫感のある実にいいレースだった。
後方一気のディープみたいなレースも競馬の醍醐味だが、こういうのも競馬の真骨頂だ。
誰も行かずのチンタラチンタラスローペース前残りとは意味が違う。
超人気薄が大逃げを売っての逃げ残りとも違う。


この強いフリオーソに、スマートファルコンは完全に引導を渡している。
JBCクラシック、東京大賞典、今後の逆転は不可能と思える強烈な連勝だ。
となると、いま日本で一番強いダート馬は文句なしにスマートファルコンになる。

しかしスマートファルコンが今日のエスポワールシチーのような出負けをしたなら、まだフリオーソにも逆転の目があるのか。でも武はそんな失敗はしないだろうし。サイレンススズカが武との出会いで変身したようにスマートファルコンも武マジックで輝いた。今日のラヴェリータも見事だった。かつてのような輝きはなくても存在感は大きい。

スマートファルコン最強といったらドバイ2着のトランセンドを忘れるなと言われるか。
2010年9月の日本テレビ盃での対決は、フリオーソ、トランセンド、スマートファルコンの順だった。
その後スマートファルコンはフリオーソに連勝している。
トランセンドとはこの一回のみ。2着と3着だが「1戦1敗」ではある。今後両馬の直接対決はあるのか。
それは今年のJCDか!?

前を行った3頭で決まったのに、ラヴェリータ粘れ、よしフリオーソ交わした、エスポワールそこから伸びろ! と白熱の直線だった。
いいレースを見た。

---------------

【附記】

多士済々のダート路線だが私の一番好きなのはシルクメビウス。
東海ステークスではトランセンドを破って優勝している。その後は不調。これも「勝負づけは済んだ」なのか。これらの馬と対戦したら懲りることなくまた頭から買うけど。


羽田盃、トラブルで的中を逃す

【羽田盃】先行策ズバリ!的場文バニヤン、単勝万馬券の大金星


51歳、的場文男が歓喜のガッツポーズ。ニックバニヤン(左)が断然人気のディラクエを退け、優勝した(撮影・佐藤雄彦)

51歳、的場文男が歓喜のガッツポーズ。ニックバニヤン(左)が断然人気のディラクエを退け、優勝した(撮影・佐藤雄彦)


 第53回羽田盃(23日、大井10R、SI、サラ3歳、オープン、定量、ダ1800m、1着賞金4000万円)的場文男(51)騎乗で単勝11番人気の伏兵ニックバニヤンが先団追走から直線で先頭に立ち、断然人気の2着ディラクエの猛追を3/4馬身退けて優勝。南関東3冠の第1弾で重賞初制覇を飾った。1分52秒8(良)。


 3着にロイヤルマコトクンが入り、3連単は17万6550円。5着のディアヤマトまでがSI東京ダービー(6月4日、大井2000メートル)の優先出走権を手に入れた。(サンスポより)


---------------


とにかくもう<SPAT4>の調子がわるかった。これがすべて。
つながらない。動かない。こちらの状態は完全なのであちらの問題である。


やっと繋がったが固まっている。ページ更新ができない。混雑しているのだろうが、それならやはり東京大賞典のほうがもっと混んだだろうし、もしも例年より混んでトラブルが発生しているとしても、この程度で動かないのでは困る。こんなにひどいのは始めてだ。


ディラクエ断然人気はわかっている。単複とも1倍なのは確認できた。3連単も上位は10倍台だろう。それでも買う価値はあるだろうか。オッズを見て判断しようと思う。なのに3連単のオッズ表示が固まったまま動かない。

午後8時15分締切のレースを購入しようと、念のため早めに、6時半にログインして始めた。しかし購入どころか7時を過ぎてもまだまともにオッズの確認すらできない。これはひどい。これではオンライン投票の意味がない。やる気が失せてきた。



もういいやとあきらめてテレビを見る。「ヘキサゴン」の時間だ。今週からここにテレ朝が深夜番組だった「くりぃむナントカ」をぶつけて来た。あれは午後11時台の番組だからこそのおもしろさだった。「ヘキサゴン」に対抗できるいい番組がなかったのだろうが、ゴールデンにすればいいというものでもない。くりぃむしちゅうも嬉しくないだろう。
そういえば「ヘキサゴン」も最初は深夜だった。模様替えして今じゃ当時の面影すらない。司会は三宅アナだった。いやむかしの「ウソつきごっこ」のヘキサゴンは好きじゃない。今のを支持する。



羽田盃は前々から買おうと狙っていた。ディラクエで頭は固い。毎年荒れないレースだ。ただ2着以下は混戦である。3連単は低配当が売れるだろうが意外に荒れると読んでいた。相手は5頭。その筆頭が的場騎乗のニックバニヤンだった。
以前は人気があった。ハイセイコー記念では1番人気の3着。それから5着、4着と負けて、前走の京浜盃(弥生賞)ではディラクエの10着と大敗。今回はまったく人気がなくなる。だからこそ今度は来る。



「ヘキサゴン」が「羞恥心」の歌になったので(笑)、また未練げにPCにもどる。(何年後かにここを読んだとき、私は「羞恥心」の意味がわからないような気がする。)


8時になる。締切は8時12分。IE系のブラウザで繋がらないので、Firefoxを起動し、こちらからログインしてみる。Geckoエンジンに望みをかけた。やはり繋がりづらく、ログインはできるが、オッズのページになると動かない。


不快なのは、6時半のころ、オッズすら見られないのに、入金だけはすんなりできたことだ。これができなかったら私はもう諦めて買わなかった。だけどネットバンクから<SPAT4>への入金だけはスムースに行った。

入金しても買わなければ数日後の大井開催終了と同時にもどってくるから(もちろん催促すればすぐにもどってくるが)奪られたわけではない。焦る必要はないのだが入金した以上、買いたいと思う。



8時5分、なぜか<SPAT4>が急に動きだした。いきなりサクサク動く。堰が切れたよう。いつまた止まるかわからないからオッズを確認している暇がない。

とりあえず前々から決めていた馬券だけ買おうと、8番ディラクエ1着固定、相手5頭の3連単20点を買う。相手は内から①⑦⑨⑪⑬。すぐに締切になった。3連複、馬連、馬単は買っている時間がなかった。


オッズを見る。今ごろになってすいすい見られるようになった。南関はJRAと違い締めきったレースでもオッズが見られる。これはIPATでも採りいれてもらいたいものだ。

3連単は最低7倍からある。しかし私の狙いのニックバニヤンが2着に来ると2番人気のロイヤルマコトクンが来ても300倍はつく。
⑧⑪⑬だと9倍、⑧⑪⑦だと17倍、⑧⑬⑪で13倍、この3点がトリガミだ。


それよりも馬連、馬単がだいぶ偏っている。こっちが勝負だったか。私の狙う①⑨⑦は人気がない。逆に、私の消した⑤⑫が人気だ。3連複で十分だった。1頭軸3連複相手5頭の10点買い。これでよかった。そう悔いているときにゲートが開く。



ニックバニヤンが抜けだした。ディラクエが追いこんでくる。3着はロイヤルマコトクンだ。ほとんど当たった状態。⑧⑨⑬で331倍的中。なのに届かない。ディラクエ2着の大波乱までは想定にない。1着ニックバニヤン、2着ディラクエ、3着ロイヤルマコトクン。⑨⑧⑬で、3連単は17万。

不利があったとかなんとかいろいろ言われていたが、ディラクエのあの乗り方では届かない。騎手の判断力の差だ。さすがに的場である。


⑨⑧⑬。3連単外れ。がっくし。
⑧と⑬が人気馬だから3連複はたいしてつかないだろうが、馬連と馬単表裏で勝負になったなと買えなかったことを悔しがる。馬単はかなりついたろう。


結果、馬連(8)(9)は4300円、馬単(9)(8)は2万4510円、3連複(8)(9)(13)は8380円、3連単(9)(8)(13)は17万6550円と配当が出る。
予想以上に⑨は人気がなかった。


トラヌタヌキじゃなくて、<SPAT4>のトラブルさえなければ、確実に奪っていた馬連、馬単、3連複だった。
3連単はしょうがない。当たるとしたらマルチだが、そこまでする気はなかった。ディラクエが勝つものと思い込んでいた。だがそれでも馬単は裏も買う。3連単のそれは点数が増えてたいへんだが、馬単は簡単に出来るから押さえる。

馬連、3連複に六割り、残り二割、二割を馬単と3連単の予定だった。するとそのうち、3連単以外の八割りが的中だから、たった1万の投資でも20万を越えていた。くやしい。中央、地方の皐月賞連勝になったのに……。

なんとも<SPAT4>のトラブルが恨めしい。

中央の内田博幸

 今日から中央所属、関東の内田が誕生する。
 関東の競馬ファンとしてはなんともうれしく心強い。
 東西の騎手力を数字で表したら7対3だろうが、これで6.5対3.5ぐらいになったか。


 願うのはペリエ、ルメールに匹敵する外人騎手の関東所属。
 藤田の関東定住。


 初日の内田は障害を除く11レースに騎乗。ここまで7レースで早くも3勝。
 みな上位人気馬だが(内田が乗るから人気になっているのか?)見事である。
 RPG,SMLG的に言うなら、最強のウェポンを手に入れた気分。


 確実に春競馬の楽しみが増えた。そう思っていたが、成績を見て、あらためてそう感じる。

プロフィール

moneslife

Author:moneslife
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。